副作用

【副作用】低血糖症の主な症状とは?-原因や対応方法を徹底解説-

更新日:

薬の重大な副作用の1つに「低血糖症」がある。

低血糖症は糖尿病治療薬を服用している人で特に起こりやすいが、それ以外の薬を服用している人でも生じる可能性のある副作用だ。

そこでこの記事では、低血糖症の症状や原因、対処法についてまとめた。

 

スポンサーリンク

低血糖症とは

その名の通り、低血糖症とは「血糖値が過度に低い状態」だ。

一般的に、血糖値が70mg/dL未満の状態を低血糖と呼ぶ。

 

低血糖症によって引き起こされる症状には、大きく分けて2つある。

それが「交感神経症状」と「中枢神経症状」だ。

 

▼交感神経症状

交感神経症状は、血糖値が70mg/dL未満になったときに現れる。

具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられる。

 

【主な症状】

◆冷や汗がでる

◆脈が速くなる

◆顔面蒼白になる

◆手足が震える

◆動悸がする

 

▼中枢神経症状

血糖値がさらに下がり、50mg/dL未満になると中枢神経症状が現れる。

中枢神経症状は、後遺症や死亡につながることもある。

そのため症状が現れたら、すぐに血糖値を上げる必要がある。

 

【主な症状】

◆頭痛

◆眠気(生あくび)

◆めまい

◆目がかすむ

◆空腹感がある

◆けいれん

◆異常な行動や言動をする

低血糖症の原因

低血糖症の原因としては、糖尿病治療薬が原因」となって引き起こされることが多い。

ただし、他の原因でも引き起こされることがある。

 

例えば、「食事を取るのがいつもより遅くなった」とか「激しい運動や長時間の運動をした」とか「お酒の飲みすぎ」といったことが他の原因として挙げられる。

 

【主な原因】

◆薬の服用(主に糖尿病治療薬)

◆食事を取る時間がいつもより遅くなった

◆激しい運動・長時間の運動をした

◆アルコールの多量摂取

 

特に糖尿病治療薬による低血糖は、持続することがある。

そのため、通常の血糖値に戻ったことを確認できるまでは服用を中止したり、服用量の減量を考慮するなどして対処することが多い。

 

また低血糖症は糖尿病治療薬だけではなく、「抗不整脈薬」や「β遮断薬」、「アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬」、「抗精神薬」、「ニューキノロン系抗菌薬」などでも、引き起こされることがある。

 

スポンサーリンク

低血糖症の対応方法

低血糖症とは、分かりやすく言うと「エネルギーが足りない」と体が訴えている状態だ。

そのため適切にエネルギーを補給すれば、それほど怖いものではない。

 

具体的にどのように対処するかというと、低血糖の症状が現れたら「10g程度のブドウ糖」やコーラなどの「清涼飲料水」、「アメ」などを摂取し、しばらく安静にする。

通常であれば5分ほどで低血糖の症状が消えるので、症状が治まったら食事をとると良い。

 

糖分をとっても低血糖の症状が消えないようであれば、再度「ブドウ糖」、「清涼飲料水」、「アメ」を摂取する。

それでも回復しないようであれば、速やかに医療機関に受診しなければならない。

 

【対処法の流れ】

1:ブドウ糖(10g程度)を摂取

2:症状が治まるまで安静にする

3:回復したら食事をとる

 

*回復しなければ再度、ブドウ糖また清涼飲料水(ex.コーラ)などを摂取。

それでも回復しなければ、医療機関に受診する。

 

この時、重要なのが「低血糖っぽいかな」と感じたらすぐに対処することだ。

症状を進行させないことが大切なので、「低血糖かなもしれない」と少しでも思った時点で、すぐに対処するべきである。

 

ちなみにグルコバイ(成分名:アカルボース)ベイスン(成分名:ボグリボース)セイブル(成分名:ミグリトール)などのα-グルコシダーゼ阻害薬を服用している場合は、アメや清涼飲料水ではなく、ブドウ糖を摂取しなければならない。

 

これはα-グルコシダーゼ阻害薬を服用している時に、アメや清涼飲料水を摂取しても血糖値の上昇が遅くなってしまうからだ。

ブドウ糖を摂取すれば血糖値をすぐに上げることができる。

 

また車の運転をする際は、事前に血糖値を測定し、車内にもブドウ糖を携帯しておくと良い。

これは車の中で低血糖症状が現れて、事故を起こしたという事例があるためだ。

 

ダッシュボードにブドウ糖を入れておくと万が一の時にすぐ取り出せないので、運転をする際はサイドポケットにブドウ糖を入れておくことが望ましい。

 

RELATED

-副作用

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.