医薬品

【薬剤師が解説】糖尿病治療薬の種類と特徴

更新日:

 

病院で処方される糖尿病の薬には、さまざまな種類がある。

 

【主な糖尿病治療薬】

  • スルホニル尿素薬(SU剤)
  • 速効型インスリン分泌促進薬
  • DPP-4阻害薬
  • α-グルコシダーゼ阻害薬
  • ビグアナイド薬
  • チアゾリジン薬
  • SGLT2阻害薬
  • GLP-1作動薬
  • インスリン製剤

 

そこでこの記事では、主な糖尿病治療薬の種類や特徴についてまとめてみた。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

スルホニル尿素薬(SU剤)

 

スルホニル尿素薬の特徴

血糖値を下げるのに重要な働きをするのが、インスリンと呼ばれるホルモンだ。

 

インスリンは、膵臓のβ細胞から分泌されている。

しかし糖尿病患者では、インスリンを分泌する機能が弱くなっているので、ちゃんと血糖値を下げられない。

 

ここから分かることは、インスリンの分泌を促すことができれば、血糖値を下げられるということだ。

 

このような考えをもとに開発されたのが、スルホニル尿素薬である。

 

スルホニル尿素薬は、インスリン分泌に関与するスルホニル尿素受容体(SU受容体)に作用することにより、インスリン分泌を促す

 

その結果、血糖値が下がるのである。

 

SU薬 作用機序

 

 

スルホニル尿素薬の種類

アマリール(成分名:グリメピリド)の特徴

  • インスリン抵抗性(インスリンの効き目が悪い状態)を改善する作用がある
  • チアゾリジン薬 アクトス(成分名:ピオグリタゾン)が配合されたソニアス配合錠が販売されている

 

オイグルコン・ダオニール(成分名:グリベンクラミド)の特徴

  • 作用が強く、スルホニル尿素薬の中でもっとも低血糖の副作用が起こりやすい
  • 原発性肺高血圧症治療薬(トラクリア)との併用ができない

 

グリミクロン(成分名:グリクラジド)の特徴

  • 抗酸化作用と血小板機能抑制作用が認められており、糖尿病の体表的な合併症「網膜症」や「神経障害」に対する効果を期待して使われることがある

 

スルホニル尿素薬の主な副作用

  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)
  • 消化器症状(食欲の低下、吐き気、下痢、便秘など)
  • 発疹
  • 肝機能異常(だるい、吐き気、皮膚が黄色くなる、食欲の低下など)

 

 

速効型インスリン分泌促進薬

 

速攻型インスリン分泌促進薬の特徴

速攻型インスリン分泌促進薬の作用点は、先ほど紹介したスルホニル尿素薬と同じだ。

 

つまり、インスリン分泌に関与するスルホニル尿素受容体(SU受容体)に作用することにより、インスリン分泌を促す

 

速効型インスリン分泌促進薬 作用機序

 

スルホニル尿素薬との違いとしては、インスリン分泌作用が現れるまでの時間が早いことが挙げられる。

 

スルホニル尿素薬は最高血中濃度に到達するまでには1.5〜4時間くらいかかるが、速効型インスリン分泌促進薬は0.2〜1.8時間とかなり早い。

 

そのため、速効型インスリン分泌促進薬は、食後の血糖値を過度に上昇させない目的で使われる

 

また、作用時間が短いため、スルホニル尿素薬に比べて低血糖が起こりにくい。

 

 

速攻型インスリン分泌促進薬の種類

グルファスト(成分名:ミチグリニド)の特徴

  • 低血糖の発現率が低い(臨床試験で約5%)
  • 腎だけでなく、胆汁からも排泄されるため、腎機能障害の患者でも使える
  • αグルコシダーゼ阻害薬 ベイスン(成分名:ボグリボース)が配合されたグルベス配合錠が販売されている

 

スターシス・ファスティック(成分名:ナテグリニド)の特徴

  • 低血糖の発現率が低い(臨床試験で約5%)
  • 肝臓に中性脂肪がたまるのを抑制する作用が認められている
  • 重度の腎機能障害のある患者には使えない

 

シュアポスト(成分名:レパグリニド)の特徴

  • 速攻型インスリン分泌促進薬の中では作用が強く、低血糖の発現率が高め(臨床試験で約15%)
  • 胆汁から排泄されるため、腎機能に障害のある患者でも使いやすい(重度の腎機能障害のある患者に慎重投与)

 

速攻型インスリン分泌促進薬の主な副作用

  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)

 

 

スポンサーリンク

DPP-4阻害薬

 

DPP-4阻害薬の特徴

血糖値のコントロールに関与しているホルモンの1つがインクレチンだ。

 

インクレチンは直接的に血糖値を下げるわけではないが、インスリン分泌を促すことにより間接的に血糖降下作用を発揮する

 

具体的に言うと、以下のようなステップでインクレチンが働く。

 

【インクレチンの働き】

  1. 食事をとった時に、腸管からインクレチンが分泌される
  2. インクレチンが、インスリン分泌を促す
  3. 血糖値が下がる

 

しかし、ここで問題となってくるのが、DPP-4と呼ばれる物質によって、インクレチンが分解されてしまうということだ。

 

インスリン分泌を促進するインクレチンが分解されてしまうと、当然ながら血糖値を下げることはできない。

 

ここから分かることは、DPP-4の働きを阻害してやれば良い。

そうすれば、インクレチンが分解されないので血糖値を下げられる。

 

このような考えを元に開発されたのが、DPP-4阻害薬である。

 

 

DPP-4阻害薬の種類

ジャヌビア・グラクティブ(成分名:シタグリプチン)の特徴

  • 国内初のDPP-4阻害薬
  • 1日1回服用タイプ
  • SGLT2阻害薬 スーグラ(成分名:イプラグリフロジン)が配合されたスージャヌ配合錠が販売されている
  • 腎臓から排泄されるので、腎機能の低下が見られる場合は、用量の調節が必要

 

エクア(成分名:ビルダグリピチド)の特徴

  • 1日2回服用タイプ
  • 肝炎を含む重篤な肝機能障害の副作用が報告されている
  • ビグアナイド薬 メトグルコ(成分名:メトホルミン)が配合されたエクメット配合錠が販売されている

 

ネシーナ(成分名:アログリプチン)の特徴

  • 1日1回服用タイプ
  • チアゾリジン薬 アクトス(成分名:ピオグリタゾン)が配合されたリオベル配合錠が販売されている
  • ビグアナイド薬 メトグルコ(成分名:メトホルミン)が配合されたイニシンク配合錠が販売されている
  • 腎臓から排泄されるので、腎機能の低下が見られる場合は用量の調節が必要

 

トラゼンタ(成分名:リナグリプチン)の特徴

  • 1日1回服用タイプ
  • 胆汁排泄型の薬なので、腎機能障害のある患者に使いやすい

 

テネリア(成分名:テネグリプチン)の特徴

  • 1日1回服用タイプ
  • 肝臓と腎臓から消失する
  • SGLT2阻害薬 カナグル(成分名:カナグリフロジン)が配合されたカナリア配合錠が販売されている

 

スイニー(成分名:アナグリプチン)の特徴

  • 1日2回服用タイプ
  • LDL-コレステロール低下作用が認められている
  • 腎臓から排泄されるので、腎機能の低下が見られる場合は用量の調節が必要

 

オングリザ(成分名:サキサグリプチン)の特徴

  • 1日1回服用タイプ
  • 腎臓から排泄されるので、腎機能の低下が見られる場合は用量の調節が必要

 

ザファテック(成分名:トレラグリプチン)の特徴

  • 世界初 週1回服用タイプのDPP-4阻害薬
  • 重度の腎障害のある患者には使えない

 

マリゼブ(成分名:オマリグリプチン)の特徴

  • 週1回服用タイプ
  • 重度の腎障害があっても、容量を調節すれば使用可能

 

DPP-4阻害薬の主な副作用

  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)
  • 消化器症状(腹痛、便秘、お腹の張りなど)

 

 

α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)

 

α-グルコシダーゼ阻害薬の特徴

食べ物から摂取した糖質は、そのままの状態では体に吸収されない。

 

糖質が体に吸収されるには、「単糖類」と呼ばれる状態まで分解される必要があるのだ。

 

つまり、単糖類への分解を抑制できれば糖の吸収が遅れるので、血糖値の上昇を抑えられることを意味する。

 

単糖類への分解に関与している酵素が、α-グルコシダーゼである。

 

ここから分かることは、α-グルコシダーゼの働きを阻害すれば、単糖類へと分解できないため、糖の吸収を抑制できるということだ。

 

このような考えを元に開発されたのが、α-グルコシダーゼ阻害薬である。

 

α-GI

 

 

α-グルコシダーゼ阻害薬の種類

グルコバイ(成分名:アカルボース)の特徴

  • α-グルコシダーゼ阻害作用に加え、α-アミラーゼ阻害作用を持つ
  • 妊婦または妊娠可能性のある女性は使えない
  • 劇症肝炎の副作用が報告されている

 

ベイスン(成分名:ボグリボース)の特徴

  • 「お腹の張り」や「おなら」、「便通異常」などの副作用が少ない
  • 耐糖能異常(糖尿病になりかけ)における2型糖尿病の発症を抑制する効果が認められている(0.2mgのみ)
  • 速攻型インスリン分泌阻害薬 グルファスト(成分名:ミチグリニド)が配合されたグルベス配合錠が販売されている
  • 口の中で溶けるOD錠が販売されており、錠剤を飲み込むのが難しい患者でも使いやすい

 

セイブル(成分名:ミグリトール)の特徴

  • 妊婦または妊娠可能性のある女性は使えない
  • 口の中で溶けるOD錠が販売されており、錠剤を飲み込むのが難しい患者でも使いやすい
  • 下痢の副作用が多い(臨床試験において18.3%)

 

α-グルコシダーゼ阻害薬の副作用

  • 消化器症状(お腹の張り、下痢、便秘、おなら等)
  • 肝機能の異常(皮膚が黄色くなる、だるい、食欲の低下、吐き気など)

 

 

スポンサーリンク

ビグアナイド薬

 

ビグアナイド薬の特徴

ビグアナイド薬は、インスリンの効き(インスリン抵抗性)を良くする薬だ。

 

具体的には、以下の3つの効果を発揮することにより、インスリンの効きを良くする。

 

【ビグアナイド薬の効果】

  • 筋肉・脂肪細胞における糖利用の促進
  • 肝臓で糖が作られる過程(糖新生)の抑制
  • 腸管からの糖の吸収の抑制

 

ビグアナイド薬の種類

メトグルコ(成分名:メトホルミン)の特徴

  • 直接的に血糖値を下げるのではなく、インスリンの効き(インスリン抵抗性)を良くすることにより血糖値を下げる
  • 排卵障害の原因の1つにインスリン抵抗性があると言われているため、不妊治療に対して使われることがある
  • 代表的な副作用に乳酸アシドーシスがある
  • DPP-4阻害薬 ネシーナ(成分名:アログリプチン)が配合されたイニシンク配合錠が販売されている
  • DPP-4阻害薬 エクア(成分名:ビルダグリプチン)が配合されたエクメット配合錠が販売されている
  • チアゾリジン薬 アクトス(成分名:ピオグリタゾン)が配合されたメタクト配合城が販売されている

 

ビグアナイド薬の主な副作用

  • 乳酸アシドーシス(筋肉痛、吐き気、手足のふるえ)
  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)
  • 消化器症状(吐き気、食欲の低下、便秘、下痢など)

 

 

チアゾリジン薬

 

チアゾリジン薬の特徴

チアゾリジン薬は、インスリンの効き(インスリン抵抗性)を良くする薬だ。

 

具体的には、以下のような効果を発揮することにより、インスリンの効きを良くする。

 

【チアゾリジン薬の効果】

  • 血液中の糖が筋肉に取り込まれるのを進めて代謝を促進
  • 血液中の糖が脂肪組織に取り込まれるのを進めて代謝を促進

 

チアゾリジン薬の種類

アクトス(成分名:ピオグリタゾン)の特徴

  • 浮腫(むくみ)、体重増加などの副作用が現れることがある
  • 口の中で溶けるOD錠が販売されており、錠剤を飲み込むのが難しい患者でも使いやすい
  • スルホニル尿素薬 アマリール(成分名:グリメピリド)が配合されたソニアス配合錠が販売されている
  • DPP-4阻害薬 ネシーナ(成分名:アログリプチン)が配合されたリオベル配合錠が販売されている
  • ビグアナイド薬 メトグルコ(成分名:メトホルミン)が配合されたメタクト配合城が販売されている

 

チアゾリジン薬の主な副作用

  • むくみ
  • 体重の増加
  • 心不全の悪化・発症(息切れ、だるい、むくみなど)

 

 

スポンサーリンク

SGLT2阻害薬

 

SGLT2阻害薬の特徴

SGLT2阻害薬は、腎臓の近位尿細管に作用することにより血糖値を下げる薬だ。

 

血液は、腎臓で濾過(ろか)される。

このろ過された血液が尿の元となる「原尿」だ。

 

原尿には糖分が含まれていて、ふつうは尿と一緒に体の外にでることなく、腎臓の近位尿細管から体の中へ再吸収される。

 

この再吸収に関与しているのが、SGLT2と呼ばれるタンパク質である。

SGLT2は「糖の運び屋」として機能しているのだ。

 

つまり、SGLT2の働きを阻害できれば、尿と一緒に糖分を体の外へ出せる。

その結果、血糖値を下げられるというわけだ。

 

このような作用機序により、血糖値を下げるのがSGLT2阻害薬である。

 

 

SGLT2阻害薬

 

SGLT2阻害薬の種類

フォシーガ(成分名:ダパグリフロジン)の特徴

  • 世界初のSGLT2阻害薬
  • SGLT2阻害薬の服用タイミングは、朝食後または朝食前と指定されていることが多いが、フォシーガには指定がない
  • 効果不十分の場合は増量可能(10mgまで)

 

スーグラ(成分名:イプラグリフロジン)の特徴

  • 国内初のSGLT2阻害薬
  • 1日1回朝食前または朝食後に服用
  • 効果不十分の場合は増量可能(100mgまで)

 

カナグル(成分名:カナグリフロジン)の特徴

  • 1日1回朝食前または朝食後に服用
  • 基本的に増量しない

 

ルセフィ(成分名:ルセオグリフロジン)の特徴

  • 1日1回朝食前または朝食後に服用
  • 効果不十分の場合は増量可能(5mgまで)

 

ジャディアンス(成分名:エンパグリフロジン)の特徴

  • 1日1回朝食前または朝食後に服用
  • 効果不十分の場合は増量可能(25mgまで)

 

アプルウェイ・デベルザ(成分名:トホグリフロジン)の特徴

  • 1日1回朝食前または朝食後に服用
  • 基本的に増量しない

 

SGLT2阻害薬の主な副作用

  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)
  • 頻尿・多尿
  • 尿路感染症(排尿時の痛み、血尿、陰部のかゆみ)
  • 消化器症状(便秘、下痢、腹痛)

 

 

GLP-1作動薬

 

GLP-1作動薬の特徴

ヒトが食事をとると、「インスリンの分泌をしろ」と命令するホルモンが放出される。

それがGLP-1だ。

 

つまり、GLP-1は以下のようなステップで、血糖値を下げるように働く。

 

【大まかな流れ】

  1. 食事をとる
  2. GLP-1が放出される
  3. インスリンの分泌が促される
  4. 血糖値の低下

 

他にもGLP-1には

  • 血糖値を上げるグルカゴンの分泌を抑制させる
  • 胃内容物の排出時間を延長させ、栄養物質が腸から吸収されるのを遅らせることにより、食後血糖の上昇を抑制させる

といった作用がある。

 

通常であれば、GLP-1はDPP-4によって分解されてしまうが、GLP-1作動薬はDPP-4で分解されにくくなっているので、薬として効果を発揮できる。

 

GLP-1作動薬の種類

ビクトーザ(成分名:リラグルチド)の特徴

  • 1日1回朝または夕に使用

 

バイエッタ(成分名:エキセナチド)の特徴

  • 1日2回 朝夕食前に使用

 

ビデュリオン(成分名:エキセナチド)の特徴

  • 週に1回だけ使用

 

リキスミア(成分名:リキシセナチド)の特徴

  • 1日1回朝食前に使用

 

トルリシティ(成分名:デュラグルチド)の特徴

  • 週に1回だけ使用

 

GLP-1作動薬の主な副作用

  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)
  • 注射部位の腫れ、かゆみ
  • 消化器症状(吐き気、下痢、便秘、お腹の張りなど)

 

 

インスリン製剤

 

インスリン製剤の特徴

インスリ製剤は、名前の通り、インスリンを補う薬である。

主に以下に該当する場合、インスリン製剤は使われる。

 

【インスリン製剤を使う目的】

  • 1型糖尿病
  • 適切な治療を行っても血糖コントロールをできない2型糖尿病
  • 糖尿病合併妊娠(血糖管理を厳密にする必要がある場合)
  • 緊急で血糖値を下げる必要がある(昏睡など)
  • 外科手術(重度の感染症・外傷など)

 

投与方法は大きく分けて

  • 皮下注射
  • 筋肉内注射
  • 静脈内注射

の3つがある。

 

ヒトインスリン製剤とインスリンアナログ製剤の違い

ヒトインスリン製剤とは、体内のインスリンと同じ構造を持っている製剤で、遺伝子組み換えに技術によって開発されたものである。

 

一方、インスリンアナログ製剤とは、ヒトインスリンを人工的に改造したものだ。

人工的に手を加えることにより、インスリンと同じ作用を持ちつつ、薬物動態が改善されている。

 

ポイント

【ヒトインスリン】

  • 体内のインスリンと同じ構造をもつ

【インスリンアナログ製剤】

  • ヒトインスリンを加工したもの

 

作用発現時間・持続時間で5つに分類される

作用発現時間・作用持続時間でも、インスリン製剤は分類される。

 

インスリンの分泌は、基礎分泌と追加分泌の2種類がある。

 

インスリンは、1日中一定量が分泌されている。

これを基礎分泌と呼ぶ。

 

一方、追加分泌とは食事を摂った後に、大量に分泌されるインスリンのことだ。

 

「超速効型」、「速効型」のインスリン製剤は主に追加分泌を補充する目的で使用され、「中間型」、「持効溶解型」のインスリン製剤は、主に基礎分泌の補充に使用される。

 

「混合型」インスリン製剤は、基礎分泌・追加分泌どちらの補充にも使われる。

 

ポイント

【基礎分泌の補充】

  • 超速効型
  • 速効型
  • 混合型

【追加分泌の補充】

  • 中間型
  • 持効溶解型
  • 混合型

 

インスリン製剤の種類

アピドラ注(成分名:インスリン グルリジン)の特徴

  • 超速攻型インスリン製剤に分類
  • インスリンアナログ製剤
  • 食後の血糖値の上昇を抑えることを目的に使用される

 

ヒューマログ注(成分名:インスリン リスプロ)の特徴

  • 超速攻型インスリン製剤に分類
  • インスリンアナログ製剤
  • 食後の血糖値の上昇を抑えることを目的に使用される

 

ノボラピッド注(成分名:インスリン アスパルト)の特徴

  • 超速攻型インスリン製剤
  • インスリンアナログ製剤
  • 食後の血糖値の上昇を抑えることを目的に使用される

 

ヒューマリンR注(成分名:ヒトインスリン)の特徴

  • 速攻型インスリン製剤
  • 食後の血糖値の上昇を抑えることを目的に使用される
  • カートリッジ製剤が販売されている

 

ノボリンR注(成分名:ヒトインスリン)の特徴

  • 速攻型インスリン製剤
  • 食後の血糖値の上昇を抑えることを目的に使用される

 

ヒューマログN注(成分名:インスリン リスプロ)の特徴

  • 中間型インスリン製剤
  • インスリンアナログ製剤
  • インスリンの基礎分泌を補う目的で使用される

 

ノボリンN注(成分名:生合成イソフェンインスリン)の特徴

  • 中間型インスリン製剤
  • ヒトインスリン
  • インスリンの基礎分泌を補う目的で使用される

 

ヒューマリンN注(成分名:イソフェンインスリン)の特徴

  • 中間型インスリン製剤
  • ヒトインスリン
  • インスリンの基礎分泌を補う目的で使用される

 

ノボラピッド30ミックス注(成分名:溶解インスリン アスパルト/プロタミン結晶性インスリン アスパルト)の特徴

  • 超速効型と中間型を30:70でミックス
  • 中間型成分の配合比率が高いので、食間の血糖降下作用が持続しやすい

 

ノボラピッド50ミックス注(成分名:溶解インスリン アスパルト/プロタミン結晶性インスリン アスパルト)の特徴

  • 超速効型と中間型を50:50でミックス
  • 超速効型と中間型の配合比率が1:1なので、食直後の血糖上昇の予防と食間の血糖を下げる目的で使用する

 

ノボラピッド70ミックス注(成分名:溶解インスリン アスパルト/プロタミン結晶性インスリン アスパルト)の特徴

  • 超速効型と中間型を70:30でミックス
  • 超速攻型の比率の方が高いので、食後の血糖降下作用が強い

 

ヒューマログミックス25注(成分名:溶解インスリン リスプロ/中間型インスリン リスプロ)の特徴

  • 超速効型と中間型を25:75でミックス
  • 中間型成分の配合比率が高いので、食間の血糖降下作用が持続しやすい

 

ヒューマログミックス50注(成分名:溶解インスリン リスプロ/中間型インスリン リスプロ)の特徴

  • 超速効型と中間型を50:50でミックス
  • 超速効型と中間型の配合比率が1:1なので、食直後の血糖上昇の予防と食間の血糖を下げる目的で使用する

 

ノボリン30R注(成分名:溶解インスリン/イソフェンインスリン)の特徴

  • 超速効型と中間型を30:70でミックス
  • 中間型成分の配合比率が高いので、食間の血糖降下作用が持続しやすい

 

ランタス注(成分名:インスリン グラルギン)の特徴

  • 持効型溶解インスリン製剤
  • インスリンアナログ製剤
  • インスリンの基礎分泌を補う目的で使用される

 

レベミル注(成分名:インスリン デテミル)の特徴

  • 持効型溶解インスリン製剤
  • インスリンアナログ製剤
  • 持効型は通常1日1回使用するが、レベミル注1日2回使用されることもある
  • インスリンの基礎分泌を補う目的で使用される
  • ランタス注よりも体重増加の副作用が少ない

 

トレシーバ注(成分名:インスリン デグルデク)の特徴

  • 持効型溶解インスリン製剤
  • インスリンアナログ製剤
  • インスリンの基礎分泌を補う目的で使用される
  • 使用するタイミングの指定がなく、決めた時間に定期的に使うのであれば好きなタイミングで使える

 

インスリン製剤の主な副作用

  • 低血糖(ふらつき、脱力感、冷や汗、空腹感など)
  • むくみ
  • 注射部位の腫れ
  • 注射部位のへこみ・膨らみ(リポジストロフィー)
  • 抗インスリン抗体産生(喉のかわき、多飲、多尿、体重の減少)

 

参考資料

RELATED

-医薬品

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.