服薬指導

「小さな子供に薬を飲ませる簡単な方法」を薬剤師が解説する

更新日:

小さな子どもは、薬を飲むのが嫌いである。

特に、赤ちゃんや幼稚園くらいの子どもに薬を飲ませるのは大変だ。

 

そこでこの記事では、「小さい子供に薬を飲ませる方法」についてまとめた。

コツを知っているだけで、格段に薬を飲ませやすくなるので、参考になれば嬉しい。

 

スポンサーリンク

粉薬の飲ませ方

まずは子どもが飲む機会が多い「粉薬」から。

赤ちゃん(乳幼児)に粉薬を飲ませる場合は、「水を数滴たらして、粉薬を団子状にする方法」が最もオススメだ。

 

最初に粉薬をお皿の上に出し、水を数滴たらす。

水をたらすと、粉薬が固まりやすくなるので、それを練って団子状にする。

 

そして団子にした薬を「上あご」や「頬」につけて、水やぬるま湯で飲ませる。

これは上あごや頬は、味を感じにくい場所だからだ。

舌の先は苦味を強く感じる場所なので、避けた方が良い。

 

【粉薬の飲ませ方】

1:お皿などに粉薬を出す

2:水を数滴たらす

3:団子状に練る

4:上アゴや頰につける

5:水またはぬるま湯で飲ませる

 

 

また幼稚園くらいの子供であれば、「チョコアイス」や「服薬ゼリー」などに混ぜて飲ませると服用しやすくなる。

 

 

 

逆に「オレンジジュース」や「スポーツドリンク」を始めとする酸味のある飲み物は薬との相性が悪いことが多い。

これは酸味の強い飲み物と混ぜると、苦味が強くなり逆に飲みにくくなってしまうためだ

 

シロップ剤の飲ませ方

シロップは「スプーン」または「スポイト」を使って服用させる。

薬の入ったボトルから直接与えると、衛生上あまり良くないので避けなければならない。

薬を服用させた後、薬の味が口の中に残っているようなら水を飲ませる。

 

【シロップの飲ませ方】

1:薬の入ったボトルを軽く振る

2:1回分の量をスプーンまたはスポイトでとって飲ませる

3:薬の味が口の中に残っているようなら水を飲ませる

 

 

そして最後に重要なポイントなのだが、薬が余った場合は「また体調が悪くなった時に使おう」と考えずに処分した方が良い。

なぜかというと、シロップ剤は特に細菌などによる汚染を受けやすいためである。

>>> 家に残った薬の正しい捨て方

スポンサーリンク

錠剤・カプセルの飲ませ方

錠剤やカプセルは、赤ちゃんに対して処方されることはあまりない。

しかし小学生くらいになると、少しずつ粉薬タイプから錠剤またはカプセルに切り替わることが多い。

 

当然、なかには「錠剤やカプセルが飲みにくい」と訴える子どももいる。

そんな場合は、あらかじめ少量の水を口の中に含ませた上、薬を口の中に入れると、上手く飲めることが多い。

 

【錠剤・カプセルの飲ませ方】

1:あらかじめ口の中に水を含ませる

2:薬を口の中に入れる

 

この方法でも飲めないようであれば「錠剤をつぶして服用」または、「カプセルをはずして中身だけ服用」するのも手段の1つだ。

 

ただし薬によっては、錠剤をつぶしたり、カプセルをはずすと、期待される薬の効果を得られなくなってしまうことがある。

そのため、あらかじめ薬剤師に「錠剤やカプセルは苦手」と伝えておくのがオススメと良いだろう。

 

坐薬の使い方

子どもが最も嫌う薬の1つが「坐薬」だろう。

坐薬を使う場合は、薬を軽く水で濡らしてから使うと、挿入時の痛みが和らぐことが多い。

坐薬を入れた後は、薬が出てこないよう1分程度肛門を押さえておく。

 

坐薬を入れた後に便意をもよおすと、薬が吸収される前に排出されてしまう。

そのため坐薬を使う前は、できるたけトイレを済ませておくことが望ましい。

 

【坐薬の使い方】

1:トイレを済ませておく

2:坐薬を軽く水で濡らす

3:薬が出てこないよう1分程度肛門を押さえる

 

スポンサーリンク

その他よくある質問

最後に小さい子供への薬の飲ませ方に関するよくある質問についてまとめた。

▼薬の服用間隔はどうすれば良い?

1日3回服用するように指示が出ている場合は、服用間隔は8時間程度が目安となる。

1日2回の場合は、12時間が服用間隔の目安だ。

飲み忘れたとしても、2〜3時間程度のずれならば特に問題はないので、気づいた時に服用すれば良い。

 

▼保育園・幼稚園で昼の薬が飲めない場合

保育園・幼稚園が理由で昼に薬を飲めない場合。

その場合は、家に帰ってからすぐに飲ませると良い。

 

前述の通り、1日3回服用する薬の場合は、基本滴に8時間おきに薬を飲むと1番良い。

しかし2〜3時間くらいのズレであれば、問題となることは少ない。

 

▼ミルクの前後どちらに薬を飲ませれば良い?

基本的にはどちらでも良い。

しかしミルクを飲んだ後すぐに薬を服用させると、お腹がいっぱいで気持ち悪くなり、吐いてしまうことがある。

そのためミルクを飲む前後30分の服用は、避けることが望ましい。

 

▼薬を吐いてしまった場合の対処法は?

薬を飲んですぐに吐き出してしまった場合は、再び薬を飲ませる必要がある。

2回目の服用は吐いた後、30分程度の休憩をしてから飲ませると良い。

 

ただし服用後30分から1時間ほど経過してから吐いた場合。

その場合は、すでに薬が吸収されているので再び飲む必要はない。

 

▼粉薬とシロップは混ぜても良い?

服用するタイミングが同じならば、粉薬とシロップを混ぜて服用させても特に問題はない。

ただし、あらかじめ薬を混ぜおくのはNGだ。

服用する直前に混ぜてから服用させなければならない。

RELATED

-服薬指導

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.