服薬指導

家に残った薬の正しい捨て方とは?

更新日:

「病院でもらった薬が余ってしまった」

意外と余った薬の処分に、困っている人は多い。

そこでこの記事では、家庭できる薬の処分方法についてまとめた。

 

スポンサーリンク

間違った薬の処分は環境汚染に繋がる

よく勘違いされている薬の処分方法の1つに「トイレなどから下水に流してしまえば良い」というものがある。

これは間違った薬の処分方法なので注意したい。

 

なぜかというと、下水に薬を流してしまうと、環境衛生の面で良くないからだ。

近年、下水道から薬の成分が多く検出されており、これが河川の汚染などにつながっている。

特に「抗生物質」や「解熱鎮痛薬」、「ホルモン剤」などが下水から捨てられて問題となっている。

 

正しい薬の処分方法とは

では「正しい薬の処分方法」とは、どのような方法なのか。

結論から言うと薬の中身」と「容器」を分けて処分しなければならない。

 

薬の中身は、可燃ごみとして処分すれば良い。

問題となるのは薬の容器で、処分方法は各自治体によって異なる。

そのため薬の容器の処分方法に関しては、各自治体のホームページなどで確認して欲しい。

 

【Point!】

薬の中身:可燃ゴミ

薬の容器:自治体によって異なる

 

スポンサーリンク

具体的な処分方法

薬と言っても「錠剤」や「目薬」、「貼り薬」など様々な種類がある。

そこで主な薬の具体的な処分方法についてまとめた。

 

▼錠剤・カプセル剤・粉薬

錠剤やカプセル剤、粉薬は、薬の入れ物から取り出し、可燃ゴミとして処分する。

この際、薬だと分からないよう紙などに包んで捨てることが望ましい。

 

▼塗り薬(軟膏・クリーム・ゲルなど)

軟膏やクリーム、ゲルなどの塗り薬も可燃ゴミとして処分する。

飲み薬と同様に、中身を取り出し、不要な布や紙に薬を吸わせた上で、可燃ゴミとして処分する。

 

▼貼り薬(湿布、テープ)

貼り薬も可燃ゴミとして処分する。

ただし貼り薬についているプラスティックフィルムは、不燃ゴミなので注意したい。

 

捨てる際のポイントは、薬の貼る面を2つ折りにすることだ。

こうすることにより、他の誰かが勝手に貼り薬を使うのを、防ぐことができる。

 

▼スプレー剤

スプレー剤は、中身を全て出した上で、処分しなければならない。

スプレーの中身は、可燃性である場合が多い。

そのため火が近くにないかを確認した上で、外や風通しの良い場所で中身を出す。

 

▼液剤(目薬、消毒薬など)

目薬や消毒液は、中身を不要な紙や布に吸わせた上で、可燃ゴミとして処分する。

 

▼薬の容器

問題となるのが、薬が入っていた容器の捨て方だ。

よく見ると、薬の容器には「プラ」「紙」という記載がある。

 

「プラ」と記載があればプラスチックとして、「紙」と書いてあれば紙として処分する。

「紙」と書いてあれば可燃ゴミで問題ないが、プラスチックは各自治体によって処分方法が異なるので、自分の住んでいる地域のホームページなどを参照してほしい。

最も簡単で確実な薬の処分方法

ここまで家庭できる薬の処分の仕方を紹介してきたが、最後に簡単で確実な薬の処分方法を紹介したい。

それは「最寄りの薬局に余っている薬を持っていく」という方法だ。

 

意外と知られていないが、薬局では余った薬を回収し、処分してもらうことができる。

大量に薬が余っていたり、どうやって薬を捨てれば良いのか分からない場合は、とりあえず薬局に薬を持って行き、薬剤師に処分を依頼するのがオススメだ。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では余ってしまった薬の処分方法を紹介したが、1番良いのは薬が余らないようにすることだ。

もし薬が余っているようだったら、医師に「薬が余っている」と伝えるだけで処方日数を調節してもらえる。

 

こうすることにより、薬代も安くなるし、薬が無駄になるのを防ぐことができる。

もし医師に直接言いづらいようであれば、薬剤師に伝えれば処方日数を調整してもらえるので、薬剤師に相談してほしい。


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-服薬指導

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.