働き方

今の職場が嫌になってしまった薬剤師は何をすべきか

更新日:

 

「今の職場が嫌になってしまった。。」

こんな風に感じている薬剤師は少なくないと思う。

 

もちろん僕自身も、

「今の職場の〇〇なところ嫌だな」

と思うことがある。

 

そういった不満を抱えながら働くのは、とても嫌なことだと思う。

その気持ちはよく分かる。

 

そこでこの記事では、

今の職場が嫌になってしまった薬剤師はどうすべきか

についてまとめてみた。

 

僕の経験談なので、多少は参考になるかもしれない。

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

今の職場が嫌になった薬剤師がやるべきなのは客観視すること

 

さっきも書いたけど、僕も薬剤師として働いていて

「今の会社の〇〇なところが嫌だな」

と思うことは、ちょくちょくある。

 

その経験上、「今の職場なんか嫌だな」と思った時にやるべきなのが、自分の職場を客観視するということだ。

 

自分の職場を客観視できないと状況は改善しない

会社が嫌になってしまうと、どうしても被害者意識がでてくる。

その結果、「会社が全部悪い!」みたいな思考になり、どうやったら今の状況を改善できるか考えることを放棄してしまう

 

当然ながら、それだと何も解決しない。

なので、僕は会社が嫌になったとき以下の2つをチェックすることにしている。

 

【チェック項目】

  1. 今の会社の何が不満なのか
  2. その問題は自分の力で解決できる範囲なのか

 

1:今の職場の何が不満なのか

「何を嫌に思っているか」を明確にしないと、現状を解決しようがない

 

例えば、

  • 人間関係が嫌だ
  • 残業が多すぎる
  • 給与が低い

など、今の職場で特に何が嫌なのかを明確にしよう。

 

2:その問題は自分の力で解決できることなのか

次に「ステップ1で洗い出した問題は、自分の力で解決できるか」を考えてみる。

 

例えば、「給与が低いのが嫌」という問題は会社内で給与水準が決まっているので、雇われ薬剤師がなんとかできる問題ではない。

 

けど、「人間関係が悪い」という不満であれば、薬剤師個人でもなんとか解決できたりする。

(人間関係の不満に対処する方法については、以前に記事を書いたので興味があればチェックしてほしい。)

 

 

自分で頑張れば解決できそうな問題なら、解決できるよう努力してみることをまずはオススメしたい。

きっと、その経験はその後の人生に大きなプラスとなる。

 

けど、

  • もう解決する気力がない
  • 薬剤師個人で解決できる範囲を超えている

と感じるなら、転職を考えた方が良いだろう。

 

転職活動するのは、たしかに面倒だ。

求人を探したり、面接を受けたり、新しい環境に慣れなきゃいけなかったり、面倒なことが山ほどある。

 

けど、不満やストレスを抱えたまま働き続けるより、転職活動の方が確実に精神的・体力的に楽だ。

 

個人でコントロールできることは頑張るべきだが、個人でコントロールできないことは早めに見切りをつけることが大事だと僕は思っている。

 

その方が時間を無駄にせずにすむ。

 

 

会社に不満があるなら「とりあえずの転職活動」は良い解決手段

 

ちなみに「とりあえずの転職活動」も選択肢として良いと思う。

 

本当に転職活動するかは別として、転職活動を通していろんな職場を見ると、自分の今の環境を客観視できるからだ。

 

新卒1年目でコッソリ転職活動をした話

以前の記事にも書いたけど、僕は新卒で調剤併設ドラッグストアに就職したものの、面接で言っていたことと実際のことが違って会社に対してかなり不満を持っていた。

 

具体的に言うと、日配品やお菓子の品出しとか発注をやりたくなかったので、「薬剤師職はやらなくて良いんですよね?」と確認していたにも関わらず、就職後それらの仕事をやることになったのだ。

 

 

この件に関しては本当にイラついたので、9月くらいに初めて転職サイトに登録して初めて転職活動をすることにしたのだ。

 

具体的には、転職コンサルタントに不満だったことを伝えてカウンセリングを受け、2社だけ職場見学をすることにした。

 

結果的に、調剤併設ドラッグストアはどこも同じような感じだということが分かり(当時は)、結局その後1年くらいは転職しなかったのだけど、このとき転職活動をしておいて本当に良かったなと今でも思っている。

 

会社を客観視するには比較対象を作ることが大事

なぜ「とりあえずの転職活動をして良かった」と感じたかというと、比較対象ができたことによって自分の職場をきちんと客観視できるようになったからだ。

 

比較対象があると

  • 今の職場って意外と良いのかも
  • やはり今の職場はヒドすぎる

など、自分の職場の良い点・悪い点がハッキリと分かるようになる。

 


 

確かに転職活動をするのは面倒なのだけど、比較対象を知らず不満を抱えながら働き続けるよりはずっと良いと当時転職活動を経験して強く思った。

 

とりあえず転職活動することにより、今の職場に残ることになったとしても、格段んい自分の中で納得しやすくなるのだ。

 

個人的には非常に良い方法だと思っているので、今の職場に不満を抱えている薬剤師には、とりあえずの転職活動を強くオススメしたい。

 

薬剤師転職サイトはどれを使ってもOK

もし転職活動する場合は、どの転職サイトを使えば良いかという話になる。

けど、とりあえずの転職活動であれば、どれを使っても良いと思う。

 

僕は今までに

  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ

を利用したことがある。

 

その経験から言うと、それぞれ細かな違いはあるものの、大きな違いはないように感じた。

詳しい違いについては、以下の記事にまとめたので興味があればどうぞ。

 

 

 

「良い会社が見つかったら即転職する」と決めている場合は、ファルマスタッフを使うと良いと思う。

 

なぜかというと、ファルマスタッフを実際に利用してみて「転職後のこんなはずでは。。」の防止に最も力を入れていると感じたからだ。

 

ちなみに、僕が今働いている職場はファルマスタッフに紹介してもらった。

詳しいレビューについては以下の記事にまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

 

 

100%理想的な職場は存在しないという事実を受け入れよう

ここまで読み進めてくれたなら分かっていると思うけど、転職活動をしても100%理想的な職場を見つけることはできない。

どこかしら不満はでてくると思う。

 

しかし、勘違いしちゃいけないのは、

転職活動は100%理想的な職場を見つけるためにやるのではない

ということだ。

 

あくまでも

ベターな職場を探すために転職活動をやる

のである。

 

この違いを理解していないと、永遠に理想的な職場を探し続けて転職を繰り返すハメになるので注意してほしい。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

「今の職場が嫌になってしまった」

という薬剤師は、自分の職場を客観視してみよう。

 

そうすると

  • 良いところ
  • 悪いところ

がクリアに見えてくる。

 

それらを考慮した上で、自分はどうするかを決めるのがオススメだ。

 

参考になればうれしい。

では。

 

RELATED

-働き方

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.