仕事

薬剤師のための情報収集術-時事ネタを手っ取り早く集める方法-

投稿日:

薬剤師として働く上で重要なことの1つに情報収集がある。

最近だとオプシーボの薬価に関するニュースや、ハーボニーの流通問題などが話題となった。

 

このように続々と新しいニュースが入ってくるので、情報を追いきれていないという人もいるのではないだろうか。

そこでこの記事では、時事ネタを手っ取り早く簡単に集める方法についてまとめた。

 

スポンサーリンク

簡単に時事ネタを集める方法

簡単に時事ネタを集める方法。

それはGoogle アラートを使うというものだ。

 

Googleアラートは、名前の通りGoogleが提供してくれているサービスだ。

Googleアラートに自分が集めたい情報のキーワードを設定することにより、設定したキーワードに関する情報をメールまたはRSSで受け取ることができる

 

最初の設定さえしてしまえば情報を自動的に送ってくれるので、情報を簡単に集める上で非常に便利なサービスだ。

しかも無料で使うことができる。

 

Google アラートの使い方

Googleアラートの使い方は、非常に簡単だ。

例として「薬剤師」のキーワードでアラートを作ってみよう。

 

1:Googleアラートのページにアクセス

最初にGoogle アラートのページへアクセスする。

そうすると、以下のようなページが現れる。

 

2:キーワードを入力する

アクセスできたら、「アラートを作成...」の窓に「薬剤師」と入力。

そうすると、以下のような画面が出てくる。

「薬剤師」というキーワードが含まれたニュース記事が、まとめられているのが分かると思う。

 

3:詳細の設定

最後に詳細の設定を行う。

キーワードを入力する欄の下にある「オプションを表示する」をクリック。

 

「オプションを表示する」をクリックすると、以下のような画面になる。

 

ここで「どのように情報を受け取りたいか」をカスタマイズできる。

ただ、基本的には、詳細設定は上記のままがオススメだ。

 

簡単な例を出すと、頻度は1日1回以下以外にも「その都度」や「1週間に1回以下」があるが、その都度だとメールの量が多くなり受信ボックスが汚くなるし、1週間に1回以下だと情報の鮮度が落ちてしまう。

そのため、上記の設定がシンプルで1番よい。

 

設定が終わったら、下の方に「アラートを作成」のボタンがあるのでクリック。

これで自動的に情報が送られてくるようになる。

[ad#ad-up]

スポンサーリンク

おすすめ登録キーワード

最後におすすめ登録キーワードについて。

(おすすめというか、僕が登録しているキーワード)

 

僕が登録しているキーワードは、以下のようなものだ。

【登録キーワード】

◆薬剤師

◆薬局

◆新薬

◆製造販売承認

◆承認取得

◆薬事法

 

これらのキーワードを登録しておくと、かなりの情報を網羅できる。

例えば最近だと、オプシーボの薬価、ハーボーニー事件、かかりつけ薬剤師、向精神薬の処方日数制限などは、Googleアラートがちゃんと情報を送ってくれた。

*他にオススメのキーワードがあれば、共有したいので下のリンクから教えてください。

>>> Twitter

 

まとめ

情報を手っ取り早く簡単に集めるには、Googleアラートを使うのがオススメだ。

ただし記事の信憑性の判断は、各自で判断する必要がある。

その点には気をつけてほしい。

>>> Google アラート

RELATED

-仕事

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.