鼻炎・花粉症の薬

【市販薬】鼻炎薬に含まれる成分の作用・特徴とは?

更新日:

この記事では、市販(OTC)の点鼻薬に含まれている有効成分の作用や特徴をまとめた。

市販薬を購入する際の参考として活用してほしい。

 

*持病がある場合や妊娠・授乳中の場合は、医師または薬剤師に相談した上で市販薬を使用すること

スポンサーリンク

第一世代抗ヒスタミン薬

第一世代抗ヒスタミン薬には、以下のような特徴がある。

 

▼第一世代抗ヒスタミン薬に分類される成分

◆カルビノキサミンマレイン酸塩

◆ジフェニルピラリン酸塩

◆クレマスチンフマル酸塩

◆d-クロルフェニラミンマレイン酸塩

◆dl-クロルフェニラミンマレイン酸塩

 

▼第一世代抗ヒスタミン薬の特徴

第一世代抗ヒスタミン薬は、くしゃみ・鼻水の症状を抑える作用を持つ。

鼻づまりにも効くとは言われているが、鼻づまりに対する作用は弱い。

 

眠気が生じやすい成分なので、服用後の車の運転などは控える必要がある。

また緑内障や前立腺肥大などがある人は、症状が悪化する可能性があるため使用できない。

 

第二世代抗ヒスタミン成分

第二世代抗ヒスタミン成分には、以下のような特徴がある。

 

▼第二世代抗ヒスタミン薬に分類される成分

◆アゼラスチン塩酸塩

◆ケトチフェンフマル酸塩

◆メキタジン

 

▼第二世代抗ヒスタミン薬の特徴

第二世代抗ヒスタミン薬には、くしゃみ・鼻水の症状を抑える作用を持つ。

効果の発現までに少し時間がかかるものの、効果の持続時間が長いことが特徴である。

鼻づまりに対しては、第一世代抗ヒスタミン薬よりも、やや効果が高いと言われている。

 

また第二世代抗ヒスタミン薬には、第一世代抗ヒスタミン薬に比べると眠気は出にくいとされる。

しかし全く眠気が出ないわけではないので、服用後の車の運転などは控えなければならない。

 

第一世代抗ヒスタミン薬は緑内障や前立腺肥大の人に使用できないが、第二世代抗ヒスタミン薬はメキタジン以外であれば使用できる。

 

スポンサーリンク

抗アレルギー成分

抗アレルギー成分には、以下のような特徴がある。

 

▼抗アレルギー成分に分類される成分

◆クロモグリク酸ナトリウム

 

▼抗アレルギー成分の特徴

その名の通り、抗アレルギー成分はアレルギー症状を和らげる成分だ。

アレルギー症状を引き起こす成分である「ヒスタミン」などの放出を抑える作用がある。

 

抗炎症成分

抗炎症成分には、以下のような特徴がある。

 

▼抗炎症成分に分類される成分

◆グリチルリチン酸二カリウム

◆リゾチーム塩酸塩

 

▼抗炎症成分の特徴

抗炎症成分は、鼻の炎症を抑える成分だ。

抗炎症成分のうち、リゾチームは「卵アレルギーの人」に対しては使用できない。

スポンサーリンク

血管収縮成分

血管収縮成分には、以下のような特徴がある。

 

▼血管収縮成分に分類される成分

◆オキシメタゾリン塩酸塩

◆テトラヒドロゾリン塩酸塩

◆ナファゾリン塩酸塩

◆フェニレフリン塩酸塩

◆塩酸プソイドエフェドリン

◆dl-メチルエフェドリン塩酸塩

 

▼血管収縮成分の特徴

血管収縮成分は、鼻の粘膜における血管を収縮させて、鼻づまりを和らげる作用を持つ。

ただし、長期間使用することにより効果が弱まったり、逆に症状が悪化する場合がある。

そのため、過度の使用は避けた方が良い成分である。

 

抗分泌成分

抗分泌成分には、以下のような特徴がある。

 

▼抗分泌成分に分類される成分

◆ベラドンナ総アルカロイド

◆ヨウ化イソプロパミド

 

▼抗分泌成分の特徴

抗分泌成分は、鼻水、鼻づまりを改善する作用を持つ。

特徴的な副作用には、「口が乾く」などが挙げられる。

また緑内障や前立腺肥大、喘息のある人には使用できない。

 

スポンサーリンク

殺菌成分

殺菌成分には、以下のような特徴がある。

 

▼殺菌成分に分類される成分

◆セチルピリジニウム塩化物水和物

◆ベンザルコニウム塩化物

◆ベンゼトニウム塩化物

 

▼殺菌成分の特徴

殺菌成分は、鼻の中の殺菌・消毒をする成分である。

 

漢方生薬成分

漢方・生薬成分には、以下のような特徴がある。

 

▼漢方・生薬成分に分類される成分

◆サイシン(細辛)

◆シンイ(辛夷)

◆カンゾウ末(甘草)

◆小青竜湯

 

▼漢方・生薬成分の特徴

【サイシン(細辛)】

鼻水、鼻づまり、咳を和らげる。

 

【シンイ(辛夷)】

鼻水、鼻づまりを和らげる。

 

【カンゾウ末(甘草)】

くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を緩和する。

また抗炎症作用により、喉の痛みを和らげる。

 

むくみや尿量が減ることがあるため、このような症状が現れたら、服用を中止し病院に受診すること。

 

【小青竜湯】

鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどの鼻風邪に効果のある漢方薬。

麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、乾姜(カンキョウ)、芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、細辛(サイシン)、五味子(ゴミシ)、半夏(ハンゲ)など8種類の生薬で構成されている。

 

その他

その他の鼻炎薬に含まれる成分には、以下のような特徴がある。

 

▼無水カフェイン

抗ヒスタミン成分による眠気をとる作用をもつ。

カフェインの過剰摂取は、めまいなどの副作用につながることがある。

そのため、カフェインを含む飲み物は控えなければならない。

>>> カフェイン中毒の症状、中毒量、対処法について解説する

RELATED

-鼻炎・花粉症の薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.