便秘薬

市販の便秘薬の特徴と選び方を分かりやすく解説

更新日:

便秘に悩まされているという人はかなり多い。便秘を改善するために薬局やドラッグストアに行ってみたものの薬がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いか分からないという経験をした人もいるのではないだろうか。

 

そこでこの記事では、市販の便秘薬の特徴や選べ方についてまとめたので、薬を選ぶ際の参考にしてほしい。

 

スポンサーリンク

便秘とは

一般的に便秘とは3日以上、便がでない状態のことを指す。ただ個人差もあるため、排便の回数が少なくても必ずしも問題が起こるわけではない。

 

便秘とは「便がでない状態」というイメージが強いが、毎日排便をしていたとしても「便が残っている感覚がある」、「お腹が痛い」、「便が硬い」、「お腹が張っている感じがする」などの自覚症状がある場合も便秘と言われる。

 

便秘の種類

便秘は大きく分けて2種類に分類することができる。それが機能性便秘器質性便秘だ。

 

機能性便秘とは簡単に言ってしまうと、腸の動きが悪くなっていることが原因で引き起こされる便秘である。食生活、生活習慣、運動習慣、ストレスなどによってに機能性便秘になることが多い。

 

一方、器質性便秘はなんらかの病気が原因となって引き起こされる便秘である。イレウス、大腸がん、腸閉塞などにより腸管が狭くなり、便が通りにくくなってしまうことにより生じる。

 

 

スポンサーリンク

市販薬が使える便秘

市販薬が使える便秘は機能性便秘だけである。器質性便秘には使うことができない。もし、激しい腹痛、血便、嘔吐などがあるようなら器質性便秘が疑われるので、消化器科や胃腸科に受診することが望ましい。

 

機能性便秘⇒市販薬が使える

器質性便秘⇒市販薬が使えない

 

機能性便秘は大きくわけて3つに分類することができる。それが弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘だ。

 

弛緩性便秘の特徴

弛緩性便秘は女性や高齢者に多い便秘で、便秘の中で最も頻度が高い。便を運ぶ蠕動(ぜんどう)運動がうまくできないため、大腸に便が長く留まるようになり、水分が過度に吸収された結果、便が硬くなってしまうのが特徴である。

 

他にも「便が残っている感じがする」、「お腹が張る」、「体がだるい」などの症状が見られることもある。原因としては運動不足、、ダイエット、水分不足などが挙げられる。

 

直腸性便秘の特徴

直腸性便秘は大腸の機能に問題はないが、直腸がうまく反応しないために便が肛門の手前で止まってしまう状態を指す。

 

直腸性便秘は習慣性の便秘とも言われ便意を我慢してしまったり、痔の痛みによる排便の我慢などが原因となる。

 

痙攣性便秘の特徴

痙攣性便秘はその名のとおり、大腸が痙攣性収縮をすることにより便をうまく運ぶことができなった結果、引き起こされる便秘だ。精神的なストレスが原因になることが多い。

 

痙攣性便秘では、ウサギの糞のようなコロコロとした便になり、下腹部痛や便が残っている感覚といった症状を伴うこともある。

 

市販の便秘薬

刺激性下剤

刺激性下剤は腸管の神経に直接作用して、腸の運動を促すことにより便秘を改善するタイプの下剤だ。市販の便秘薬のほとんどに刺激性下剤成分を含まれている。効果は高く、即効性もあるが、長期間の連用は避けたほうが良い

 

刺激性下剤の成分としては、センノシド、センナ、アロエエキス、ダイオウエキス、ピコスルファート、ピコサジル、カサントラールがある。

 

塩類下剤

塩類下剤は腸管内の水分を吸収し、腸の運動を促すことにより便秘を改善する下剤である。塩類下剤の成分としては硫酸マグネシウムや、酸化マグネシウムがある。効果はマイルドで習慣性が少ないことが特徴である。

 

膨張性下剤

膨張性下剤は大腸に刺激を与えて、腸の運動を促進さることにより便秘を改善する下剤である。膨張性下剤の成分としてはプランタゴオバタ種子がある、食物繊維のため習慣性がないことが特徴である。

 

浸潤性下剤

浸潤性下剤は便を軟らかくすることにより、排便を促すタイプの下剤だ。浸潤性下剤の成分としてはジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)がある。

 

スポンサーリンク

弛緩性・直腸性便秘に使える市販薬

弛緩性、直腸性便秘に使える市販薬には以下のようなものがある。3Aマグネシアなどの塩類下剤は効果がマイルド、コーラックなどの刺激性下剤が含まれるものは効果が強め、浣腸は効果が最も強い。

 

【市販薬の代表例】

3Aマグネシア (塩類下剤)

スラーリア便秘内服液 (塩類下剤)

コーラック 350錠 (刺激性下剤)

カイベールC  (刺激性下剤2種類)

新ウィズワン (刺激性下剤+膨張性下剤+生薬)

コーラックII (刺激性下剤+浸潤性下剤)

ビオフェルミン便秘薬 (刺激性下剤+整腸成分)

コトブキ浣腸40 (浣腸)

 

弛緩性・直腸性便秘は薬を使う以外にも食生活を改善して食物繊維と水分を十分に採ることを心がけたり、定期的な運動をすることが重要である。

 

痙攣性便秘に使える市販薬

痙攣性便秘に使える市販薬は少ない。実は痙攣性便秘は刺激性下剤を使うと症状が悪化するので刺激性下剤の使用を避ける必要があるのだが、市販薬は刺激性下剤の成分を含むものがほとんどだからだ。だが以下の薬であれば、塩類下剤成分のみで構成されているため使用できる。

 

【痙攣性便秘に使える市販薬】

3Aマグネシア

スラーリア便秘内服液

 

痙攣性便秘では薬を使う以外にもストレスを解消すること、食生活を改善して食物繊維と水分を十分に採ることを心がけることが重要である。

 

スポンサーリンク

妊婦・授乳婦に便秘薬は使えるか

・妊婦には使えるのか

原則的に妊婦には使用してはいけない。薬を使わずに食生活の改善や運動療法を行うことが推奨されている。特に妊娠4‐15週は最も危険な期間である。どうしても使用したい場合は、医師の判断のもと使用する。

 

・授乳中は使えるか

できれば使用しない方が良いが、薬によっては使用可能である。コーラック ビオフェルミン便秘薬などに含まれるピサコジルやピコスルファートナトリウムは母乳に移行しないと言われているので、やむを得ず使用する場合はこれらの成分が含まれている薬を選択する。

 

一方センナ、ダイオウ、センノシドは母乳に移行し、乳児が下痢を起こすことが報告されている。そのため、これらの成分は授乳中に使用してはいけない。

RELATED

-便秘薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.