市販薬の成分

市販の点鼻薬に含まれる成分の作用・特徴について解説する

更新日:

この記事では、市販(OTC)の点鼻薬に含まれている有効成分の作用と特徴をまとめています。

市販薬を購入する際の参考として活用してください。

 

持病がある場合や妊娠・授乳中の場合は、医師または薬剤師に相談した上で市販薬を使用しましょう。

 

スポンサーリンク

抗アレルギー成分

抗アレルギー成分は、アレルギー症状の発現を抑える成分です。

 

クロモグリク酸ナトリウム

ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす物質の放出を抑えることにより、アレルギー症状を和らげます。

 

第一世代抗ヒスタミン成分

抗ヒスタミン成分は、くしゃみや鼻水を抑える成分です。

 

クロルフェニラミンマレイン酸塩

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を抑えます。

作用の発現は早いですが、持続時間は数時間と短めです。

また眠気の誘発に注意が必要です。

 

ケトチフェンフマル酸塩

アレルギー症状の原因物質の放出を防ぐことにより、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状を和らげます。

従来の鼻炎薬に含まれるクロルフェニラミンやクレマスチンなどに比べると、眠気が出にくいことが特徴です。

効果の発現は少し遅いですが、効果の持続時間は長いです。

 

スポンサーリンク

血管収縮成分

血管収縮成分は、鼻の粘膜における血管を収縮し、鼻づまりを改善します。

 

オキシメタゾリン塩酸塩

鼻の粘膜における血管を収縮させて、鼻づまりを和らげます。

長期間使用することにより効果が弱まったり、逆に症状が悪化する場合があります。

そのため、過度の使用は避けた方が良い成分です。

 

ナファゾリン塩酸塩

鼻の粘膜における血管を収縮させて、鼻づまりを和らげます。

長期間使用することにより効果が弱まったり、逆に症状が悪化する場合があります。

そのため、過度の使用は避けた方が良い成分です。

 

テトラヒドロゾリン塩酸塩

鼻の粘膜における血管を収縮させて、鼻づまりを和らげます。

長期間使用することにより効果が弱まったり、逆に症状が悪化する場合があります。

そのため、過度の使用は避けた方が良い成分です。

[ad#ad-up]

殺菌成分

殺菌成分は、その名の通り鼻の中を殺菌する作用を持ちます。

 

ベンゼトニウム塩化物

鼻の中を殺菌・消毒する成分です。

 

ベンザルコニウム塩化物

鼻の中を殺菌・消毒する成分です。

 

スポンサーリンク

抗炎症成分

抗炎症成分は、鼻腔内の炎症を鎮めます。

 

グリチルリチン酸二カリウム

鼻の炎症を抑えます。

 

副腎皮質ステロイド

副腎皮質ステロイドは、炎症を抑えることにより、鼻水・鼻づまりを和らげる成分です。

 

ベクロメタゾンプロピオン酸エステル

ステロイドと呼ばれる成分です。

鼻の炎症を鎮めることにより、鼻水・鼻づまりを和らげます。

間違った方法で使用すると副作用が起こりやすくなります。

使用方法は必ず守りましょう。

 

プレドニゾロン

ステロイドと呼ばれる成分です。

鼻の炎症を鎮めることにより、鼻水・鼻づまりを和らげます。

間違った方法で使用すると副作用が起こりやすくなります。

使用方法は必ず守りましょう。

 

スポンサーリンク

局所麻酔成分

局所麻酔成分は、かゆみ・痛みを和らげる成分です。

 

リドカイン

かゆみ、痛みを抑えることにより、不快感を和らげます。


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-市販薬の成分

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.