市販薬 違い・比較

徹底比較!「アレグラFX」と「アレジオン20」の違いとは?

更新日:

市販の花粉症薬として有名なものに「アレグラFX」「アレジオン20」がある。

 

【アレグラFX】

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

【アレジオン20】

【第2類医薬品】アレジオン20 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

これら2つの薬は名前が似ているということもあって、「何が違うの?」という疑問を持っている人も多いと思う。

そこでこの記事では、「アレグラFX」「アレジオン20」の違いついてまとめた。

 

スポンサーリンク

アレグラとアレジオンはどんな薬?

「アレグラFX」「アレジオン20」は、専門的に言うと第2世代抗ヒスタミン薬に分類される薬だ。

花粉症をはじめとする鼻炎症状は、ヒスタミンと呼ばれる物質がH1受容体に結合することにより引き起こされる。

 

つまりヒスタミンが受容体に結合しないようにすれば、花粉症の症状を抑えられるということだ。

図で示すと、以下のようにアレグラFXとアレジオン20はその効果を発揮する。

 

このように抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンがH1受容体に結合するのをブロックすることにより、花粉症をはじめとする鼻炎症状を和らげるのである。

 

第2世代抗ヒスタミン薬は、第1世代抗ヒスタミン薬に比べると有効成分が脳へ移行しにくく、「眠気」や「自覚症状のない集中力の低下(インペアード・パフォーマンス)」といった副作用が少なくなっている。

(専門的になってしまうが、より詳しい違いについては下記の記事参照)

>>> 第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬の違い・比較について解説する

 

アレグラとアレジオンは、医師に処方せんを書いてもらわなければ、以前は手に入らない薬だった。

しかし現在では、ドラッグストアや薬局でも購入可能となっている。

(処方せんを必要とする薬が市販されるようになったものを「スイッチOTC」と呼ぶ)

 

アレグラFXとアレジオン20の違い

「アレグラFX」「アレジオン20」には、大きく分けて4つの違いがある。

それが「値段の違い」、「有効成分の違い」、「服用回数の違い」、「副作用の出やすさの違い」だ。

 

【アレグラFXとアレジオン20の主な違い】

1:値段の違い

2:有効成分の違い

3:服用回数の違い

4:副作用の出やすさの違い

 

それでは、それぞれの違いについて解説していく。

[ad#ad-up]

スポンサーリンク

値段の違い

1つ目の違いが値段の違いだ。

アレグラFXは、1日あたり135円

アレジオン20は、1日あたり165円となっている。

 

1日当たりの値段を比較すると、アレグラFXの方が30円安い。

つまりアレグラFXの方が、お財布には優しい薬と言える。

 

【値段の違い】

アレグラFX:1日あたり135円

アレジオン20:1日あたり165円

*アレグラFXとアレジオン20のメーカー小売希望価格で比較

 

有効成分の違い

2つ目の違いが、薬に含まれている有効成分の違いだ。

アレグラFXの有効成分は「フェキソフェナジン塩酸塩」

そしてアレジオン20の有効成分は「エピナスチン塩酸塩」である。

後ほど解説するが、これらの成分は眠気の出やすさや服用回数に違いがある。

 

【有効成分の違い】

アレグラFXの有効成分:フェキソフェナジン塩酸塩

アレジオンの有効成分:エピナスチン塩酸塩

 

スポンサーリンク

服用回数の違い

3つ目の違いが、服用回数だ。

アレグラFXの服用回数は、1日2回で朝・夕に服用

そしてアレジオン20の服用回数は、1日1回で就寝前に服用となっている。

 

【服用回数の違い】

アレグラFX:1日2回 朝・夕に服用

アレジオン20:1日1回 就寝前に服用

 

副作用の出やすさの違い

4つ目の違いが、副作用の出やすさだ。

花粉症薬の有名な副作用の1つに「眠気」がある。

 

アレグラFXアレジオン20は、どちらも従来の花粉症薬に比べると眠気の副作用は出にくい。

しかし、どちらがより眠気の副作用が出にくいかと言われると、アレグラFXの方が眠気の副作用は出にくい

 

この違いは、有効成分の脳への移行しやすさが原因だ。

アレジオンに比べるとアレグラの方が脳へ移行しにくい。

そのため、アレグラは眠気が出にくいのである。

 

実際、アレグラの医療用添付文書(薬の説明書)には、車の運転をする際の注意書きがない。

一方アレジオンは、車の運転をする際の注意喚起がされている。

 

【眠気の出やすさの違い】

アレジオンに比べると、アレグラの方がより眠気が出にくい

 

スポンサーリンク

よくある質問

最後に、よくある質問に回答する。

花粉症に使う場合、いつ頃から飲み始めれば良い?

花粉症シーズンが始まる少し前から飲み始めると良い。

少し前から飲み始めることにより、花粉症シーズン到来時から症状を軽く抑えることができる

 

アレグラとアレジオンは併用しても良い?

併用しない方が良い。

前述の通り、どちらもヒスタミン受容体に作用するタイプの薬である。

そのため、併用しても相乗効果は狙えない。

逆に副作用が発現しやすくなる

 

アレジオン10とアレジオン20の違いは?

アレジオンは、アレジオン10アレジオン20の2種類が市販されている。

これらの違いは有効成分の量だ。

アレジオン10が10mg、アレジオン20が20mg、有効成分を含んでいる。

成人であれば、通常1日当たり20mgを使うことが多い。

 

結局アレグラとアレジオンはどちらが良い?

実はアレグラFXアレジオン20には、明確な使い分けはない。

基本的に、服用回数や眠気の出やすさなどで決める場合がほとんどである。

つまり使い分けをするとしたら、以下のようになる。

 

服用回数が少ない方が良い場合

薬を何度も服用するのが面倒なので、服用回数が少ない方が良いという場合。

その場合は、1日1回の服用ですむアレジオンが良い

 

安い方が良い・眠気が出にくい方が良い場合

「安い方が良い」または「眠気が出にくい方が良い」という場合。

その場合は、アレグラFXの方が良いだろう。

 

*薬を使う場合は注意事項を確認し、用法・用量を守って正しく服用すること。


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-市販薬 違い・比較

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.