消化器疾患治療薬

ムコスタ錠(レバミピド)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

ムコスタ錠(レバミピド)の効能・効果

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)は、組織修復促進薬に分類される消化性潰瘍治療薬である。

簡単に説明するとムコスタ錠(成分名:レバミピド)は「胃の粘膜を修復する薬」ということである。

 

【ムコスタ錠の効能・効果】

1:胃潰瘍

2:下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

《急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期》

 

ムコスタ錠(レバミピド)の作用機序

通常、胃酸からの攻撃を受けないように、粘液によって胃は保護されている。

より専門的に言うと、正常な状態では胃の粘液をはじめとする「防御因子」と胃酸をはじめとする「攻撃因子」のバランスが取れているのだ。

そのため、胃酸によるダメージを胃が受けることはない。

 

しかし、消化性潰瘍などが原因となりが胃の粘液が減少している場合は、攻撃因子と防御因子のバランスが崩れてしまう。

これらのバランスが崩れると、当然ながら胃酸による攻撃を胃が受けやすくなる。

 

消化性潰瘍 異常状態

 

ここから分かることは、防御因子と攻撃因子のバランスを整えてやれば、胃潰瘍の症状を改善できるということである。

このような作用機序により、胃潰瘍の症状を改善するのが、ムコスタ錠(成分名:レバミピド)だ。

 

つまりムコスタ錠(成分名:レバミピド)は、胃の血流をよくし、胃粘液の合成・分泌を促したり、胃を守る成分であるプロスタグランジンを増やすことにより、攻撃因子と防御因子のバランスを整え、胃の粘膜を修復するのである。

 

スポンサーリンク

ムコスタ錠(レバミピド)の特徴

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)には、以下のような特徴がる。

もっとも良く使われる防御因子増強薬の1つ

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)は、日本で最も良く使われている防御因子増強薬だ。

理由としては、歴史が古く使い勝手が良いことや副作用が少ないことが挙げられる。

 

NSAIDsと併用されることが多い

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)は、痛み止め・熱冷ましの1つであるNSAIDsと併用されることが多い。

これはNSAIDsが胃を荒らしてしまうからだ。

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)と一緒に服用することによって、NSAIDsによる副作用を軽減できるのである。

 

粉薬タイプも販売されている

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)は、カプセルタイプの他に細粒タイプが販売されている。

そのため患者の症状やライフスタイルに合わせて剤形を選択できる。

 

ドライアイの治療薬としても使われる

ムコスタ(成分名:レバミピド)は、ムコスタ点眼液UD2%という名称でも販売されおり、ドライアイに対して使われる。

 

ドライアイになると、目の粘膜に傷がついてしまう。

そのため粘膜修復作用のあるムコスタ(成分名:レバミピド)が、ドライアイの治療に使われるのである。

 

ムコスタ錠(レバミピド)の飲み方

通常、ムコスタ錠(成分名:レバミピド)は、以下の量を服用する。

 

【ムコスタ錠の用法・用量】

胃潰瘍

1回の服用量:100mg

1日の服用回数:3回(朝、夕および就寝前)

 

下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

《急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期》

1回の服用量:100mg

1日の服用回数:3回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ムコスタ錠(レバミピド)の飲み合わせ

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ムコスタ錠の併用禁忌薬】

なし

ムコスタ錠(レバミピド)の注意点

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ムコスタ錠の注意点】

◆痛みが軽くなっても自己判断で服用を中止しない

理由:痛みが軽くなったとしても完治というわけではないため

 

スポンサーリンク

ムコスタ錠(レバミピド)の禁忌

以下に該当する人は、ムコスタ錠(成分名:レバミピド)を服用してはいけない。

 

【ムコスタ錠の禁忌】

◆ムコスタ錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

ムコスタ錠(レバミピド)の副作用

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)の主な副作用としては「発疹」「皮膚のかゆみ」「便秘」などが報告されている。

 

【ムコスタ錠の主な副作用】

◆発疹

◆皮膚のかゆみ

◆便秘

 

またムコスタ錠(成分名:レバミピド)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ムコスタ錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー様症状

症状:呼吸が苦しい、ふるえなど

 

白血球減少血小板減少

症状:発熱、喉の痛み、青あざができやすい、出血しやすいなど

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ムコスタ錠(レバミピド)を飲み忘れたら

ムコスタ錠(成分名:レバミピド)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分は服用せず、次の服用時間に1回分だけ服用する。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他の消化器疾患治療薬をチェックする

RELATED

-消化器疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.