消化器疾患治療薬

パリエット錠(ラベプラゾール)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

パリエット錠(ラベプラゾール)の効能・効果

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、プロトンポンプ阻害薬(PPI)に分類される消化性潰瘍治療薬だ。

 

より簡単に言うと、パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は「胃酸の分泌を抑える作用」「胃潰瘍などの原因となるピロリ菌の除菌を手助けする作用」を持つということである。

 

【パリエット錠の効能・効果】

1:胃潰瘍

2:十二指腸潰瘍

3:吻合部潰瘍

4:逆流性食道炎

5:Zollinger-Ellison症候群

6:非びらん性胃食道逆流症

7:低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制

8:下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助

《胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎》

 

パリエット錠(ラベプラゾール)の作用機序

胃酸によって胃や十二指腸がダメージを受けると、「消化性潰瘍」が引き起こされる。

通常であれば、胃は粘液によって守られているので傷つくことはない。

しかし「胃酸の増加」や「粘液の減少」などの理由により、胃をしっかりと守れない状態だと、消化性潰瘍が引き起こされてしまう。

 

ここから分かることは「胃酸の分泌を減らす」または「胃を守る粘液を増やす」ことができれば、消化性潰瘍を改善できるということである。

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、この2つのアプローチのうち胃酸の分泌を減らすことによって、消化性潰瘍を改善する薬だ。

 

胃酸の分泌には胃の壁細胞が関与している。

胃の壁細胞にはM受容体、H₂受容体、G受容体が存在しており、それぞれの受容体にアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンが作用することによって、「プロトンポンプ」と呼ばれる胃酸の出口から胃酸が分泌されるようになる。

 

ここから分かることは、プロトンポンプをブロックしてしまえば胃酸の分泌を抑えられるので、消化性潰瘍を改善できるということだ。

 

 

このような作用機序により、消化性潰瘍を改善するのがパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)である。

つまりパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、プロトンポンプをブロックすることによって胃酸の分泌量を減らし、消化性潰瘍を改善するのである。

 

またパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は「ヘリコバクター・ピロリの除菌」を手助けする目的としても使われる。

>>> 必ず知っておきたいピロリ菌の基礎知識

 

ピロリ菌の除去には、通常「プロトンポンプ阻害薬+2種類の抗生物質」が使用される。

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)がピロリ菌の除去に使われる理由は、抗生物質の効果を強めるためだ。

 

実は、胃酸の影響により抗生物質の効果が弱まってしまうことがある。

そこで抗生物質の効果を最大限に引き出す目的で、パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)が使用される。

 

つまりパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)の服用により、胃酸の分泌が少なくなるので、抗生物質が胃酸による影響を受けにくくなるのだ。

その結果、ピロリ菌の除去を効果的に行えるようになる。

 

スポンサーリンク

パリエット錠(ラベプラゾール)の特徴

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)には、以下のような特徴がある。

強力な胃酸分泌抑制作用

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)を始めとするプロトンポンプ阻害薬(PPI)は、ガスター(成分名:ファモチジン)などのH2ブロッカーよりも強力な胃酸分泌抑制作用を持つ。

 

前述の通り、胃酸の分泌にはM受容体、H₂受容体、G受容体が関わっている。

H2ブロッカーは、H₂受容体のみをブロックする薬だ。

そのため、M受容体、G受容体経由の胃酸の分泌を止めることができない。

 

一方でプロトンポンプ阻害薬は、胃酸の出口であるプロトンポンプを阻害するため、どの受容体経由の胃酸分泌もブロックできる。

このような理由により、プロトンポンプ阻害薬は、H2ブロッカーよりも高い効果を得ることができるのだ。

 

規格によって適応症が異なる 

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)には「5mg錠」、「10mg錠」、「20mg錠」の3つの規格があり、規格によって適応症が異なっている。

「5mg錠」、「10mg錠」には「ピロリの除菌補助」、「非びらん性胃食道逆流症」、「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」の適応があるが、「20mg錠」には適応がない。

 

【20mg錠の適応症】

◆胃潰瘍

◆十二指腸潰瘍

◆吻合部潰瘍

◆逆流性食道炎

◆Zollinger‐Ellison症候群

 

代謝が非酵素的に行われる

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」による代謝も受けるものの、主な代謝経路はCYPのような酵素ではなく、非酵素的な経路である。

 

そのためパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、CYPに由来する薬の相互作用が少ない。

(多くのプロトンポンプ阻害薬は、CYPと呼ばれる代謝酵素により代謝を受けて体内から消失する)

 

プロトンポンプを可逆的に阻害する

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)を始めとするプロトンポンプ阻害薬は、プロトンポンプを「非可逆的に阻害する薬」と「可逆的に阻害する薬」に分類できる。

 

その中でもパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は「可逆的に阻害する薬」だ。

簡単に言うと「薬の服用を止めると、速やかに効果が消失する」ということである。

 

その他のプロトンポンプ阻害薬との違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> プロンポンプ阻害薬(PPI)の違い・比較

 

抗エイズ薬を服用中の人には使用できない

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、抗エイズ薬であるアタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の人には使用できない。

これは抗エイズ薬の効果が弱まってしまう可能性があるためである。

 

1日1回の服用で効果が期待できる

パリエット(成分名:ラベプラゾール)は、1日1回の投与で効果が1日持続する。

1日に何回も服用する必要がないので、飲み忘れの可能性を減らすことができる。

 

パリエット錠(ラベプラゾール)の飲み方

通常、パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、以下の量を服用する。

 

【パリエット錠の用法・用量】

▼胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群

1回の服用量:10mg

1日の服用回数:1回

1日の最大服用量:20mg

 

*通常、服用期間は胃潰瘍・吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までとする

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

▼逆流性食道炎

1回の服用量:10mg

1日の服用回数:1回

1日の最大服用量:20mg

 

*通常、服用期間は8週間までとする

*プロトンポンプ阻害薬による治療で効果不十分な場合、1回10mgまたは1回20mgを1日2回、さらに8週間経口服用することができる

*1回20mg1日2回投与は重度の粘膜傷害を有する場合に限る

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

▼非びらん性胃食道逆流症

1回の服用量:10mg

1日の服用回数:1回

 

*通常、服用期間は4週間までとする

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

▼ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助

通常、ラベプラゾール(商品名:パリエット)1回10mg、アモキシシリン水和物1回750mg、クラリスロマイシン1回200mgの3剤を同時に1日2回、7日間服用する。

なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて増量できるが最大でも1回400mgを1日2回までとなっている。

 

【一次除菌】

◆ラベプラゾール:1回10mg

◆アモキシシリン:1回750mg

◆クラリスロマイシン:1回200mg(最大400mg)

 

ヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、ラベプラゾール1回10mg、アモキシシリン水和物1回750mg、メトロニダゾール1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間服用する。

 

【二次除菌】

◆ラベプラゾール:1回10mg

◆アモキシシリン:1回750mg

◆メトロニダゾール:1回250mg

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

パリエット錠(ラベプラゾール)の飲み合わせ

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため一緒に服用できない。

 

【パリエット錠の併用禁忌】

◆レイアタッツ(成分名:アタザナビル)

◆エジュラント(成分名:リルピビリン)

理由:上記の薬の効果が弱まる可能性があるため

パリエット錠(ラベプラゾール)の注意点

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【パリエット錠の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:すぐに痛みはなくなるが、完治したわけではないため

 

◆噛み砕いて服用しない

理由:腸で溶けるように設計されているため

 

◆抗エイズ薬を服用している場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

スポンサーリンク

パリエット錠(ラベプラゾール)の禁忌

以下に該当する人は、パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)を服用してはいけないことになっている。

 

【パリエット錠の禁忌】

◆パリエット錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の人

理由:アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩の効果が弱くなる可能性があるため

 

パリエット錠(ラベプラゾール)の副作用

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)の主な副作用としては、「便秘」、「下痢」、「軟便」、「味覚異常」、「発疹」などが報告されている。

 

【パリエット錠の主な副作用】

◆便秘

◆下痢

◆軟便

◆味覚異常

◆発疹

 

またパリエット錠(成分名:ラベプラゾール)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【パリエット錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー

症状:呼吸が苦しい、全身潮紅(皮膚が赤くなる)、血管浮腫(まぶた、くちびる等の腫れ)、蕁麻疹など

 

◆汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血

症状:めまい、立ちくらみ、頭痛、発熱、喉の痛み、動悸、疲れやすい、黄疸、青あざができやすい、出血しやすい等

 

◆劇症肝炎、肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸が苦しいなど

 

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

◆急性腎不全、間質性腎炎

症状:発熱、発疹、呼吸困難、むくみ、疲労感、食欲不振、吐き気、全身のかゆみなど

 

◆低ナトリウム血症

症状:体がだるい、食欲不振、吐き気、嘔吐、痙攣、意識障害など

 

◆横紋筋融解症

症状:力が入りにくい(脱力感)、筋肉痛、手足がしびれる、赤褐色の尿など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

パリエット錠(ラベプラゾール)を飲み忘れたら

パリエット錠(成分名:ラベプラゾール)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、次の服用時間に1回分だけ服用する。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他の消化器疾患治療薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-消化器疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.