消化器疾患治療薬

プロマックD錠(ポラプレジンク)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

プロマックD錠(ポラプレジンク)の効能・効果

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、組織修復促進薬に分類される消化性潰瘍治療薬である。

簡単に説明するとプロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は「胃の粘膜を修復する薬」ということである。

 

またプロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、「亜鉛の欠乏や味覚障害、貧血」などに対する亜鉛の補給を目的として使用されることもある。

 

【プロマックD錠の効能・効果】

1:胃潰瘍

 

プロマックD錠(ポラプレジンク)の作用機序

通常、胃酸からの攻撃を受けないように、粘液によって胃は保護されている。

より専門的に言うと、正常な状態では胃の粘液をはじめとする「防御因子」と胃酸をはじめとする「攻撃因子」のバランスが取れているのだ。

そのため、胃酸によるダメージを胃が受けることはない。

 

しかし、消化性潰瘍などが原因となりが胃の粘液が減少している場合は、攻撃因子と防御因子のバランスが崩れてしまう。

これらのバランスが崩れると、当然ながら胃酸による攻撃を胃が受けやすくなる。

 

消化性潰瘍 異常状態

 

ここから分かることは、防御因子と攻撃因子のバランスを整えてやれば、胃潰瘍の症状を改善できるということである。

このような作用機序により、胃潰瘍の症状を改善するのが、プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)だ。

 

つまりプロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、胃の粘膜に直接くっつき胃を保護したり、細胞を傷つける物質(フリーラジカル)を除去することにより、攻撃因子と防御因子のバランスを整え、胃の粘膜を修復するのである。

 

スポンサーリンク

プロマックD錠(ポラプレジンク)の特徴

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)には、以下のような特徴がある。

味覚障害に対して使用される

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、有効成分として「亜鉛」が含まれている。

そのため、国から認められている使い方ではないものの「味覚障害」に対して使われることがある。

 

味覚障害では「味を感じない」、「何も食べていないのに苦味を感じる」、「味が薄く感じる」などの症状がみられ、これらの症状は亜鉛の不足によって生じると考えられている。

つまり亜鉛を補給することによって、味覚障害を改善できるのだ。

 

以上のような理由により、亜鉛を含んでいるプロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)が、味覚障害に対して使われるのである。

 

消化器症状以外の副作用が少ない

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、便秘などの消化器症状以外の副作用が少ないという特徴がある。

これはプロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)が、ほとんど体内に吸収されないためだと考えれている。

 

粉薬タイプも販売されている

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、錠剤タイプの他に細粒タイプが販売されている。

そのため患者の症状やライフスタイルに合わせて剤形を選択できる。

 

プロマックD錠(ポラプレジンク)の飲み方

通常、プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)は、以下の量を服用する。

 

【プロマックD錠の用法・用量】

1回の服用量:75mg

1日の服用回数:2回(朝食後および就寝前)

1日の最高用量:年齢、症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

プロマックD錠(ポラプレジンク)の飲み合わせ

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【プロマックD錠の併用禁忌薬】

なし

プロマックD錠(ポラプレジンク)の注意点

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【プロマックD錠の注意点】

◆痛みが軽くなっても自己判断で服用を中止しない

理由:痛みが軽くなったとしても完治というわけではないため

 

◆水または唾液で飲み込む

理由:口の中で溶けるが、口の粘膜から吸収されるわけではないため

 

スポンサーリンク

プロマックD錠(ポラプレジンク)の禁忌

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)の添付文書(薬の説明書)には、禁忌の記載はない。

*禁忌:プロマックD錠を絶対に使用してはいけない人の条件を示す項目

 

プロマックD錠(ポラプレジンク)の副作用

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)の主な副作用としては「発疹」「便秘」「吐き気」などが報告されている。

 

【プロマックD錠の主な副作用】

◆便秘

◆便秘

◆吐き気

 

またプロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【プロマックD錠の重大な副作用】

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆銅欠乏症

症状:疲労感、貧血、白血球の減少など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

プロマックD錠(ポラプレジンク)を飲み忘れたら

プロマックD錠(成分名:ポラプレジンク)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分は服用せず、次の服用時間に1回分だけ服用する。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他の消化器疾患治療薬をチェックする

RELATED

-消化器疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.