消化器疾患治療薬

ガスロンN錠(イルソグラジン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

ガスロンN錠(イルソグラジン)の効能・効果

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、組織修復促進薬に分類される消化性潰瘍治療薬である。

簡単に説明すると、ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は「胃の粘膜を修復する薬」ということである。

 

【ガスロンN錠の効能・効果】

1:下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

《急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期》

 

ガスロンN錠(イルソグラジン)の作用機序

通常、胃酸からの攻撃を受けないように、粘液によって胃は保護されている。

より専門的に言うと、正常な状態では胃の粘液をはじめとする「防御因子」と胃酸をはじめとする「攻撃因子」のバランスが取れているのだ。

そのため、胃酸によるダメージを胃が受けることはない。

 

しかし、消化性潰瘍などが原因となりが胃の粘液が減少している場合は、攻撃因子と防御因子のバランスが崩れてしまう。

これらのバランスが崩れると、当然ながら胃酸による攻撃を胃が受けやすくなる。

 

消化性潰瘍 異常状態

 

ここから分かることは、防御因子と攻撃因子のバランスを整えてやれば、胃潰瘍の症状を改善できるということである。

 

このような作用機序により、胃潰瘍の症状を改善するのが、ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)だ。

つまりガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、胃粘膜の血流を良くし、粘膜細胞の働きを活性化させることにより、防御因子と攻撃因子のバランスを整え、胃の粘膜を修復するのである。

 

スポンサーリンク

ガスロンN錠(イルソグラジン)の特徴

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)には、以下のような特徴がある。

服用回数が少ない胃薬

防御因子を増やすタイプの胃薬は、1日2〜3回の服用が必要な場合が多い。

一方ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、防御因子増強薬に分類されるものの、作用の持続時間が長いため、1日1〜2回の服用ですむ。

 

口内炎に対して使われることがある

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、国から認められている使い方ではないが、口内炎に対して使われることがある。

これはガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)に、抗炎症作用が認められているためである。

 

OD錠も販売されている

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、口の中で溶けるOD嬢も販売されている。

そのため、飲み込む力が弱くなった高齢者も服用しやすい。

 

副作用が少ない

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、副作用が少ないという特徴がある。

ただし副作用が少ない分、プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH₂ブロッカーなどに比べると効果が弱い。

 

ガスロンN錠(イルソグラジン)の飲み方

通常、ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)は、以下の量を服用する。

 

【ガスロンN錠の用法・用量】

1日の服用量:4mg

1日の服用回数:1~2回

1日の最高用量:年齢、症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ガスロンN錠(イルソグラジン)の飲み合わせ

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ガスロンN錠の併用禁忌薬】

なし

ガスロンN錠(イルソグラジン)の注意点

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ガスロンN錠の注意点】

◆痛みが軽くなっても自己判断で服用を中止しない

理由:痛みが軽くなったとしても完治というわけではないため

 

スポンサーリンク

ガスロンN錠(イルソグラジン)の禁忌

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)の添付文書(薬の説明書)には、禁忌の記載はない。

*禁忌:ガスロンN錠を絶対に使用してはいけない人の条件を示す項目

 

ガスロンN錠(イルソグラジン)の副作用

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)の主な副作用としては「便秘」「発疹」「皮膚のかゆみ」「下痢」などが報告されている。

 

【ガスロンN錠の主な副作用】

◆便秘

◆発疹

◆皮膚のかゆみ

◆下痢

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ガスロンN錠(イルソグラジン)を飲み忘れたら

ガスロンN錠(成分名:イルソグラジン)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分は服用せず、次の服用時間に1回分だけ服用する。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他の消化器疾患治療薬をチェックする

RELATED

-消化器疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.