消化器疾患治療薬

プロンポンプ阻害薬(PPI)の違い・比較

更新日:

消化性潰瘍の治療において重要な薬の1つが、「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」だ。

そこでこの記事では、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の違い・比較についてまとめた。

 

スポンサーリンク

プロトンポンプ阻害薬の作用機序

胃酸によって胃や十二指腸がダメージを受けると、「消化性潰瘍」が引き起こされる。

通常であれば、胃は粘液によって守られているので傷つくことはない。

しかし「胃酸の増加」や「粘液の減少」などの理由により、胃をしっかりと守れない状態だと、消化性潰瘍が引き起こされてしまう。

 

ここから分かることは「胃酸の分泌を減らす」または「胃を守る粘液を増やす」ことができれば、消化性潰瘍を改善できるということである。

プロトンポンプ阻害薬は、この2つのアプローチのうち胃酸の分泌を減らすことによって、消化性潰瘍を改善する薬だ。

 

胃酸の分泌には胃の壁細胞が関与している。

胃の壁細胞にはM受容体、H₂受容体、G受容体が存在しており、それぞれの受容体にアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンが作用することによって、「プロトンポンプ」と呼ばれる胃酸の出口から胃酸が分泌されるようになる。

 

ここから分かることは、プロトンポンプをブロックしてしまえば胃酸の分泌を抑えられるので、消化性潰瘍を改善できるということだ。

 

 

このような作用機序により、消化性潰瘍を改善するのがプロトンポンプ阻害薬である。

つまりプロトンポンプ阻害薬は、プロトンポンプをブロックすることによって胃酸の分泌量を減らし、消化性潰瘍を改善するのである。

 

作用の違い・比較

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、「可逆的に作用する薬」「非可逆的に作用する薬」の2種類に分類できる。

 

「タケプロン(成分名:ランソプラゾール)」、「オメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)」、「ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)」は、プロトンポンプを非可逆的に阻害する。

 

要するに「薬がプロトンポンプにくっつくと離れなくなる」ということである。

そのため服用を中止しても、数日間は効果が持続する。

 

一方「パリエット(成分名:ラベプラゾール)」は、可逆的にプロトンポンプを阻害する薬だ。

そのため服用を中止すれば、薬の作用は速やかに消失する。

 

【非可逆的に阻害】

タケプロン(成分名:ランソプラゾール)

オメプラゾール、オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)

ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)

 

【可逆的に阻害】

パリエット(成分名:ラベプラゾール)

 

スポンサーリンク

代謝酵素の違い・比較

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、代謝酵素に違いがある。

 

タケプロン(成分名:ランソプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」によって代謝を受ける。

またオメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)やネキシウム(成分名:エソメプラゾール)は、主に「CYP2C19」によって代謝され、一部が「CYP3A4」による代謝を受ける。

 

一方パリエット(成分名:ラベプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」による代謝も受けるものの、主な代謝経路はCYPのような酵素ではなく、非酵素的な経路である

 

【CYP2C19+CYP3A4で代謝】

タケプロン(成分名:ランソプラゾール)

 

【主にCYP2C19】(若干CYP3A4で代謝)

オメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)

ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)

 

【非酵素的な代謝】

パリエット(成分名:ラベプラゾール)

CYPが代謝に関与しないメリット

前述の通りパリエット(成分名:ラベプラゾール)は、CYPによる代謝がメインではなく、非酵素的な経路で代謝される。

 

では、非酵素的な経路で代謝されるメリットとは何だろうか。

メリットは大きく分けてCYPによる相互作用が起こりにくい」「個人差が少ない」の2点が挙げられる。

 

1:相互作用が起こりにくい

例えば、CYP2C19で代謝される代表的な薬の1つに、血液をサラサラにするワーファリン(成分名:ワルファリン)がある。

 

CYP2C19で代謝されるワーファリン(成分名:ワルファリン)と、同じくCYP2C19で代謝されるオメプラゾール(商品名:オメプラール・オメプラゾン)を併用したとしよう。

この場合、CYP2C19はワーファリン(成分名:ワルファリン)に加えて、オメプラゾール(商品名:オメプラール・オメプラゾン)も代謝しなければならない。

 

しかしCYP2C19の数には限りがあるので、代謝できないワーファリン(成分名:ワルファリン)が増加する。

そうなるとワーファリン(成分名:ワルファリン)の作用が増強し、「出血が止まりにくくなる」という副作用の発現リスクが高くなってしまうのだ。

 

そこでオメプラゾール(商品名:オメプラール・オメプラゾン)ではなく、パリエット(成分名:ラベプラゾール)に処方変更をしたらどうだろう。

 

パリエット(成分名:ラベプラゾール)は、非酵素的な経路で代謝される薬だ。

要するにCYP2C19は、ワーファリン(成分名:ワルファリン)の代謝にだけ集中できるようになる。

 

そのため代謝酵素不足によるワーファリンの作用増強が起こらないので、出血傾向の発現可能性が少なくなるのである。

 

2:個人差が少ない

CYP2C19は遺伝子多型が存在することで知られ、代謝速度の速さによって最も代謝の速い「homo-EM」、中間の「hetero-EM」、最も代謝の遅い「PM」の3つに分類できる。

簡単に言ってしまうと、代謝速度に個人差があるのだ。

 

つまり代謝にCYP2C19が関与している場合は、薬の効果に個人差が出やすい。

一方パリエット(成分名:ラベプラゾール)は、CYP2C19がメインの代謝経路ではない。

そのため、個人差が出にくいのだ。

 

まとめ

プロトンポンプ阻害薬には以下のような違いがある。

 

非可逆的に阻害するか可逆的に阻害するかの違い

【非可逆的に阻害】

タケプロン(成分名:ランソプラゾール)

オメプラゾール、オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)

ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)

 

【可逆的に阻害】

パリエット(成分名:ラベプラゾール)

 

代謝経路の違い

【CYP2C19+CYP3A4で代謝】

タケプロン(成分名:ランソプラゾール)

 

【主にCYP2C19】(若干CYP3A4で代謝)

オメプラゾール、オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)

ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)

 

【非酵素的な代謝】

パリエット(成分名:ラベプラゾール)

 

そのほかの薬の違いについては、以下のページからどうぞ。

>>> 他の医薬品の違い・比較を見る


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-消化器疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.