睡眠薬

エリミン錠(ニメタゼパム)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

エリミン錠(ニメタゼパム)の効能・効果

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、中間型ベンゾジアゼピン系薬に分類される睡眠薬だ。

より簡単に言うと、エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は「寝つきをよくし、睡眠を持続させる薬」ということである。

 

【エリミン錠の効能・効果】

1:不眠症

 

エリミン錠(ニメタゼパム)の作用機序

「夜中に何度も起きてしまう(中途覚醒)」、「通常の起床時刻よりも早く起きてしまう(早朝覚醒)」などの睡眠障害は、神経の興奮が原因となって引き起こされることが多い。

つまり睡眠障害を改善するには、神経の興奮を抑えてやれば良いということだ。

 

脳には「GABA」という物質が存在している。

GABAは抑制性神経伝達物質とも呼ばれ、神経の興奮を抑える作用がある。

 

より具体的に言うと、GABAがGABA受容体に結合することによって、細胞外のClイオンが細胞内に流入し、その結果、眠気が現れるようになるのだ。

 

しかし睡眠障害の人は、GABAがうまく機能していない。

そのため細胞内へのClイオンの流入が起こりにくくなる。

 

その結果、神経の興奮を抑制できなくなり、眠れなくなってしまうのである。

ここから分かることは、GABA受容体へGABAが結合しやすくなれば、睡眠障害を改善できるということだ。

 

GABAがGABA受容体へ結合しやすくするには、「ベンゾジアゼピン受容体」が重要な働きをする。

簡単に言ってしまうと、ベンゾジアゼピン受容体に作用する薬を服用することにより、GABA受容体へGABAが結合しやすくなる。

 

このような作用機序により、睡眠障害を改善するのが、エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)である。

ベンゾジアゼピン受容体無題

 

つまりエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、ベンゾジアゼピン受容体に結合し、GABAの感受性を高めることによって、睡眠障害を改善するのである。

 

スポンサーリンク

エリミン錠(ニメタゼパム)の特徴

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)には、以下のような特徴がある。

熟眠障害に有効

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、熟眠障害に使われる薬だ。

熟眠障害とは、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」や、通常の起床時刻よりもかなり早く目が覚てしまう「早朝覚醒」のことを指す。

 

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)の作用持続時間は、4~8時間と比較的長い。

そのためエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)を服用することにより、夜間に起きてしまうのを防ぐことができる。

 

ベンザリン・ネルボンと似た構造を持つ

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は同じタイプの睡眠薬であるベンザリン・ネルボン錠(成分名:ニトラゼパム)と似た構造を持つ。

そのため、これらの薬はほぼ同様の作用がある。

 

ただしベンザリン・ネルボン錠(成分名:ニトラゼパム)は「不眠症」だけでなく「麻酔前投薬」や「てんかん」に対しても使えるが、エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は「不眠症」のみの適応となっている。

 

効果が強めのベンゾジアゼピン系睡眠薬

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)の作用は、他のベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べると強い部類に属する。

その作用からエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は「赤玉」と呼ばれ、薬物乱用や不正取引などが問題となっている。

 

ただしベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬の効果は、それほど大きな差がないと言われている。

そのため強引に分類すれば「強めに属する」という程度で、適切な使用方法であれば危険な薬ではない。

 

2015年に販売中止

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、2015年11月に販売中止となった。

販売元の公式ホームページによると「諸般の事情により」ということになっているが、薬物乱用の観点から中止になったか、新薬の販売により採算が取れなくなったことが理由だと考えられる。

 

持ち越し効果が現れることがある

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)を服用すると「持ち越し効果」が現れることがある。

持ち越し効果では、睡眠薬の作用が翌朝以降まで残り、「眠気」、「ふらつき」、「体のだるさ」などが現れる。

 

そのためエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)の服用中は、自動車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控えなければならない。

特に薬の代謝機能が落ちている高齢者では、持ち越し効果がでやすい。

 

急性狭隅角緑内障に禁忌

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、急性狭隅角緑内障の人に使用することができない。

これはエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)の抗コリン作用によって、眼圧を上昇させてしまう可能性があるためである。

 

重症筋無力症に禁忌

重症筋無力症とは全身の筋力が減り、疲れやすくなるといった症状を示す。

そして、病気が進行すると食べ物を飲み込むことや呼吸するのも難しくなってしまうのである。

 

先程も書いたように、エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は神経の興奮を抑えるClイオンを流入させる作用を持っている。

 

この作用により、神経の興奮が抑えられ筋肉が弛緩してしまうので、重症筋無力症をさらに悪化させる可能性があるのだ。

そのためエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、重症筋無力症患者に対して使用できない。

 

エリミン錠(ニメタゼパム)の飲み方

通常、エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)は、以下の量を服用する。

 

【エリミン錠の用法・用量】

1回の服用量:3~5mg

1日の服用回数:1回(就寝前に服用)

1日の最大服用量:年令・症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

エリミン錠(ニメタゼパム)の飲み合わせ

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)には、一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【エリミン錠の併用禁忌薬】

なし

 

 

ただしエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)の服用中にアルコールを飲むことによって、薬の効果が強く出過ぎる可能性がある。

そのためエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)服用中の飲酒は控えなければならない。

エリミン錠(ニメタゼパム)の注意点

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【エリミン錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作をしない

理由:眠気や注意力・集中力の低下を引き起こすおそれがあるため

 

◆就寝後、途中で起きる予定がある場合は服用しない

理由:健忘(起きていた時の記憶がない)が現れたとの報告があるため

 

◆自己判断で服用を中止しない

理由:以前よりさらに強い不眠が現れるおそれがあるため

 

◆飲酒は控える

理由:薬の作用が増強するおそれがあるため

 

スポンサーリンク

エリミン錠(ニメタゼパム)の禁忌

以下に該当する人は、エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)を服用してはいけないことになっている。

 

【エリミン錠の禁忌】

◆急性狭隅角緑内障のある人

理由:症状を悪化させる可能性があるため

 

◆重症筋無力症の人

理由:症状を悪化させる可能性があるため

 

また以下に該当する場合、特に必要であれば慎重に投与することは可能だが、投与しないことを原則とする。

 

【エリミン錠の原則禁忌】

◆肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している人

理由:炭酸ガスナルコーシスが起こりやすくなるため

 

*炭酸ガスナルコーシス:急激な高炭酸ガス血症により中枢神経障害・意識障害を生じ、呼吸をするのが難しくなる。

 

エリミン錠(ニメタゼパム)の副作用

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)の主な副作用としては、「ふらつき」、「体がだるい」、「眠気」、「脱力感」、「頭が重い」などが報告されている。

 

【エリミン錠の主な副作用】

◆ふらつき

◆体がだるい

◆眠気

◆脱力感

◆頭が重い

 

またエリミン錠(成分名:ニメタゼパム)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【エリミン錠の重大な副作用】

◆依存性

症状:薬を止めるのが難しい、痙攣発作、せん妄(混乱する)、ふるえ、不眠、不安、幻覚、妄想など

 

◆刺激興奮,錯乱

症状:気持ちが昂る、感情・思考が混乱する等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

エリミン錠(ニメタゼパム)を飲み忘れたら

エリミン錠(成分名:ニメタゼパム)を飲み忘れたら、翌朝起きるまでにかなり時間があり、眠れないようであれば1回分を服用してよい。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の睡眠薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-睡眠薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.