痛風発作・高尿酸血症治療薬

【薬剤師が解説】痛風・高尿酸血症治療薬の種類と特徴

更新日:

 

病院で処方される痛風・高尿酸血症の薬には、さまざまな種類がある。

 

【主な痛風・高尿酸血症治療薬】

  • 尿酸合成阻害薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿アルカリ化薬
  • 痛風発作治療薬

 

そこでこの記事では、主な痛風・高尿酸血症治療薬の種類や特徴についてまとめてみた。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

尿酸合成阻害薬

 

尿酸合成阻害薬の特徴

尿酸合成阻害薬は、その名の通り、尿酸が作られるのを邪魔する薬だ。

 

尿酸はプリン体を材料に作られている。

 

この時、尿酸の合成に深く関与しているのが、キサンチンオキシダーゼという物質である。

 

つまり、キサンチンオキシダーゼの働きを阻害できれば、尿酸の合成がされにくくなり、尿酸値の低下を期待できるいうわけだ。

 

 

このような考えにより開発されたのが、尿酸合成阻害薬である。

 

ポイント

キサンチンオキシダーゼの働きを抑制して、尿酸の合成を阻害する

 

尿酸合成阻害薬に分類される薬

ザイロリック(成分名:アロプリノール)の特徴

  • 1日2〜3回服用タイプ
  • 腎臓から排泄されるタイプの薬なので、腎障害の程度によって用量調節が必要

 

フェブリク(成分名:フェブキソスタット)の特徴

  • 1日1回服用タイプ
  • 重度の腎障害の場合は用量調節が必要だが、軽度〜中等度であれば必要ない

 

トピロリック・ウリアデック(成分名:トピロキソスタット)の特徴

  • 1日2回服用タイプ
  • 重度の腎障害の場合は用量調節が必要だが、軽度〜中等度であれば必要ない
  • トピロリックとウリアデックの違いはメーカーの違い

 

尿酸合成阻害薬の主な副作用

  • 過敏症(発熱、かゆみ、発疹など)
  • 消化器症状(食欲不振、下痢、胃の不快感など)
  • 全身症状(だるい、抜け毛)
  • 関節の痛み

 

 

尿酸排泄促進薬

 

尿酸排泄促進薬の特徴

作られた尿酸は腎臓で濾過(ろか)されると、体の中へ再び吸収される。

 

この時、近位尿細管を通る尿酸の再吸収に関わっているのが、URAT1の呼ばれる物質だ。

 

尿酸をURAT1が血管へ運んでしまう。

その結果、尿酸が下がらないというわけだ。

 

つまり、URAT1が尿酸を再吸収してしまうのだから、URAT1の働きを邪魔してやれば、尿酸を体外へ排泄できる

 

 

このような考えにより尿酸の排泄を促し、尿酸値を低下させるのが尿酸排泄促進薬である。

 

ポイント

URAT1の働きを阻害して、尿酸の排泄を促す

 

尿酸排泄促進薬の種類

ユリノーム(成分名:ベンズブロマロン)の特徴

  • 劇症肝炎の副作用が報告されているため、服用開始後6ヶ月間は必ず、定期的に肝機能検査を行う必要がある
  • 薬の相互作用がベネシッド錠より少ない

 

注意ポイント

劇症肝炎の症状としては、体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等が挙げられる

 

ベネシッド(成分名:プロベネシド)の特徴

  • ユリノームより作用が弱い
  • ペニシリンの血中濃度を高める目的で使われることがある

 

尿酸排泄促進薬の主な副作用

  • 過敏症状(かゆみ、皮膚の赤み)
  • 消化器症状(吐き気、食欲不振、腹痛、下痢など)

 

 

スポンサーリンク

尿アルカリ化薬

 

尿アルカリ化薬の特徴

高尿酸血症で問題となりやすいのが、尿酸結石である。

 

尿酸が増えていくにつれ、尿は酸性に傾いていく。

 

その結果、結石ができて、激痛が走るようになるのだ。

 

結石ができてしまう原因が尿が酸性に傾くことなのであれば、尿が酸性に傾かなければ良い

 

このような考えにより開発されたのが尿アルカリ化薬で、尿を酸性にさせない目的で使用される。

 

ポイント

尿をアルカリ化して、尿酸結石ができないようにする

 

尿アルカリ化薬の種類

ウラリット(成分名:クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム)の特徴

  • 尿酸排泄促進薬と併用されることが多い(尿が酸性に傾きやすくなるため)
  • 粉薬タイプも販売されている(ウラリット-U配合散)

 

尿アルカリ化薬の主な副作用

  • 下痢・軟便
  • 吐き気
  • 高カリウム血症(脈が遅くなる、体がだるいなど)

 

 

痛風発作治療薬

 

痛風発作治療薬の特徴

尿酸が高い状態を放置していると、関節に尿酸の結晶が沈着していく。

 

そして、沈着した尿酸結晶を白血球が排除しようとした結果、炎症が起こり、痛風による痛みが引き起こされるのだ。

 

つまり、白血球の働きを低下させれば、痛風発作による痛みを和らげることができる

 

このような考えにより開発されたのが、痛風発作治療薬である。

 

ポイント

白血球の働きを抑えることにより、痛みを緩和する

 

痛風発作治療薬の種類

コルヒチンの特徴

  • 痛風発作が現れてから、早い段階で服用するのがもっとも効果的
  • 下痢や吐き気、腹痛などの副作用がでることがあるため、長期間にわたる痛風発作の予防投与は推奨されていない
  • 家族性地中海熱にも使われることがある

 

注意ポイント

家族性地中海熱とは、発作性に起こる「発熱」、「お腹・胸の痛み」、「関節の腫れ」などの症状が繰り返される遺伝性の病気

 

痛風発作治療薬の主な副作用

  • 過敏症状(発疹、かゆみ、発熱)
  • 腎機能障害(血尿、尿量の減少)
  • 消化器症状(吐き気、腹痛、下痢)
  • 抜け毛

 

 

スポンサーリンク

参考資料

RELATED

-痛風発作・高尿酸血症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.