パーキンソン病治療薬

トレリーフ錠(ゾニサミド)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

トレリーフ錠(ゾニサミド)の効能・効果

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)は、ドパミン代謝賦活薬に分類されるパーキンソン病治療薬だ。

簡単に説明すると、トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)は「手足の震えや筋肉のこだわり、動作が遅くなるのを改善する薬」ということである。

 

【トレリーフ錠の効能・効果】

1:パーキンソン病(レボドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)

 

トレリーフ錠(ゾニサミド)の作用機序

パーキンソン病では、脳内の「ドパミン」が減少している。

ドパミンは運動機能に関する情報を伝達する物質で、これが減少すると「手足の震え」や「筋肉のこわばり」、「動作が遅くなる」といったパーキンソン病の症状が発現してしまう。

 

ここから分かることは、ドパミンを補充できれば、パーキンソン病の症状を改善できるということだ。

 

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)が、どのように作用を発揮するかは、実はまだ詳しく分かっていない。

しかし、2つの作用機序が考えられている。

それが「MAOB阻害作作用」「ドパミン生合成促進作用」だ。

 

まずはMAOB阻害作用について。

通常ドパミンは、運動機能に関する情報の伝達が終わると、「MAOB」と呼ばれる酵素によって分解される。

そのためMAOBによる分解によって、脳内のドパミン量が減少してしまう。

 

つまりMAOB阻害作用があると、MAOBがドパミンを分解できなくなる。

その結果、ドパミンの量が減らずに済むので、パーキンソン病の症状が改善するのである。

 

MAOB阻害薬

 

 

そしてトレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)のもう1つの作用が「ドパミン生合成促進作用」だ。

ドパミンは「チロシン→レボドパ→ドパミン」というステップで合成されている。

 

この時に重要な働きをするのが「チロシン水酸化酵素」である。

具体的に言うと、チロシン水酸化酵素がチロシンへ作用することにより、レボドパへ変換されるのだ。

 

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)は、チロシン水酸化酵素の働きを活性化させる。

その結果、ドパミンの生合成が促進されるようになり、パーキンソン病の症状が改善するのである。

 

ドパミン賦活化薬

スポンサーリンク

トレリーフ錠(ゾニサミド)の特徴

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)には、以下のような特徴がある。

レボドパ製剤と必ず併用する

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)を使用するときは、レボドパ製剤との併用が必須となっている。

これはトレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)が、レボドパ製剤の作用を増強する役割を果たすためである。

 

*レボドパ製剤:ドパミンの機能を補う薬

 

wearing off現象に対して使用される

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)は、wearing off(ウェアリングオフ)現象に対して使用される。

wearing off現象とは、レボドパ製剤の効果が持続しなくなった結果、薬の効果がすぐに切れてしまい、次の服用時間の前に症状が悪くなってしまう現象だ。

 

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)は、レボドパ製剤の作用を増強する働きをするので、wearing off現象の改善を期待できる。

 

トレリーフ錠(ゾニサミド)の飲み方

通常、トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)は、以下の量を服用する。

 

【トレリーフ錠の用法・用量】

1日の服用量:25mg(wearing-off現象の改善には50mg)

1日の服用回数:1回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

トレリーフ錠(ゾニサミド)の飲み合わせ

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【トレリーフ錠の併用禁忌薬】

なし

トレリーフ錠(ゾニサミド)の注意点

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【トレリーフ錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:注意力・集中力の低下、めまい、ふらつきなどが起こる可能性があるため

 

◆高温の環境をできるだけ避ける

理由:トレリーフ錠の服用により、汗の量が減少するおそれがあるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性のある人は相談する

理由:胎児に奇形が生じる可能性があるため

 

スポンサーリンク

トレリーフ錠(ゾニサミド)の禁忌

以下に該当する人は、トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)を服用してはいけない。

 

【トレリーフ錠の禁忌】

◆妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児に奇形が生じる可能性があるため

 

◆トレリーフ錠の成分に対して過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

トレリーフ錠(ゾニサミド)の副作用

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)の主な副作用としては「眠気」「食欲の低下」「ジスキネジア」「吐き気」「幻覚」「気力の低下」「体がだるい」などが報告されている。

>>> パーキンソン病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【トレリーフ錠の主な副作用】

◆眠気

◆食欲の低下

◆ジスキネジア(手足や舌が勝手にクネクネ動く)

◆吐き気

◆幻覚

◆気力の低下

◆体がだるい

 

またトレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【トレリーフ錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症(剥脱性皮膚炎)

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹、皮膚が剥がれ落ちるなど

 

◆過敏症症候群

症状:発熱、発疹、発赤など

 

再生不良性貧血、無顆粒球症、赤芽球癆、血小板減少

症状:疲労感、動悸、息切れ、発熱、喉の痛み、顔色が悪い、頭痛、青あざができやすい、出血しやすいなど

 

◆急性腎不全

症状:尿が出ない、むくみ、体がだるいなど

 

◆間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸が苦しい、肺音の異常など

 

肝機能障害、黄疸

症状:皮膚・白目が黄色くなる、吐き気、食欲の低下、体がだるい、吐き気など

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆腎・尿路結石

症状:排尿するときの痛み、血尿、頻尿、残尿感、尿量の減少など

 

◆発汗減少に伴う熱中症

症状:汗の量が減る、体温の上昇、顔が赤くなる、意識障害など

 

幻覚、妄想、錯乱、せん妄などの精神症状

症状:見えるはずのないものが見える、実際にないものをあるように思う、頭が混乱する、考えがまとまらない等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

トレリーフ錠(ゾニサミド)を飲み忘れたら

トレリーフ錠(成分名:ゾニサミド)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗パーキンソン病薬をチェックする

RELATED

-パーキンソン病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.