パーキンソン病治療薬

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の効能・効果

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は、ドパミンアゴニストに分類されるパーキンソン病治療薬だ。

簡単に説明すると、ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は「手足の震えや筋肉のこだわり、動作が遅くなるのを改善する薬」ということである。

 

またニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)には「太もも、ふくらはぎ、足の裏などに感じるムズムズする不快感を改善する作用」が認められている。

 

【ニュープロパッチの効能・効果】

1:パーキンソン病

2:中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

 

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の作用機序

パーキンソン病では、脳内の「ドパミン」が減少している。

ドパミンは運動機能に関する情報を伝達する物質で、これが減少すると「手足の震え」や「筋肉のこわばり」、「動作が遅くなる」といったパーキンソン病の症状が発現してしまう。

 

ここから分かることは、パーキンソン病の症状を改善するには、ドパミンの作用を補ってやれば良いということだ。

 

通常ドパミンは、D2受容体に作用することにより、その作用を発揮する。

要するに、薬としてD2受容体に作用させれば、ドパミンのような働きを期待できるのである。

 

このような作用機序により、パーキンソン病の症状を改善するのが、ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)だ。

 

ドパミン受容体刺激薬

 

つまりニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は、D2受容体を刺激することによりドパミンの機能を補い、パーキンソン病の症状を改善するのである。

 

スポンサーリンク

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の特徴

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)には、以下のような特徴がある。

非麦角系ドパミンアゴニストに分類される

ドパミンアゴニストは、その構造式によって2種類に分類できる。

それが「麦角系ドパミンアゴニスト」と「非麦角系ドパミンアゴニスト」だ。

その中でもニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は、非麦角系ドパミンアゴニストに属する。

 

吐き気や嘔吐、幻覚、妄想などの副作用は、ドパミンアゴニストに共通して見られるが、その他の副作用に関しては、麦角系と非麦角系で少し異なる。

 

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)を始めとする非麦角系では、「突発的な眠気」や「ウトウトする」などの副作用が発現することがある。

このような理由により、ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)の使用中は、自動車の運転、機械の操作、高所作業など危険を伴う作業をしないよう警告されている。

 

一方、麦角系では「心臓弁膜症」や「肺繊維症」、「心血管障害」などの副作用が報告されている。

 

*心臓弁膜症:弁が正しく機能しない

*肺線維症:呼吸機能の低下により、息切れ・痰を伴わない咳が出る

*心血管障害:心臓や血管に由来する疾患

 

日本初 貼り薬タイプのパーキンソン病治療薬

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は、日本初の貼り薬タイプのパーキンソン病治療薬である。

貼り薬を利用するメリットは、血中濃度を一定に保ちやすいということだ。

その結果、1日1回の使用で、安定した効果を得ることができる。

 

レストレスレッグス症候群の適応をもつ

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は、レストレスレッグス症候群に対して使われることがある。

 

レストレスレッグス症候群とは、「脚を動かしたい」という強烈な欲求が現れ、ムズムズするような異常な感覚に襲われる病気だ。

睡眠障害の原因の1つにも挙げられ、日常生活に支障をきたすことがある。

 

レストレスレッグス症候群は、ドパミンの機能を高めれることにより改善できる。

そのため、ドパミンアゴニストであるニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)が、レストレスレッグス症候群に対して使われるのである。

 

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の使い方

通常、ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)は、以下の量を使用する。

 

【ニュープロパッチの用法・用量】

パーキンソン病

1日1回4.5mgから使用を開始する。

その後は経過を観察しながら、1週間ごとに1日量として4.5mgずつ増量する。

標準的な1日の使用量は、9mg~36mgとなっている。

 

なお、年齢、症状により適宜増減できるが、1日量は36mgを超えてはいけない。

肩、上腕部、腹部、わき腹、おしり、太もものいずれかの正常な皮膚に貼り、24時間ごとに貼りかえる。

 

中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

1日1回2.25mgから使用を開始する。

その後は経過を観察しながら、1週間以上の間隔をあけて1日量として2.25mgずつ増量する。

標準的な1日の使用量は、4.5mg~6.75mgとなっている。

 

なお、年齢、症状により適宜増減できるが、1日量は6.75mgを超えてはいけない。

肩、上腕部、腹部、わき腹、おしり、太もものいずれかの正常な皮膚に貼り、24時間ごとに貼りかえる。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに使用すること

 

スポンサーリンク

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の飲み合わせ

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)には、絶対に一緒に使用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ニュープロパッチの併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の注意点

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ニュープロパッチを服用する際の注意点】

◆自己判断で使用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:突発的な眠気や傾眠(ウトウトする)が起こる可能性があるため

 

◆無駄な買い物やギャンブルをやめられない、暴飲暴食、性欲の自制をできない場合は相談する

理由:副作用の可能性があるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:動物実験において、胎児・出生児への悪影響が認められているため

 

◆AED(自動体外式除細動器)の妨げにならない部位に貼る

理由:ヤケドを引き起こすおそれがあるため

 

◆MRIや高周波療法、AEDを行う場合は、ニュープロパッチをはがす

理由:ヤケドを引き起こすおそれがあるため

 

スポンサーリンク

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の禁忌

以下に該当する人は、ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)を服用してはいけない。

 

【ニュープロパッチの禁忌】

◆妊婦または妊娠している可能性のある婦人

理由:動物実験において、胎児・出生児への悪影響が認められているため

 

◆ニュープロパッチの成分に対して過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の副作用

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)の主な副作用としては「皮膚の赤み・かゆみ」「吐き気」「幻覚」「ウトウトする」「嘔吐」などが報告されている。

>>> パーキンソン病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【ニュープロパッチの主な副作用】

◆皮膚の赤み・かゆみ

◆吐き気

◆幻覚

◆ウトウトする

◆嘔吐

 

またニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ニュープロパッチの重大な副作用】

◆突発的睡眠

症状:前兆のない急な眠り込みなど

 

◆幻覚、妄想、せん妄、錯乱

症状:見えるはずのないものが見える、実際にないものをあるように思う、考えがまとまらない、頭が混乱する等

 

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆肝機能障害

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

ニュープロパッチ(ロチゴチン)を使い忘れたら

ニュープロパッチ(成分名:ロチゴチン)を使い忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を貼りかえる。

そして翌日の張りかえは、いつもと同じ時間に行う。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗パーキンソン病薬をチェックする

RELATED

-パーキンソン病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.