パーキンソン病治療薬

ネオドパゾール配合錠の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

ネオドパゾール配合錠の効能・効果

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)は、2種類の有効成分が配合されたパーキンソン病治療薬だ。

簡単に説明すると、ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)は「手足の震えや筋肉のこだわり、動作が遅くなるのを改善する薬」ということである。

 

【ネオドパゾール配合錠の効能・効果】

1:パーキンソン病

2:パーキンソン症候群

 

ネオドパゾール配合錠の作用機序

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)は、2種類の有効成分が配合されている。

それが「レボドパ」と「ベンセラシド」だ。

そのため2つの作用機序から、パーキンソン病の症状を改善する。

 

レボドパの作用機序

パーキンソン病では、脳内の「ドパミン」が減少している。

ドパミンは運動機能に関する情報を伝達する物質で、これが減少すると「手足の震え」や「筋肉のこわばり」、「動作が遅くなる」といったパーキンソン病の症状が発現してしまう。

 

ここから分かることは、脳内のドパミンを補充してやれば、パーキンソン病の症状を改善できるということだ。

 

レボドパは、脳内で代謝されることにより、ドパミンに変換される。

つまり薬としてレボドパを服用すれば、脳内におけるドパミンを補うことができるのだ。

このような作用機序により、レボドパはパーキンソン病の症状を改善するのである。

 

ベンセラシドの作用機序

ベンセラシドは簡単に言ってしまうと、レボドパの作用を補助する役目を果たす。

レボドパは脳内でドパミンに変換され、その効果を発揮するが、実はレボドパだけを服用しても、脳内へなかなか移行できない。

 

なぜかというと脳内へ移行する前に、レボドパがドパミンへと変換されてしまうからだ。

ドパミンに変換されてしまうと、「血液脳関門(BBB:Blood Brain Barrier)」と呼ばれる脳を異物から守るバリアーが邪魔をして移行できないのである。

 

ここから分かることは、脳内へ移行する前にレボドパがドパミンへ変換されないようにする必要があるということだ。

 

この時に重要な役割を果たすのが「ドパ脱炭酸酵素」だ。

具体的にいうと、ドパ脱炭酸酵素によってレボドパがドパミンへ変換されてしまうのである。

 

つまりドパ脱炭酸酵素の働きを阻害してしまえば、レボドパがドパミンへ変換されることなく、脳内へ移行できる。

このような作用機序により、レボドパの働きを助けるのがベンセラシドだ。

 

BBB

 

つまりベンセラシドは、ドパ脱炭酸酵素の働きを阻害し、レボドパが脳内へ移行しやすくすることによって、パーキンソン病の症状を改善するのである。

 

スポンサーリンク

ネオドパゾール配合錠の特徴

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)には、以下のような特徴がある。

2種類の有効成分が配合された薬

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)は、「レボドパ製剤」と「ドパ脱炭酸酵素阻害薬」が配合された薬である。

2種類の有効成分を配合することにより、効果的にドパミンを補充できるようになった。

 

【ネオドパゾール配合錠の有効成分】

レボドパ製剤:レボドパ

ドパ脱炭酸酵素阻害薬:ベンセラシド

 

脱炭酸酵素阻害薬の違いによる差はない

パーキンソン病治療薬に分類される配合剤には、大きく分けて2種類ある。

それが「レボドパ+カルビドパの配合剤」と「レボドパ+ベンセラシド配合剤」だ。

 

【カルビドパを配合】

メネシット配合錠

ネオドパストン配合錠L

 

【ベンセラシドを配合】

マドパー配合錠

◆ネオドパゾール配合錠

イーシー・ドパール配合錠

 

レボドパは共通して配合されているが、脱炭酸酵素阻害薬は「カルビドパ」と「ベンセラシド」の2種類がある。

だだし脱炭酸酵素阻害薬の違いによる効果の差はないとされている。

 

レボドパ単体の1/5の量で同程度の効果を得られる

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)は、レボドパ単体で服用する時に比べると、約1/5の量で同じくらいの効果を得られると言われている。

そのため配合剤にすることにより、レボドパの服用量を少なくできるのだ。

 

実はレボドパは、パーキンソン病に対する効果が非常に高い反面、吐き気や嘔吐などの消化器系の副作用がでやすいというデメリットがある。

つまりレボドパの服用量は、できるだけ少ない方がよいのだ。

 

そこで、レボドパにベンセラシドを配合する。

このように配合剤にすることにより、レボドパの服用量を少なくできるので、副作用の発現が抑制可能となった。

 

ネオドパゾール配合錠の飲み方

通常、ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)は、以下の量を服用する。

 

【ネオドパゾール配合錠の用法・用量】

レボドパを服用していない人

初回は1日量1~3錠を1~3回に分けて、食後に服用する。

2~3日ごとに1日量1~2錠ずつ徐々に増量する。

 

標準的な1日の服用量は、1日3~6錠となっている。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

すでにレボドパを服用している人

初回の1日量は投与中のレボドパ量の約1/5に相当するレボドパ量(本剤1錠中レボドパ100mg含有)に切り換え、1~3回に分けて食後に服用する。

その後、少しずつ増量もしくは減量する。

 

標準的な1日の服用量は、1日3~6錠となっている。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ネオドパゾール配合錠の飲み合わせ

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)と以下に該当する薬は、飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に服用することはできない。

 

【ネオドパゾール配合錠の併用禁忌薬】

◆非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤

理由:血圧上昇等を起こすおそれがあるため

ネオドパゾール配合錠の注意点

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ネオドパゾール配合錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:突発的な眠気や傾眠(ウトウトする)、注意力・集中力の低下が起こる可能性があるため

 

◆無駄な買い物やギャンブルをやめられない、暴飲暴食、性欲の自制をできない場合は相談する

理由:副作用の可能性があるため

 

◆鉄剤と一緒に服用しない

理由:ネオドパゾール配合錠の効果が弱まるため

 

◆高タンパクの食事は避ける

理由:期待する薬の効果を得られなくなる可能性があるため

 

スポンサーリンク

ネオドパゾール配合錠の禁忌

以下に該当する人は、ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)を服用してはいけない。

 

【ネオドパゾール配合錠の禁忌】

◆閉塞隅角緑内障の人

理由:緑内障が悪化するおそれがあるため

 

◆ネオドパゾール配合錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の人

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

ネオドパゾール配合錠の副作用

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)の主な副作用としては「手足をくねらせる」「口をモグモグさせる」「幻覚」「不眠」「吐き気・嘔吐」「食欲の低下」などが報告されている。

>>> パーキンソン病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【ネオドパゾール配合錠の主な副作用】

◆手足をくねらせる

◆口をモグモグさせる

◆幻覚

◆不眠

◆吐き気・嘔吐

◆食欲の低下

 

またネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ネオドパゾール配合錠の重大な副作用】

◆Syndrome malin(悪性症候群)

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆錯乱、幻覚、抑うつ

症状:頭が混乱する、見えるはずのないものが見える、気分が落ち込むなど

 

◆胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化

症状:胃のもたれ・痛み、吐き気、食欲の低下、嘔吐、吐き気、血便、腹痛など

 

◆溶血性貧血、血小板減少

症状:息切れ、疲れやすい、呼吸が苦しい、むくみ、食欲の低下など

 

◆突発的睡眠

症状:前兆のない急な眠り込みなど

 

◆閉塞隅角緑内障

理由:眼圧を上昇させるおそれがあるため

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

ネオドパゾール配合錠を飲み忘れたら

ネオドパゾール配合錠(成分名:レボドパ/ベンセラシド)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗パーキンソン病薬をチェックする

RELATED

-パーキンソン病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.