パーキンソン病治療薬

コムタン錠(エンタカポン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

コムタン錠(エンタカポン)の効能・効果

コムタン錠(成分名:エンタカポン)は、COMT阻害薬に分類されるパーキンソン病治療薬だ。

簡単に説明すると、コムタン錠(成分名:エンタカポン)は「手足の震えや筋肉のこだわり、動作が遅くなるのを改善する薬」ということである。

 

【コムタン錠の効能・効果】

1:レボドパ・カルビドパ又はレボドパ・ベンセラジド塩酸塩との併用によるパーキンソン病における症状の日内変動(wearing-off現象)の改善

 

コムタン錠(エンタカポン)の作用機序

パーキンソン病では、脳内の「ドパミン」が減少している。

ドパミンは運動機能に関する情報を伝達する物質で、これが減少すると「手足の震え」や「筋肉のこわばり」、「動作が遅くなる」といったパーキンソン病の症状が発現してしまう。

 

ここから分かることは、ドパミンを補充できれば、パーキンソン病の症状を改善できるということだ。

 

ドパミンを補う時に使用されるのが、「レボドパ製剤」である。

レボドパ製剤を簡単に説明すると、脳内でドパミンに変換されて、ドパミンを補う薬だ。

 

実はドパミンは、そのままの状態では脳に入ることができない。

そこで脳内に移行してからドパミンに変換されるよう、レボドパ製剤は設計されているのである。

 

脳内に入る前にレボドパをドパミンへ変換する酵素が「COMT」だ。

このCOMTの働きによって、脳内へ移行する前にレボドパ製剤がドパミンへ変換され、期待される効果を得られなくなってしまうのだ。

 

ここから分かることは、COMTの働きを阻害できれば、レボドパが脳内へ移行しやすくなるのということだ。

その結果、ドパミンをきちんと補充できるので、パーキンソン病の症状を改善することができる。

 

このような作用機序により、レボドパ製剤の働きを助けるのが、コムタン錠(成分名:エンタカポン)である。

 

COMT阻害薬

 

つまりコムタン錠(成分名:エンタカポン)は、COMTを阻害することにより、レボドパ製剤の脳内移行を手助けし、パーキンソン病の症状を改善する薬なのである。

 

スポンサーリンク

コムタン錠(エンタカポン)の特徴

コムタン錠(成分名:エンタカポン)には、以下のような特徴がある。

レボドパ製剤と必ず併用する

コムタン錠(成分名:エンタカポン)を使用するときは、レボドパ製剤との併用が必須となっている。

これはコムタン錠(成分名:エンタカポン)が、レボドパ製剤の作用を増強する役割を果たすためである。

 

*レボドパ製剤:ドパミンの機能を補う薬

 

wearing off現象に対して使用される

コムタン錠(成分名:エンタカポン)は、wearing off(ウェアリングオフ)現象に対して使用される。

wearing off現象とは、レボドパ製剤の効果が持続しなくなった結果、薬の効果がすぐに切れてしまい、次の服用時間の前に症状が悪くなってしまう現象だ。

 

コムタン錠(成分名:エンタカポン)は、レボドパ製剤の作用を増強する働きをするので、wearing off現象の改善を期待できる。

 

コムタン錠(エンタカポン)の飲み方

通常、コムタン錠(成分名:エンタカポン)は、以下の量を服用する。

 

【コムタン錠の用法・用量】

1回の服用量:100mg(症状によっては1回200mg服用可)

1日の服用回数:1日8回を超えないこと

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

コムタン錠(エンタカポン)の飲み合わせ

コムタン錠(成分名:エンタカポン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【コムタン錠の併用禁忌薬】

なし

コムタン錠(エンタカポン)の注意点

コムタン錠(成分名:エンタカポン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【コムタン錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:ウトウトする、突発的な睡眠、起立性低血圧などが起こる可能性があるため

 

◆無駄な買い物やギャンブルをやめられない、暴飲暴食、性欲の自制をできない場合は相談する

理由:副作用の可能性があるため

 

◆筋肉の痛みをともない尿が赤黒くなる場合は相談する

理由:副作用の可能性があるため

 

◆鉄剤と一緒に服用しない

理由:鉄剤の効果が弱まるため。鉄剤を服用する場合は、2〜3時間以上の間隔をあける

 

スポンサーリンク

コムタン錠(エンタカポン)の禁忌

以下に該当する人は、コムタン錠(成分名:エンタカポン)を服用してはいけない。

 

【コムタン錠の禁忌】

◆コムタン錠の成分に対して過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆悪性症候群、横紋筋融解症またはこれらの疾患にかかったことのある人

理由:これらの副作用が発現するおそれがあるため

 

コムタン錠(エンタカポン)の副作用

コムタン錠(成分名:エンタカポン)の主な副作用としては「ジスキネジー」「便秘」「着色尿」「幻覚」「吐き気」「ウトウトする」「貧血」「ジストニー」「不眠症」などが報告されている。

>>> パーキンソン病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【コムタン錠の主な副作用】

◆ジスキネジー(手足や舌がクネクネする)

◆便秘

◆着色尿(赤みがかった尿)

◆幻覚

◆吐き気

◆ウトウトする

◆貧血

◆ジストニー(体の硬直・けいれん)

◆不眠症

 

またコムタン錠(成分名:エンタカポン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【コムタン錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆突発的睡眠

症状:前兆のない急な眠り込みなど

 

◆幻覚、幻視、幻聴、錯乱

症状:見えるはずのないものが見える、実際にないものをあるように思う、聴こえるはずのないものが聴こえる、頭が混乱する等

 

◆肝機能障害

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

コムタン錠(エンタカポン)を飲み忘れたら

コムタン錠(成分名:エンタカポン)だけでなく、レボドパ製剤も飲み忘れた場合は、気づいた時にレボドパ製剤と一緒に服用する。

 

ただしコムタン錠(成分名:エンタカポン)だけを飲み忘れた場合は、次のレボドパ製剤を服用する時間に一緒に服用する。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗パーキンソン病薬をチェックする

RELATED

-パーキンソン病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.