パーキンソン病治療薬

アキネトン錠(ビペリデン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

アキネトン錠(ビペリデン)の効能・効果

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)は、抗コリン薬に分類されるパーキンソン病治療薬だ。

簡単に説明すると、アキネトン錠(成分名:ビペリデン)は「手足の震えや筋肉のこだわり、動作が遅くなるのを改善する薬」ということである。

 

【アキネトン錠の効能・効果】

1:特発性パーキンソニズム

2:その他のパーキンソニズム(脳炎後、動脈硬化性、中毒性)

3:向精神薬投与によるパーキンソニズム・ジスキネジア(遅発性を除く)・アカシジア

 

アキネトン錠(ビペリデン)の作用機序

パーキンソン病では、「ドパミン」「アセチルコリン」のバランスが崩れてしまっている。

その結果、「手足の震え」や「筋肉のこわばり」、「動作が遅くなる」といったパーキンソン病の症状が発現するのである。

 

ここから分かることは、パーキンソン病の症状を改善するには、ドパミンとアセチルコリンのバランスを改善してやれば良いということだ。

 

ドパミンとアセチルコリンは、簡単に言ってしまうと「シーソーのような関係」で、通常であれば拮抗している状態だ。

しかし、ひとたびバランスが崩れると状況は一変する。

 

要するに、ドパミンの作用が弱まるとアセチルコリンの作用が増強され、そしてドパミンの作用が強まると、アセチルコリンの作用が減弱してしまうのだ。

 

パーキンソン病では、ドパミンを作る細胞が死滅するため、ドパミンの作用が減弱する。

その結果、アセチルコリンの作用が相対的に強まり「手足の震え」や「筋肉のこわばり」、「動作が遅くなる」といった症状が発現するのだ。

 

パーキン病

 

要するに、アセチルコリンの作用が強くなっているのだから、アセチルコリンの作用を弱めてしまえば良い。

そうすれば、ドパミンとアセチルコリンのバランスを改善できるので、パーキンソン病の症状を改善できる。

 

このような作用機序により、パーキンソン病の症状を改善するのが、アキネトン錠(成分名:ビペリデン)だ。

つまりアキネトン錠(成分名:ビペリデン)は、抗コリン作用によりアセチルコリンの作用を弱めることによって、パーキンソン病の症状を改善するのである。

 

スポンサーリンク

アキネトン錠(ビペリデン)の特徴

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)には、以下のような特徴がある。

特に振戦に対して有効

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)を始めとする抗コリン薬は、パーキンソン病でよく見られる症状の1つ「振戦(手足の震え)」に特に有効とされる。

抗コリン薬に属する薬は、メインの薬というよりも補助的な薬剤として使われることが多い。

 

剤形が豊富

アキネトン(成分名:ビペリデン)は、錠剤の他に細粒と注射剤が販売されている。

そのため、患者の症状やライフスタイルによって、剤形の使い分けが可能となっている。

 

特に注射剤は、肝臓で代謝を受けないため、効果が早く発現しやすいというメリットがある。

一方、注射を打つことにより、多幸感(覚せい剤を打った時に見られるハイになる症状)の副作用が発現するおそれがあるので、薬物依存に気をつけなければならない。

 

精神症状や抗コリン作用などによる副作用に注意

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)の服用により、せん妄(頭が混乱する)や不安感などの精神症状、抗コリン作用による口の渇きや排尿困難、便秘などが発現する恐れがある。

特に高齢者に現れやすいので、高齢者が服用する場合は注意が必要となっている。

 

 緑内障・重症筋無力症のヒトに使えない

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)は、抗コリン作用を持つ。

この作用は、緑内障や重症筋無力症の症状を悪化させるおそれがある。

そのため、緑内障・重症筋無力症の人に対しては使用できない。

 

アキネトン錠(ビペリデン)の飲み方

通常、アキネトン錠(成分名:ビペリデン)は、以下の量を服用する。

 

【アキネトン錠の用法・用量】

1回の服用量:1回1mgから開始(その後、増量して1日3~6mgを服用)

1日の服用回数:1日2回の服用から開始(その後は服用量により、服用回数を決定)

1日の最高用量:年齢、症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

アキネトン錠(ビペリデン)の飲み合わせ

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【アキネトン錠の併用禁忌薬】

なし

アキネトン錠(ビペリデン)の注意点

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【アキネトン錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

スポンサーリンク

アキネトン錠(ビペリデン)の禁忌

以下に該当する人は、アキネトン錠(成分名:ビペリデン)を服用してはいけない。

 

【アキネトン錠の禁忌】

◆緑内障の人

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆アキネトン錠に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆重症筋無力症の人

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

アキネトン錠(ビペリデン)の副作用

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)は、副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

 

ただし「口の渇き」「便秘」「吐き気「食欲の低下」「排尿困難」などが、副作用として生じる可能性がある。

>>> パーキンソン病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【アキネトン錠の主な副作用】

◆口の渇き

◆便秘

◆吐き気

◆食欲の低下

◆排尿困難

 

またアキネトン錠(成分名:ビペリデン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【アキネトン錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆依存性

症状:気分が高揚するなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

アキネトン錠(ビペリデン)を飲み忘れたら

アキネトン錠(成分名:ビペリデン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗パーキンソン病薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-パーキンソン病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.