解熱鎮痛薬・痛み止め

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の効能・効果

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、NSAIDsに分類される解熱鎮痛薬だ。

簡単に説明すると、ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は「炎症を抑えることにより、痛み・腫れを和らげる作用」「熱を下げる作用」を持つということである。

 

【ロキソニン錠の効能・効果】

◆下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛

《関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛》

 

◆手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎

 

◆下記疾患の解熱・鎮痛

《急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)》

 

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の作用機序

痛みを作る物質の1つが「プロスタグランジン」だ。

この痛み物質が産生されることにより、痛みが生じるようになる。

つまり痛みを止めたければ、プラスタグランジンの産生を抑制すれば良い。

 

このプロスタグラジンの産生を抑えるのが、ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)を始めとするNSAIDsである。

プロスタグランジンを作る過程では「シクロオキシゲナーゼ(以下:COX)」と呼ばれる酵素が関与している。

 

具体的に言うと、アラキドン酸にCOXが作用することにより、痛み物質のプロスタグランジンが産生されている。

つまりCOXの働きを阻害すれば、痛み物質プロスタグランジンが作られなくなるということだ

 

このような作用機序により痛みを抑えるのが、ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)を始めとるするNSAIDsである。

 

NSAIDs作用機序

 

 

つまりロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、COXの働きを阻害することによって、プロスタグランジンの産生を抑制し、痛みや炎症を和らげるのである。

 

スポンサーリンク

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の特徴

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)には、以下のような特徴がある。

市販薬としても購入可能

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、処方箋がなければ買えない薬だったが、現在では薬局・ドラッグストアでも購入可能となった。

名称は、ロキソニン錠ではなく「ロキソニンS」となっている。

 

 

様々な剤形が販売されている

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェン)は錠剤タイプのみでなく「テープ剤」、「湿布タイプ」などの貼り薬や、「ゲルタイプ(塗り薬)」も販売されている。

貼り薬・塗り薬を使うことによって、痛みのある部位に直接有効成分を届けることができる。

 

すばやい鎮痛・解熱作用

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、服用後30分で最高血中濃度に到達する。

そのため効き目が素早く現れ、優れた鎮痛・解熱効果を期待できる。

 

胃腸障害の副作用が少ない

一般的にNSAIDsに分類される解熱鎮痛薬は、胃を荒らしてしまう傾向がある。

これはNSAIDが作用するCOXには、胃の粘膜を保護する作用があるからだ。

つまりNSAIDsがCOXの働きを阻害することにより、胃の粘膜を保護できなくなるのである。

 

しかしロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、胃腸障害の副作用を軽減するためにプロドラッグ化がされている。

 

プロドラッグとは「服用後に代謝を受けることにより、初めて効果を発揮する薬」だ。

プロドラッグ化することによって、薬が胃や腸を通過する時は、薬としての機能を発揮しない。

 

つまりロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、胃でCOXを阻害しないので、胃腸障害が起こりにくいのである。

プロドラッグについては、以下の記事が詳しい。

>>> アンテドラッグとプロドラッグの違い-それぞれの作用と代表的な薬-

 

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の飲み方

通常、ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、以下の量を服用する。

 

【ロキソニン錠の用法・用量】

▼下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛

《関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛》

1回の服用量:60mg

1日の服用回数:1日3回

1日の最高用量:年齢・症状により増減

屯用の場合:1回60~120mg

 

▼手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎

1回の服用量:60mg

1日の服用回数:1日3回

1日の最高用量:年齢・症状により増減

屯用の場合:1回60~120mg

 

▼下記疾患の解熱・鎮痛

《急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む》

1回の服用量:屯用として1回60mg

1日の服用回数:原則として1日2回まで

1日の最高用量:180mg

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の飲み合わせ

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ロキソニン錠の併用禁忌】

なし

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の注意点

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ロキソニン錠を服用する際の注意点】

◆服用後も痛みが取れない場合は、病院に受診する

理由:あくまでも一時的に痛みを抑えるだけで、原因を取り除くわけではないため

 

◆空腹時に服用しない

理由:胃への負担がかかりやすくなるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は、医師または薬剤師に相談する

理由:妊娠中の投与に関する安全性が確立していないため

 

スポンサーリンク

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の禁忌

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)は、以下に該当する人は服用してはいけない。

 

【ロキソニン錠の禁忌】

◆消化性潰瘍のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重篤な血液の異常のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重篤な肝障害のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重篤な腎障害のある人

理由:急性腎不全、ネフローゼ症候群などの副作用が生じる可能性があるため

 

◆重篤な心機能不全のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆ロキソニン錠の成分に過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆アスピリン喘息の人またはアスピリン喘息にかかったことのある人

理由:アスピリン喘息発作を誘発する可能性があるため

 

◆妊娠末期の婦人

理由:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないため

 

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)の副作用

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)の主な副作用としては「胃の不快感」「腹痛」「吐き気」「食欲の低下」「浮腫(むくみ)」などが報告されている。

 

【ロキソニン錠の主な副作用】

◆胃の不快感

◆腹痛

◆吐き気

◆食欲の低下

◆浮腫(むくみ)

 

またロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ロキソニン錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー様症状

症状:血圧低下、蕁麻疹、喉頭浮腫、呼吸困難など

 

◆無顆粒球症、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少

症状:めまい、息切れ、疲れやすい、立ちくらみ、頭痛、発熱、喉の痛み、青あざができる等

 

中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、発疹など

 

◆急性腎不全、ネフローゼ症候群、間質性腎炎

症状:体がだるい、疲れやすい、尿量が減る、頭痛、むくみ等

 

◆うっ血性心不全

症状:息切れ、手足のむくみ、食欲の低下など

 

◆間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸困難など

 

◆消化管出血

症状:胃の痛み、血便など

 

◆消化管穿孔

症状:みぞおちの痛み、腹痛など

 

◆小腸・大腸の狭窄・閉塞

症状:吐き気、嘔吐、腹痛、お腹の張りなど

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆喘息発作

症状:咳、息苦しいなど

 

◆無菌性髄膜炎

症状:発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、意識が薄れるなど

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉痛、力が入りにくい、赤褐色の尿など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

ロキソニン錠(ロキソプロフェン)を飲み忘れたら

ロキソニン錠(成分名:ロキソプロフェン)を飲み忘れた場合、気付いた時に忘れた分の薬を服用する

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬を服用する必要はない。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の鎮痛薬をチェックする

RELATED

-解熱鎮痛薬・痛み止め

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.