解熱鎮痛薬・痛み止め

モーラステープ(ケトプロフェン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

モーラステープ(ケトプロフェン)の効能・効果

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)は、NSAIDsに分類される鎮痛薬だ。

簡単に説明すると、モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)は「炎症を抑えることにより、痛み・腫れを和らげる薬」ということである。

 

【モーラステープの効能・効果】

1:下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎

《腰痛症(筋・筋膜性腰痛症、変形性脊椎症、椎間板症、腰椎捻挫)、変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛》

 

2:関節リウマチにおける関節局所の鎮痛

 

モーラステープ(ケトプロフェン)の作用機序

痛みを作る物質の1つが「プロスタグランジン」だ。

この痛み物質が産生されることにより、痛みが生じるようになる。

つまり痛みを止めたければ、プラスタグランジンの産生を抑制すれば良い。

 

このプロスタグラジンの産生を抑えるのが、モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)を始めとするNSAIDsである。

プロスタグランジンを作る過程では「シクロオキシゲナーゼ(以下:COX)」と呼ばれる酵素が関与している。

 

具体的に言うと、アラキドン酸にCOXが作用することにより、痛み物質のプロスタグランジンが産生されている。

つまりCOXの働きを阻害すれば、痛み物質プロスタグランジンが作られなくなるということだ。

 

このような作用機序により痛みを抑えるのが、モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)を始めとるするNSAIDsである。

 

NSAIDs作用機序

 

つまりモーラステープ(成分名:ケトプロフェン)は、COXの働きを阻害することによって、プロスタグランジンの産生を抑制し、痛みや炎症を和らげるのである。

 

スポンサーリンク

モーラステープ(ケトプロフェン)の特徴

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)には、以下のような特徴がある。

貼り薬タイプのNSAIDs

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)は、名前の通り貼り薬タイプのNSAIDsである。

患部に有効成分を直接届けルことにより、痛みや炎症を抑える。

腰痛、テニス肘、筋肉痛、変形性関節症、関節リウマチなどに使用されることが多い。

 

光線過敏症に注意

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)の有名な副作用が「光線過敏症」だ。

症状としては「皮膚の腫れ・赤み」、「かゆみ」、「水ぶくれ」、「刺激感」などが挙げられる。

 

日光が患部に当たることによって生じるため、外出の際は天候に関わらず、服やサポーターで患部を覆う必要がある。

使用してから数日たった後に光線過敏症が発現することもあるので、しばらくは注意しなければならない。

 

光線過敏症がどのように引き起こされるかは、以下の記事が詳しい。

>>>薬剤性光線過敏症が起こる理由とは?-薬の構造式をチェックしよう-

 

モーラステープとモーラスパップの違い

モーラス(成分名:ケトプロフェン)には、「テープタイプ」と「湿布タイプ」がある。

これらの違いは、大きく分けて2つある。

それが「1日の使用回数」と「粘着力の違い」だ。

 

1日の使用回数は、モーラステープが1日1回。

そしてモーラスパップが1日2回となっている。

これはテープタイプの方が、有効成分の吸収性が良いためだ。

 

粘着力はモーラステープの方が強く、モーラスパップの方が弱い。

粘着力の強いモーラステープは、関節に貼っても剥がれにくいというメリットがあるが、粘着力がある分かぶれやすいというデメリットもある。

 

モーラステープ(ケトプロフェン)の使い方

通常、モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)は、以下の量を使用する。

 

【モーラステープの用法・用量】

1日1回患部に貼る

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに使用すること

 

スポンサーリンク

モーラステープ(ケトプロフェン)の飲み合わせ

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)には、絶対に一緒に使用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【モーラステープの併用禁忌】

なし

モーラステープ(ケトプロフェン)の注意点

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)を使用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【モーラステープを使用する際の注意点】

◆妊娠後期の場合は相談する

理由:胎児へ悪影響を及ぼす可能性があるため

 

◆使用中は日光が当たらないようにする

理由:光線過敏症の副作用を引き起こす可能性があるため

 

スポンサーリンク

モーラステープ(ケトプロフェン)の禁忌

以下に該当する人は、モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)を使用してはいけない。

 

【モーラステープの禁忌】

◆モーラステープ又はモーラステープの成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆アスピリン喘息の人またはアスピリン喘息にかかったことのある人

理由:喘息発作を誘発させうる可能性があるため

 

チアプロフェン酸、スプロフェン、フェノフィブラート並びにオキシベンゾン及びオクトクリレンを含有する製品(サンスクリーン、香水等)に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆光線過敏症にかかったことのある人

理由:光線過敏症を誘発するおそれがあるため

 

◆妊娠後期の女性

理由:胎児へ悪影響を及ぼす可能性があるため

 

モーラステープ(ケトプロフェン)の副作用

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)の主な副作用としては「発疹」「発赤(赤くなる)」「かゆみ」「刺激感(ピリピリする)」などが報告されている。

 

【モーラステープの主な副作用】

◆発疹

◆発赤(赤くなる)

◆かゆみ

◆刺激感(ピリピリする)

 

またモーラステープ(成分名:ケトプロフェン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【モーラステープの重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー様症状

症状:血圧低下、蕁麻疹、喉頭浮腫、呼吸困難など

 

◆喘息発作の誘発(アスピリン喘息)

症状:咳、呼吸音の異常(ヒューヒュー、ゼーゼー)、呼吸が苦しいなど

 

◆接触皮膚炎

症状:皮膚のかゆみ、刺激感(ピリピリ感)、発疹、皮膚の赤み、水ぶくれなど

 

◆光線過敏症

症状:皮膚のかゆみ、腫れ、皮膚の赤み、水ぶくれなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

モーラステープ(ケトプロフェン)を使い忘れたら

モーラステープ(成分名:ケトプロフェン)を使い忘れたら、気付いた時に忘れた分の薬を貼る

ただし次の使用時間が近い場合は、忘れた分の薬を貼るする必要はない。

絶対に2回分の薬を1度に使用してはいけない。

>>> 他の鎮痛薬をチェックする

RELATED

-解熱鎮痛薬・痛み止め

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.