泌尿器系の薬

ベタニス錠(ミラベグロン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ベタニス錠(ミラベグロン)の効能・効果

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、β3受容体刺激薬に分類される過活動膀胱治療薬だ。

簡単に説明すると、ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は「何度もトイレに行きたくなる」「急に現れる強い尿意」といった症状を改善する薬ということである。

 

【ベタニス錠の効能・効果】

◆過活動膀胱における尿意切迫感

◆頻尿及び切迫性尿失禁

 

ベタニス錠(ミラベグロン)の作用機序

過活動膀胱とは、「急にトイレに行きたくなる」尿意切迫感、「何度もトイレに行きたくなってしまう」頻尿といった症状が現れる病気だ。

 

過活動膀胱の原因の1つが、「膀胱の収縮」である。

過活動膀胱では神経信号に異常が見られ、膀胱が収縮しやすくなっている。

その結果、膀胱内に溜められる尿量が減少し、「急な尿意が現れる」、「何回もトイレに行きたくなる」などの症状が現れるようになるのだ。

 

ここから分かることは、過活動膀胱を改善するには膀胱が収縮しないようにすれば良いということだ。

膀胱の収縮に重要な役割を果たしているのが、膀胱の筋肉に存在するβ3受容体である。

正常な状態では、β3受容体が刺激を受けることにより膀胱が拡張し、尿を溜められるようになっている。

 

要するに、薬の服用によりβ3受容体を刺激してやれば、膀胱が拡張してより多くの尿を溜められるようになるので、過活動膀胱の症状を改善できるということだ

このような作用機序により、過活動膀胱の症状を改善するのがベタニス錠(成分名:ミラベグロン)である。

ベタニス作用機序

つまりベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、β3受容体を刺激し、膀胱を拡張することにより、過活動膀胱の症状を改善する薬なのである。

 

スポンサーリンク

ベタニス錠(ミラベグロン)の特徴

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)には、以下のような特徴がある。

新しい作用機序の過活動膀胱治療薬

従来の過活動膀胱治療薬は、ベシケア錠(成分名:ソリフェナシン)をはじめとする抗コリン薬がメインだった。

しかしベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、β3受容体刺激薬と呼ばれる全く新しい作用機序の薬である。

 

抗コリン薬では、抗コリン作用による「口の渇き」や「便秘」などの副作用が問題になっていた。

しかしベタニス錠(成分名:ミラベグロン)では、これらの副作用が軽減されている。

 

妊婦・授乳婦に使用できない

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、妊婦や授乳婦に対して使用できない。(併用禁忌)

 

妊婦に対して使用できない理由は、動物実験において「胎児の着床後死亡率の増加」や「体重低値」などが報告されているためだ。

一方、授乳婦に対して使用できない理由は「乳汁中へ薬の有効成分が移行する」と報告されているためである。

 

生殖可能な年齢の人への使用は控える

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、動物実験において生殖器系への影響が認められている。

そのため生殖可能な年齢の人への投与は、できる限り避けた方が良い。

 

1日1回服用タイプの薬剤

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、有効成分が少しずつ放出されるように設計された徐放性製剤である。

そのため、1日1回の服用で効果が持続する。

服用回数が少なくてすむので、飲み忘れのリスクが少ない。

 

ベタニス錠(ミラベグロン)の飲み方

通常、ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、以下の量を服用する。

 

【ベタニス錠の用法・用量】

1回の服用量:50mg

1日の服用回数:1日1回

服用タイミング:食後

 

*中等度の肝機能障害、重度の腎機能障害がある場合は1日1回25mgから開始

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ベタニス錠(ミラベグロン)の飲み合わせ

以下の薬とベタニス錠(成分名:ミラベグロン)は、飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に服用することができない。(併用禁忌)

 

【ベタニス錠の併用禁忌】

タンボコール(成分名:フレカイニド)

プロノン(成分名:プロパフェノン)

理由:これらの薬剤の血中濃度が、過度に上昇する可能性があるため

[ad#ad-up]

ベタニス錠(ミラベグロン)の注意点

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ベタニス錠を服用する際の注意点】

◆噛み砕かないで服用する

理由:有効成分が少しずつ放出されるよう設計されており、噛み砕いて服用すると適切な効果を期待できなくなるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は必ず相談する

理由:胎児へ悪影響を及ぼす可能性があるため

 

◆授乳中の場合は必ず相談する

理由:乳汁中への移行が報告されているため

 

◆不整脈治療薬を服用中の場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

スポンサーリンク

ベタニス錠(ミラベグロン)の禁忌

以下に該当する人は、ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)を服用してはいけない。

 

【ベタニス錠の禁忌】

◆ベタニス錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性がよくない可能性があるため

 

◆重篤な心疾患のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆妊婦及び妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児へ悪影響を及ぼす可能性があるため

 

◆授乳婦

理由:動物実験において、乳汁移行が認められているため

 

◆重度の肝機能障害のある人

理由:血中濃度が過度に上昇するおそれがあるため

 

タンボコール(成分名:フレカイニド)あるいはプロノン(成分名:プロパフェノン)を服用している人

理由:これらの薬剤の血中濃度が上昇する可能性があるため

 

ベタニス錠(ミラベグロン)の副作用

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)の主な副作用としては「便秘」、「口内乾燥」などが報告されている。

 

【ベタニス錠の主な副作用】

◆便秘

◆口内乾燥

 

またベタニス錠(成分名:ミラベグロン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ベタニス錠の重大な副作用】

◆尿閉

症状:トイレに行きたいと思うが、尿が出ない状態

 

◆高血圧

症状:血圧の上昇など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ベタニス錠(ミラベグロン)を飲み忘れたら

ベタニス錠(成分名:ミラベグロン)を飲み忘れた場合、忘れた分の薬は服用しなく良い

次の服用時間に1回分のみを服用する。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の泌尿器系薬をチェックする

RELATED

-泌尿器系の薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.