泌尿器系の薬

トビエース錠(フェソテロジン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

トビエース錠(フェソテロジン)の効能・効果

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、抗コリン薬に分類される過活動膀胱治療薬だ。

簡単に説明すると、トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は「何度もトイレに行きたくなる」「急に現れる強い尿意」といった症状を改善する薬ということである。

 

【トビエース錠の効能・効果】

◆過活動膀胱における尿意切迫感

◆頻尿及び切迫性尿失禁

 

トビエース錠(フェソテロジン)の作用機序

過活動膀胱とは、「急にトイレに行きたくなる」尿意切迫感、「何度もトイレに行きたくなってしまう」頻尿といった症状が現れる病気だ。

 

過活動膀胱の主な原因は、「副交感神経が過剰に活性化している」ことだ。

副交感神経が活性化することにより、異常な膀胱の収縮が起こり、膀胱に貯めることのできる尿の量が少なくなる。

その結果、急な尿意が現れたり、何回もトイレに行きたくなってしまうのだ。

 

副交感神経の興奮に関与しているのが、「アセチルコリン」と呼ばれる情報伝達物質である。

膀胱には「ムスカリン受容体(M受容体)」と呼ばれる受容体が存在している。

この受容体にアセチルコリンが結合することにより、膀胱が収縮して排尿が促進されるのだ。

 

ここから分かることは、アセチルコリンがムスカリン受容体(M受容体)に結合しないようにしてやれば、膀胱の収縮を抑制できるということだ。

その結果、トイレに何度も行きたくなる症状を抑えられるようになる。

 

このような作用機序により、過活動膀胱の症状を改善するのがトビエース錠(成分名:フェソテロジン)をはじめとする抗コリン薬だ。

 

抗コリン薬 作用機序 過活動膀胱

 

つまりトビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、アセチルコリンがムスカリン受容体に結合するのを阻害することにより、過活動膀胱の症状を抑えるのである。

 

スポンサーリンク

トビエース錠(フェソテロジン)の特徴

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)には、以下のような特徴がある。

1日1回服用タイプ

過活動膀胱に使われる抗コリン薬は、大きく分けて「1日1回服用タイプ」、「1日2回服用タイプ」の2つがある。

その中でも、トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、1日1回服用タイプの過活動膀胱治療薬だ。

1日1回の服用ですむため、飲み忘れなどのリスクも低い。

 

他の1日1回タイプにはバップフォー錠(成分名:プロピベリン)ベシケア錠(成分名:ソリフェナシン)デトルシトールカプセル(成分名:トルテロジン)がある。

一方ウリトス・ステーブラ錠(成分名:イミダフェナシン)は、1日2回服用タイプとなっている。

 

プロドラッグ化した薬

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、デトルシトールカプセル(成分名:トルテロジン)の活性代謝物をプロドラッグ化した薬である。

簡単に言ってしまうと、デトルシトールカプセル(成分名:トルテロジン)の良い部分だけを抽出して作られた薬が、トビエース錠(成分名:フェソテロジン)ということだ。

 

デトルシトールカプセル(成分名:トルテロジン)は、個人差の大きい薬だった。

しかしプロドラッグ化することにより、トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は個人差が小さくなっている。

 

受容体選択性がある

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)の作用するムスカリン受容体は、膀胱だけでなく唾液腺にも存在する。

そのため受容体選択性がないと、唾液腺のムスカリン受容体にも作用してしまう。

その結果、「口の渇き」などの副作用につながることになる。

 

しかしトビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、受容体選択性のある薬だ。

要するに、唾液腺のムスカリン受容体よりも膀胱のムスカリン受容体に作用しやすいので、従来の薬に比べ副作用が軽減されている。

 

一包化調剤に向かない

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、一包化調剤に向かない薬である。

これはトビエース錠(成分名:フェソテロジン)をヒートから薬を出すと、少しずつ粘着性がでてくるためである。

 

CYP3A4阻害薬との併用は注意が必要

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、アゾール系抗真菌薬やマクロライド系抗菌薬をはじめとするCYP3A4阻害作用のある薬と併用注意となっている。

なぜかというと、トビエース錠(成分名:フェソテロジン)の血中濃度が、過度に上昇する可能性があるためだ。

 

通常トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は1日1回4mgを服用し、効果が不十分な場合は1日1回8mgまで増量可能となっている。

しかしCYP3A4阻害作用のある薬と併用する場合は、1日1回4mgまでしか服用できない。

*肝・腎機能が低下している人も、1日1回4mgまで

 

トビエース錠(フェソテロジン)の飲み方

通常、トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、以下の量を服用する。

 

【トビエース錠の用法・用量】

1回の服用量:4mg

1日の服用回数:1日1回

1日の最大服用量:症状に応じて1日1回8mgまで

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

トビエース錠(フェソテロジン)の飲み合わせ

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【トビエース錠の併用禁忌】

なし

[ad#ad-up]

トビエース錠(フェソテロジン)の注意点

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【トビエース錠を服用する際の注意点】

◆噛み砕いて服用しない

理由:徐々に有効成分が放出されるように設計されているため

 

◆車の運転をはじめとする危険を伴う機械の操作を控える

理由:眠気や目のかすみ、めまいが現れることがあるため。

 

スポンサーリンク

トビエース錠(フェソテロジン)の禁忌

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)は、以下に該当する人は服用してはいけない。

 

【トビエース錠の禁忌】

◆尿閉を有する人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆眼圧が調節できない閉塞隅角緑内障の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆幽門、十二指腸又は腸管が閉塞している人および麻痺性イレウスのある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆胃アトニー又は腸アトニーのある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重症筋無力症の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重度の肝障害のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重篤な心疾患の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆トビエース錠の成分あるいは酒石酸トルテロジンに対して過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

トビエース錠(フェソテロジン)の副作用

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)の主な副作用としては「口内乾燥」、「便秘」、「頭痛」などが報告されている。

 

【トビエース錠の主な副作用】

◆口内乾燥

◆便秘

◆頭痛

 

またトビエース錠(成分名:フェソテロジン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【トビエース錠の重大な副作用】

◆尿閉

症状:トイレに行きたいと思うが、尿が出ない状態

 

◆血管浮腫

症状:顔のむくみ、くちびるの腫れ、舌の腫れ、喉が詰まる感じがするなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

トビエース錠(フェソテロジン)を飲み忘れたら

トビエース錠(成分名:フェソテロジン)を飲み忘れた場合、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の泌尿器系薬をチェックする

RELATED

-泌尿器系の薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.