骨粗鬆症治療薬

テリボン皮下注用(テリパラチド)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

テリボン皮下注用(テリパラチド)の効能・効果

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、副甲状腺ホルモン(PTH)製剤に分類される骨粗鬆症治療薬だ。

より簡単に言うと、テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は「骨が作られるのを促進する薬」ということである。

 

【テリボン皮下注用の効能・効果】

1:骨折の危険性の高い骨粗鬆症

 

テリボン皮下注用(テリパラチド)の作用機序

骨粗鬆症では、骨密度が減少し、骨がスカスカになってしまう。

骨粗鬆症が原因となる骨折は非常に多く、特に高齢者では骨折がキッカケとなり、寝たきり状態になることもある。

そのため薬を使って、骨が脆くならないようにすることが非常に重要なのだ。

 

骨では破骨細胞による「骨吸収(骨の破壊)」と骨芽細胞による「骨形成」が繰り返し行われている。

通常、骨吸収と骨形成のバランスは保たれているため、骨がスカスカになり脆くなるということはない。

 

しかし骨粗鬆症の患者では、骨吸収と骨形成のバランスが崩れてしまっている。

つまり骨形成よりも骨吸収のスピードの方が速い状態になっているのだ。

その結果、骨がもろくなってしまうのである。

 

【骨粗鬆症の原因】

骨形成 < 骨吸収

 

骨の代謝に関与している重要なホルモンに「副甲状腺ホルモン」がある。

副甲状腺ホルモンは、骨の代謝(骨吸収)を促進して骨量の減少をもたらす。

つまり副甲状腺ホルモンの働きによって、骨がもろくなるのである。

 

【副甲状腺ホルモンの働き】

◆骨の代謝を高める

 

前述の通りテリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、副甲状腺ホルモン(PTH)製剤に分類される。

そのため「なぜ骨量を減少させる薬が骨粗鬆症治療薬なのだろう?」と思った人もいるだろう。

 

これには理由がある。

実は副甲状腺ホルモンは投与法を変えることよって、骨密度を上昇させることが分かっているのだ。

 

その方法というのが「間欠的投与」である。

簡単に言うと、間欠的投与とは「一定の時間を置いて投与する」という方法だ。

 

副甲状腺ホルモンには、骨の代謝を高める作用以外に「骨を作る骨芽細胞を増やす作用」や「骨芽細胞の自然死(アポトーシス)を抑制する作用」が認められている。

 

骨の形成を促すこれら2つの作用は、一定の時間を置いて副甲状腺ホルモンを投与することによって、骨の代謝作用よりも強く現れる。

以上のような理由で、テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)を間欠的投与することによって、骨密度が上昇するのである。

 

【間欠的投与の作用】

1:骨形成を促進する骨芽細胞を増やす作用

2:骨芽細胞のアポトーシス(自然死)を抑制する作用

 

このような作用機序により、骨密度を上昇させ、骨粗鬆症を改善するのがテリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)である。

つまりテリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は「骨を作る骨芽細胞を増やす作用」や「骨芽細胞の自然死(アポトーシス)を抑制する作用」により骨粗鬆症を改善するのだ。

 

スポンサーリンク

テリボン皮下注用(テリパラチド)の特徴

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)には、以下のような特徴がある。

骨折リスクの高い骨粗鬆症に使われる

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、「骨折リスクの高い骨粗鬆症」に対して使われる。

 

基本的に骨粗鬆症の第一選択薬としては、「ビスホスホネート(BP)製剤」や「選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)」が使われることが多い。(詳しくは以下参照)

>>> 骨粗鬆症治療薬

 

一方テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、BP製剤やSERMの効果が薄い場合に使われることが多い。

つまりテリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、第二選択薬という位置づけとなっている。

 

テリボンとフォルテオの違い

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)と同じ成分の薬に、フォルテオ皮下注キット(成分名:テリパラチド)がある。

 

これらの違いは大きく分けて2つだ。

1つ目が「投与方法」である。

 

フォルテオ皮下注キット(成分名:テリパラチド)は1日1回使うタイプの薬で、患者自身が自宅で使用する。

一方テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は週1回使うタイプの薬で、医療機関への通院または在宅訪問にて注射をしてもらう必要がある。

 

そして2つ目の違いが「投与期間の制限」だ。

フォルテオ皮下注キット(成分名:テリパラチド)は、投与期間の合計が2年以内という制限を持つ。

これは投与期間を長くすることによって、骨肉腫(骨のがん)の発生頻度が高くなると動物実験で明らかになっているためである。

 

一方テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)の投与期間は、フォルテオ皮下注キット(成分名:テリパラチド)よりも短く、18か月(1年半)までとなっている。

(より詳しい違いは以下の記事参照)

>>> フォルテオとテリボンの違い・比較

 

テリボン皮下注用(テリパラチド)の使い方

通常、テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、以下の量を使用する。

 

【テリボン皮下注用の用法・用量】

1日の使用量:56.5μg

1日の使用回数:1週間に1回(皮下に注射)

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

テリボン皮下注用(テリパラチド)の飲み合わせ

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【テリボン皮下注用の併用禁忌薬】

なし

テリボン皮下注用(テリパラチド)の注意点

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)を使用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【テリボン皮下注用を使用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作を行わない

理由:めまい、起立性低血圧を引き起こす可能性があるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:動物実験において胎児・出生児に悪影響が認められているため

 

スポンサーリンク

テリボン皮下注用(テリパラチド)の禁忌

以下に該当する人は、テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)を使用してはいけないことになっている。

 

【テリボン皮下注用の禁忌】

 

◆以下に掲げる骨肉腫発生のリスクが高いと考えられる人

【骨ページェット病の人、原因不明のアルカリフォスファターゼ高値を示す人、小児等及び若年者で骨端線が閉じていない人、過去に骨への影響が考えられる放射線治療を受けた人】

理由:ラットを用いた動物実験において、骨肉腫を含む骨腫瘍性病変の発生頻度が増加したとの報告があるため

 

◆高カルシウム血症の人

理由:高カルシウム血症を悪化させる可能性があるため

 

◆原発性の悪性骨腫瘍もしくは転移性骨腫瘍のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆骨粗鬆症以外の代謝性骨疾患の人(副甲状腺機能亢進症等)

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆テリボン皮下注用の成分またはテリパラチド酢酸塩に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆妊婦または妊娠している可能性のある婦人

理由:動物実験において、胎児の奇形などが報告されているため

 

テリボン皮下注用(テリパラチド)の副作用

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)の主な副作用としては、「吐き気」、「嘔吐」、「頭痛」、「体がだるい」、「腹部の不快感」、「めまい」などが報告されている。

 

【テリボン皮下注用の主な副作用】

◆吐き気

◆嘔吐

◆頭痛

◆体がだるい

◆腹部の不快感

◆めまい

 

またテリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【テリボン皮下注用の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー

症状:呼吸が苦しい、血圧の低下、発疹など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

テリボン皮下注用(テリパラチド)を使い忘れたら

テリボン皮下注用(成分名:テリパラチド)は、医療機関への受診または在宅訪問にて使用する薬である。

そのため、基本的には使い忘れることはないと考えられる。

何らかの理由により使用できなかった場合は、主治医の指示に従うこと。

>>>他の骨粗鬆症治療薬をチェックする

RELATED

-骨粗鬆症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.