骨粗鬆症治療薬

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の効能・効果

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)は、活性型ビタミンD3製剤に分類される骨粗鬆症治療薬だ。

より簡単に言うと、エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)は、「骨量の減少を改善し、骨がもろくなるのを防ぐ薬」ということである。

 

【エディロールカプセルの効能・効果】

1:骨粗鬆症

 

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の作用機序

骨粗鬆症では、骨密度が減少し、骨がスカスカになってしまう。

骨粗鬆症が原因となる骨折は非常に多く、特に高齢者では骨折がキッカケとなり、寝たきり状態になることもある。

そのため薬を服用し、骨が脆くならないようにすることが非常に重要なのだ。

 

骨を作るのに重要な役割を果たすのが「ビタミンD3である。

ビタミンD3は、腸管からのカルシウムの吸収を促進することによって骨形成を促す。

 

要するにビタミンD3は、骨の成分となるカルシウムが効率よく使われるのを助ける作用があるのだ。

その結果、骨がもろくなるのを防ぐことができるのである。

 

ビタミンD製剤

 

ここから分かることは、活性型ビタミンD3製剤であるエディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)を服用することにより、カルシウムが効率よく骨の成分になるのを促進できるということだ。

これを「骨形成促進作用」と呼ぶ。

 

またビタミンD3「骨吸収抑制作用」を持つことが分かっている。

骨吸収抑制作用とは、簡単に言うと「カルシウムが骨から血液中へ流れ出るのを防ぐ作用」だ。

 

骨が作られるスピードよりも骨吸収のスピードが早いと、骨がスカスカになってしまう。

そのため骨吸収を抑制することができれば、骨が脆くなるのを防ぐことができる。

 

要するに活性型ビタミンD3製剤であるエディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)も、ビタミンD3と同様に骨吸収抑制作用を期待できるのである。

 

【エディロールカプセルの作用機序】

◆骨形成促進作用

◆骨吸収抑制作用

 

このような作用機序により骨粗鬆症を改善するのが、エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)だ。

つまりエディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)は、「カルシウムの吸収促進作用」と「骨吸収抑制作用」により、骨粗鬆症を改善するのである。

 

スポンサーリンク

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の特徴

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)には、以下のような特徴がある。

骨密度増加作用・骨折予防効果が高い

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)は、他の活性型ビタミンD3製剤に比べると、「骨密度増加作用」と「骨折予防効果」が高いとの報告がある。

さらに椎体骨折と非椎体骨折の発症も優位に下げると言われている。

 

*非椎体骨折:背骨以外における骨折

 

定期的に血清カルシウム値を測る必要がある

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)をはじめとする活性型ビタミンD3製剤の重大な副作用として、「高カルシウム血症」が知られている。

初期症状には「食欲不振」や「吐き気」、「尿量が多くなる」、「口の渇き」などがある。

 

高カルシウム血症は、まれに腎不全へ進行する。

そのため高カルシウム血症を防ぐためにも、定期的に血清カルシウム値を測定する必要がある。

 

妊婦・授乳婦に使用できない

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)は、妊婦・授乳婦に対して使用できない。

これは動物実験において奇形が認められており、薬の成分が乳汁中に移行することが確認されているためである。

 

一方、同じ活性型ビタミンD3製剤であるワンアルファ錠(成分名:アルファカルシドール)やアルファロールカプセル(成分名:アルファカルシドール)、ロカルトロールカプセル(成分名:カルシトリオール)は、妊婦に対して禁忌とはなっていない。

>>> アルファロール、ワンアルファ、ロカルトロール、エディロールの違い・比較

 

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の飲み方

通常、エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)は、以下の量を服用する。

 

【エディロールカプセルの用法・用量】

1日の服用量:0.75μg

1日の服用回数:1回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の飲み合わせ

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【エディロールカプセルの併用禁忌薬】

なし

 

ただしエディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)の服用中に、カルシウムやビタミンDの補給を目的とする健康食品を摂取すると、高カルシウム血症が現れる可能性があるため注意が必要である。

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の注意点

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【エディロールカプセルを服用する際の注意点】

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:動物実験において奇形が認められているため

 

◆授乳中の場合は相談する

理由:ラットを用いた実験で乳汁中への移行とラット出生児の腎臓の変化などが報告されているため

 

◆カルシウムやビタミンDを補給するための健康食品は控える

理由:高カルシウム血症の副作用が現れやすくなるため

 

スポンサーリンク

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の禁忌

以下に該当する人は、エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)を服用してはいけないことになっている。

 

【エディロールカプセルの禁忌】

◆妊婦、妊娠している可能性のある婦人または授乳婦

理由:ラット、ウサギを用いた動物実験で、奇形が認められているため。

またラットを用いた動物実験で、薬の成分が乳汁中へ移行することが報告されている。

 

エディロールカプセル(エルデカルシトール)の副作用

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)の主な副作用としては、「尿中カルシウム増加」、「血中カルシウム増加」、「血中尿酸増加」、「高カルシウム血症」などが報告されている。

 

【エディロールカプセルの主な副作用】

◆尿中カルシウム増加

◆血中カルシウム増加

◆血中尿酸増加

◆高カルシウム血症

 

またエディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【エディロールカプセルの重大な副作用】

◆高カルシウム血症

理由:体がだるい、いらいら感、吐き気、口の渇き、食欲減退、意識レベルの低下など

 

◆急性腎不全(血清カルシウム上昇を伴う)

理由:むくみ、尿の変色、尿量の減少など

 

◆尿路結石

理由:背中・下腹部の痛み、血尿など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

エディロールカプセル(エルデカルシトール)を飲み忘れたら

エディロールカプセル(成分名:エルデカルシトール)を飲み忘れた場合、飲み忘れに気づいても服用しなくてよい。

次の服用時間に1回分だけ服用する。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>>他の骨粗鬆症治療薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-骨粗鬆症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.