骨粗鬆症治療薬

エビスタ(ラロキシフェン)とビビアント(バゼドキシフェン)の違い・比較

更新日:

閉経後は骨が脆くなり、骨粗鬆症になりやすいことが知られている。

骨粗鬆症が原因となる骨折は非常に多く、特に高齢者では骨折がキッカケとなり、寝たきり状態になることもある。

そのため薬を使って、骨が脆くならないようにすることが非常に重要なのだ。

 

閉経後骨粗鬆症に使われる重要な薬の1つが、「選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)」だ。

そこでこの記事では、SERMに属するエビスタ(成分名:ラロキシフェン)ビビアント(成分名:バゼドキシフェン)の違い・比較についてまとめた。

 

スポンサーリンク

SERMの作用機序

男性と比較すると、女性は骨粗鬆症を発症しやすい。

これには、主に2つの理由がある。

 

1つ目の理由が「男性に比べると女性は骨の量が少ない」というものだ。

もともとの骨の量が少ないため、女性の方が必然的に骨粗鬆症を発症しやすくなる。

 

そして2つ目の理由が「閉経後にエストロゲンの分泌が減る」ということだ。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、エストロゲン受容体に作用することにより、骨量を増やす。

 

このエストロゲンの分泌は、閉経後に減少していく。

そのため閉経を迎えると、それに伴って骨の量も減少してしまう。

 

ここから分かることは、閉経後であってもエストロゲンを補充してやることにより、骨量を増やせるということだ。

 

しかしエストロゲンの補充には「乳がん・子宮がんのリスクが伴う」という問題がある。

エストロゲンには発がん性があり、乳腺のエストロゲン受容体に作用すると乳がんの、子宮のエストロゲン受容体に作用すると子宮がんの発症リスクが高まることが指摘されている。

 

では、どのように乳がん・子宮がんのリスクを増大させずに骨量を増やせば良いのか。

答えは簡単で、単純に骨のエストロゲン受容体には作用するが、他の部位のエストロゲン受容体には作用しなければ良い。

 

【骨のエストロゲン受容体のみに作用】

〇: 骨量を増加させることができる

 

【乳腺や子宮のエストロゲン受容体に作用する場合】

✖:発がんリスクが高まる

 

このような作用機序により、閉経後の骨粗鬆症を改善するのが、選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)だ。

 

つまり選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)は、骨に存在するエストロゲン受容体のみに作用することより、閉経後の骨粗鬆症を改善するのである。

非椎体骨折予防効果の違い・比較

エビスタ(成分名:ラロキシフェン)ビビアント(成分名:バゼドキシフェン)には、「非椎体骨折予防効果」に違いがある。

簡単に言ってしまうと、非椎体骨折とは「背骨以外の骨折」のことだ。

 

海外で行われた試験では、エビスタ(成分名:ラロキシフェン)には認められなかった非椎体骨折を予防する効果が、ビビアント(成分名:バゼドキシフェン)には認められている。

 

ビビアント(成分名:バゼドキシフェン)の製造販売元であるファイザーのプレスリリースによると、エビスタ(成分名:ラロキシフェン)に比べて44%、有意に低下させたことが確認されている。

 

この「非椎体骨折を予防する効果」がビビアント(成分名:バゼドキシフェン)とエビスタ(成分名:ラロキシフェン)の大きな違いとなっている。

 

スポンサーリンク

その他の違い

結論から言うと、エビスタ(成分名:ラロキシフェン)ビビアント(成分名:バゼドキシフェン)には「非椎体骨折を予防する効果の有無」以外には、これといった大きな違いはない。

 

例えばSERMには「深部静脈血栓症」の副作用が知られている。

しかし、この副作用の発生リスクは、両薬剤の間に大きな差はないことが分かっている。

 

また「ホットフラッシュ」と呼ばれる急に大量の汗をかいたり、ほてったような感じるになる副作用もSERMは引き起こすことが分かっているが、ホットフラッシュの発生頻度に関しても両薬剤の間には大差がない。

 

そのほかの薬の違いについては、以下のページからどうぞ。

>>> 他の医薬品の違い・比較を見る

RELATED

-骨粗鬆症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.