抗不整脈薬

テノーミン錠(アテノロール)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

テノーミン錠(アテノロール)の効能・効果

テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、β遮断薬に分類される抗不整脈薬狭心症・高血圧治療薬である。

 

簡単に説明すると、テノーミン錠(成分名:アテノロール)は「乱れた脈を整える作用」「心臓の負担を減らし、狭心症発作を予防する作用」「血圧を下げる作用」を持つということである。

 

【テノーミン錠の効能・効果】

◆本態性高血圧症(軽症~中等症)

◆狭心症

◆頻脈性不整脈(洞性頻脈、期外収縮)

 

テノーミン錠(アテノロール)の作用機序

心臓には、心拍数に関与している受容体が存在している。

それが「β1受容体」だ。

 

β1受容体が刺激されると、心臓の動きが促進され、心拍数が増える。

逆にβ1受容体が刺激されないと、心拍数は減少する。

 

【β1受容体の働き】

β1受容体を刺激 → 心拍数増加

β1受容体を遮断 → 心拍数減少

 

ここから分かることは、乱れた脈を整えるにはβ1受容体を遮断し、心拍数が減少するようにしてやれば良いということだ。

 

このような作用機序により、脈を整えるのがテノーミン錠(成分名:アテノロール)である。

つまりテノーミン錠(成分名:アテノロール)は、β1受容体を遮断することにより心拍数を減少させ、乱れた脈を整える薬なのである。

 

またテノーミン錠(成分名:アテノロール)は、狭心症に対しても使用される。

これはテノーミン錠(成分名:アテノロール)のβ1受容体遮断作用により心拍数が減少する結果、心臓への負担が小さくなるためである。

 

スポンサーリンク

テノーミン錠(アテノロール)の特徴

テノーミン錠(成分名:アテノロール)には、以下のような特徴がある。

選択的β1受容体遮断薬

テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、「選択的β1受容体遮断薬」に分類されている。

実はβ受容体には、「β1受容体」と「β2受容体」が存在する。

 

狭心症・不整脈治療薬にとって重要なのはβ1受容体だ。

β1受容体は心臓に存在し、薬がβ1受容体へ作用することにより、狭心症・不整脈に効果を発揮する。

 

一方β2受容体は、気管支に存在する。

薬がβ2受容体へ作用すると、気管支が収縮してしまう。

その結果、呼吸が苦しくなるので、気管支喘息の患者にとっては好ましくない。

 

インデラル錠(成分名:プロプラノロール)ミケラン錠(成分名:カルテオロール)カルビスケン錠(成分名:ピンドロール)ナディック錠(成分名:ナドロール)などの非選択的β受容体遮断薬は、β1受容体だけでなくβ受容体へも作用する。

そのため、これらの薬は気管支喘息の患者に使用できない。

 

一方テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、β1受容体へ選択的に作用する。

気管支へ影響を及ぼすβ2受容体への作用が小さいので、テノーミン錠(成分名:アテノロール)は気管支喘息の患者にも使用可能となっている。

 

 腎排泄型の薬剤

テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、腎臓で排泄されるタイプの薬剤である。

そのため、腎機能が低下している人に対して使用する場合は、投与量を調節するなどの対応をする必要がある。

 

ISA(‐)の薬剤

ISAとはIntrinsic Sympathomimetic Activityの頭文字で、簡単に言ってしまうと「ISA(+)はβ刺激作用を併せ持つβ遮断薬」、そして「ISA(‐)はβ刺激作用を持たないβ遮断薬」だ。

 

【ISA(+)とISA(‐)の違い】

ISA(+):β刺激作用を併せ持つβ遮断薬

ISA(‐):β刺激作用を持たないβ遮断薬

 

テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、ISA(‐)の薬剤である。

ISA(-)は心臓の拍動を減少させるため、不整脈・狭心症に対しての有効性が高いとされている。

 

妊婦に禁忌でない

多くのβ遮断薬は、妊婦に使用することができない。

しかしテノーミン錠(成分名:アテノロール)は、妊婦への使用が禁忌となってない数少ないβ遮断薬である。

 

そのほか妊婦への使用が禁忌となっていないβ遮断薬としては、インデラル錠(成分名:プロプラノロール)がある。

 

高血圧に対して使用される

テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、狭心症や不整脈だけでなく、高血圧症に対しても使用されることがある。

これはテノーミン錠(成分名:アテノロール)には、心拍数低下作用があるためだ。

心拍数低下作用により心臓の働き過ぎを抑え、血圧の上昇を抑制するのである。

 

テノーミン錠(アテノロール)の飲み方

通常、テノーミン錠(成分名:アテノロール)は、以下の量を服用する。

 

【テノーミン錠の用法・用量】

1日の服用量:50mg

1日の服用回数:1日1回

1日の最大服用量:100mg

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

テノーミン錠(アテノロール)の飲み合わせ

テノーミン錠(成分名:アテノロール)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【テノーミン錠の併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

テノーミン錠(アテノロール)の注意点

テノーミン錠(成分名:アテノロール)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【テノーミン錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:自己判断で服用を中止すると、症状が悪化する可能性があるため

 

◆車の運転を始めとする、危険を伴う機械の操作は控える

理由:めまい・ふらつきが引き起こされる可能性があるため

 

◆手術の予定がある場合は相談する

理由:手術前に投与しないことが望ましいため

 

◆オレンジジュースを控える

理由:テノーミン錠の効果が弱くなる可能性があるため

 

スポンサーリンク

テノーミン錠(アテノロール)の禁忌

以下に該当する人は、テノーミン錠(成分名:アテノロール)を服用してはいけない。

 

【テノーミン錠の禁忌】

◆テノーミン錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある人

理由:心筋収縮力の抑制を増強するおそれがあるため

 

◆高度又は症状を呈する徐脈、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆心原性ショックのある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆肺高血圧による右心不全のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆うっ血性心不全のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆低血圧症の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重度の末梢循環障害のある人(壊疽など)

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆未治療の褐色細胞腫の人

理由:急激に血圧が上昇することがあり、テノーミン錠単独で使用できないため

 

テノーミン錠(アテノロール)の副作用

テノーミン錠(成分名:アテノロール)の主な副作用としては「徐脈(脈が遅くなる)」、「めまい」、「体がだるい」などが報告されている。

 

【テノーミン錠の主な副作用】

◆徐脈(脈が遅くなる)

◆めまい

◆体がだるい

 

またテノーミン錠(成分名:アテノロール)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【テノーミン錠の重大な副作用】

徐脈、心不全、心胸比増大;房室ブロック、洞房ブロック、失神を伴う起立性低血圧

症状:脈が遅くなる、全身のむくみ、息苦しい、脈の乱れ、体がだるい、動悸、めまい等

 

◆呼吸困難、気管支痙攣、喘鳴

症状:呼吸が苦しい、息切れ、呼吸音の異常(ヒューヒュー、ゼーゼー)など

 

◆血小板減少症、紫斑病

症状:出血しやすい、青あざができやすい等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

テノーミン錠(アテノロール)を飲み忘れたら

テノーミン錠(成分名:アテノロール)を飲み忘れた場合は、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>>他の抗不整脈薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-抗不整脈薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.