漢方薬

当帰芍薬散の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

当帰芍薬散の効果

漢方医学では、体を温める働きをする陽気と呼ばれるエネルギーが、冷え性に関係していると考えられている。より具体的に言うと、「陽気の循環が上手くいかない」ことや、陽気の不足」によって冷え性が引き起こされるのだ。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、主に足腰が冷えるえ性に使われる漢方薬である。特に婦人科で処方されることが多い。

 

似たような効果の漢方薬には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)があるが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は「体力が落ちている人」に使われ、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は「体力のある人」に使われるという違いがある。

 

当帰芍薬散が向いている人

・足腰が冷える

・生理不順がある

・疲れやすく、体がだるい

・生理中にむくみやすい

・イライラして、めまいがある

・顔色が悪く、貧血っぽい

 

当帰芍薬散の効能・効果

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、血液の循環を改善することによって、体の冷え、生理不順、むくみ、顔色の悪さを伴う貧血などを軽減する。

 

*動物実験では、「排卵誘発作用」、「胎盤血流及び胎児体重の低下が抑制」、「更年期障害に対する作用」が認められている。


当帰芍薬散の特徴

当帰芍薬散の成分

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)には、「当帰(とうき)」、「芍薬(しゃくやく)」、「茯苓(ぶくりょう)」、「白朮(びゃくじゅつ)」、「沢瀉(たくしゃ)」、「川芎(せんきゅう)」の6種類の生薬が配合されている。

 

当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)

・滋養強壮作用

・内分泌機能を整える

 

茯苓(ぶくりょう)、白朮(びゃくじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)

・利尿作用によって、体内の余分な水分を排出させる

 

川芎(せんきゅう)

・血管を拡張させることにより、血行を良くする

 

当帰芍薬散の味

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は「わずかに渋い味」である。

[ad#ad-up]


スポンサーリンク

当帰芍薬散の副作用

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の副作用は、発生頻度は不明であるが、「食欲不振」、「胃の不快感」、「悪心」、「腹痛」、「下痢」、「発疹」、「皮膚のかゆみ」などの副作用が生じることがある。

 

「著しく胃腸の虚弱な人」は食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢等があらわれることがあるため、「食欲不振、悪心、嘔吐のある人」は、症状が悪化することがあるため、服用を控えた方が良い。

 

【主な副作用】

食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢等

発疹、皮膚のかゆみ

 

当帰芍薬散の飲み方

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、成人では1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。「食前」は食事の30分くらい前を意味し、「食間」は食事と食事の間のことで、より分かりやすく言うと、食後2-3時間後のことを指す。

 

スポンサーリンク

当帰芍薬散の市販薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の市販薬は、ツムラから販売されている。

 

処方箋が必要な漢方薬と市販の漢方薬の違いは、1包中に含まれる漢方薬の量である。構成されている生薬は同じだが、処方箋の必要な漢方薬の方が、1包当たりに含まれる薬の量が少し多くなっている。

 

そのため市販の漢方薬は、試しに使ってみたいという人に向いていると言える。

>>> 他の漢方薬の効果・特徴・副作用を見る


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-漢方薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.