漢方薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果

 

漢方医学では、体を温める働きをする陽気と呼ばれるエネルギーが、冷え性に関係していると考えられている。より具体的に言うと、「陽気の循環が上手くいかない」ことや、「陽気の不足」によって冷え性が引き起こされるのだ。

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、主に手足などの体の末梢が冷えてしまう冷え性に使われる漢方薬である。

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯が向いている人

・手、足、腰に冷えを感じている人

・しもやけになりやすい人

・冷房の効いた部屋にいると具合が悪くなる人

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効能・効果

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、手や足などを温める効果がある。体の内側から作用し、冷えによる諸症状を改善する。また、冷えだけでなく、頭痛、お腹の痛み、腰痛なども改善する効果がある。

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の特徴

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の成分

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)には、以下の9種類の生薬が配合された漢方薬である。

 

当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)

・滋養強壮

・筋肉の緊張を和らげ、痛みを抑える

 

桂皮(けいひ)・細辛(さいしん)・生姜(しょうきょう)・呉茱萸(ごしゅゆ)

・血管を拡張させて血行を良くすることにより、体を温める

 

木通(もくつう)

・むくみ(浮腫)を改善させる

 

大棗(たいそう)

・消化・吸収を良くする

 

甘草(かんぞう)

・生薬成分を調和させる

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の味

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は「わずかに甘くて辛い」味である。


スポンサーリンク

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の副作用

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、発生頻度は不明であるが、「食欲不振」、「胃の不快感」、「下痢」、「発疹」、「皮膚のかゆみ」などの副作用が生じることがある。

 

これらの副作用が起こりうるため、「著しく胃腸の虚弱な人」や、「食欲不振、悪心、嘔吐のある人」は慎重に服用する必要がある。

 

また重大な副作用としては「偽アルドステロン症」「ミオパチ―」が知られている。偽アルドステロン症の主な症状としては、低カリウム血症、血圧上昇、浮腫、体重増加などがある。一方、ミオパチ―は手足のけいれん、力が入りにくいなどが主な症状である。

 

【主な副作用】

食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢等

発疹、発赤、皮膚のかゆみ

・偽アルドステロン症

・ミオパチ―


当帰四逆加呉茱萸生姜湯の飲み方

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、成人では1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。「食前」は食事の30分くらい前を意味し、「食間」は食事と食事の間のことで、より分かりやすく言うと、食後2-3時間後のことを指す。

 

また当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)には、飲み合わせに注意した方がよい薬剤が何種類かある。

 

それが「カンゾウ含有製剤」、「グリチルリチン含有製剤」、「利尿薬(ループ利尿薬・チアジド系利尿薬)」である。これらの薬剤と当帰四逆加呉茱萸生姜湯を一緒に服用することにより、体の中のK(カリウム)の排泄が促されてしまう。

 

その結果、「偽アルドステロン症」の副作用が起こりやすくなるため、出来る限り併用を避けることが望ましい。

 

スポンサーリンク

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の市販薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)の市販薬は、松浦漢方から販売されている。

 

処方箋が必要な漢方薬と市販の漢方薬の違いは、1包中に含まれる漢方薬の量である。構成されている生薬は同じだが、処方箋の必要な漢方薬の方が、1包当たりに含まれる薬の量が少し多くなっている。

 

そのため市販の漢方薬は、試しに使ってみたいという人に向いていると言える。

>>> 他の漢方薬の効果・特徴・副作用を見る

RELATED

-漢方薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.