統合失調症治療薬

ロナセン錠(ブロナンセリン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ロナセン錠(ブロナンセリン)の効能・効果

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、SDAに分類される統合失調症治療薬だ。

*SDA:Serotonin-Dopamin Antagonist

 

簡単に説明すると、ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は「興奮や幻覚、妄想を抑える作用」「意欲の低下などを改善する作用」を持つということである。

 

【ロナセン錠の効能・効果】

1:統合失調症

 

ロナセン錠(ブロナンセリン)の作用機序

統合失調症は、100人に1人弱が発症する身近な病気だ。

特に15-30歳の若い世代で発症しやすく、全患者の多くを占める。

 

統合失調症の症状は、大きく2つに分類できる。

それが「陽性症状」「陰性症状」だ。

 

陽性症状は、統合失調症の初期に現れる。

主な症状は「幻覚・幻聴」や「妄想」などで、原因としては脳における過剰なドパミン分泌が挙げられる。

 

つまりドパミンの働きを抑えれば、陽性症状を改善できるのである。

この時に重要な役割を果たすのが「D2受容体」だ。

 

具体的に言うと、D2受容体の働きを阻害すれば、ドパミンの作用を抑制できるので、陽性症状の改善を期待できるのである。

 

そして陽性症状の後に現れるのが、陰性症状である。

陰性症状では「意欲の低下」や「感情表現が乏しくなる」といった症状が現れる。

 

陰性症状の原因は「セロトニンとドパミンのバランスの崩れ」だ。

実はセロトニンには、ドパミンの分泌を抑制する作用がある。

 

セロトニンの働きが過剰になると、ドパミンの量が減り、セロトニンとドパミンのバランスが崩れてしまう。

その結果、意欲の低下を始めとする陰性症状が引き起こされるのだ。

 

つまり陰性症状を改善するには、セロトニンの働きを抑え、ドパミンの働きを強めてやれば良い。

この時に重要な役割を果たすのが「5-HT2受容体」だ。

 

5-HT2受容体の働きを阻害することにより、セロトニンの働きを抑制することが出来る。

その結果ドパミンの量が増え、セロトニンとドパミンのバランスが改善できるのだ。

 

まとめると、陽性症状は「ドパミンの働きを抑える」こと。

そして陰性症状は「セロトニンの働きを抑え、セロトニンとドパミンのバランスを改善する」ことが重要なのだ。

 

以上のような作用機序により、統合失調症の陽性症状と陰性症状を改善するのが、ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)だ。

 

SDA 作用機序

 

つまりロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、D2受容体を遮断することにより陽性症状を、そして5-HT2受容体を遮断することにより陰性症状を改善するのである。

 

スポンサーリンク

ロナセン錠(ブロナンセリン)の特徴

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)には、以下のような特徴がある。

非定型抗精神病薬に分類される

統合失調症治療薬は「定型抗精神病薬」と「非定型抗精神病薬」に大別できる。

その中でもロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、非定型抗精神病薬に分類される薬だ。

 

定型抗精神病薬は、D2受容体遮断作用を有する薬で、統合失調症の陽性症状を軽減する。

一方、非定型抗精神病薬は、陽性症状に加え、陰性症状に対しても効果を期待できるという特徴がある。

 

詳しい「定型抗精神病薬」と「非定型抗精神病薬」の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬の違い・比較

 

D2受容体への作用が強い

前述の通り、ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は「5-HT2受容体遮断作用」と「D2受容体遮断作用」を併せ持つ薬だが、D2受容体への作用の方が強い。

 

D2受容体への作用の方が強いので、錐体外路症状の副作用が発現しやすいというデメリットはあるものの、統合失調症の陽性症状への効果が高い。

*錐体外路症状:手足の震えや筋肉のこわばり、動作が遅くなるなど

 

α₁受容体への親和性が低い

統合失調症治療薬にはα₁受容体への作用があり、この作用によって「低血圧」、「眠気」、「体重増加」などの副作用が現れることがある。

 

しかしロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、α₁受容体への作用が弱い。

そのため、これらの副作用が比較的少ない。

 

食事の影響を受けやすい

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、食事の影響を受けやすい薬剤である。

そのため空腹時に服用すると、薬の吸収が低下し、作用が減弱する可能性がある。

 

逆にふだん食前に服用している人が、食後服用に切り替えると、効果が強く出過ぎる可能性があるので、安易な服用タイミングの変更には注意が必要と言える。

 

グレープフルーツジュースを控える

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)を服用中は、グレープフルーツジュースを控えなければならない。

これはグレープフルーツジュースが、ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)を代謝する酵素(CYP3A4)の働きを阻害し、薬の作用を過度に発現させる可能性があるためである。

 

詳しくは、以下の記事が詳しい。

>>> 薬とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけない理由

 

ロナセン錠(ブロナンセリン)の飲み方

通常、ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、以下の量を服用する。

 

【ロナセン錠の用法・用量】

1回の服用量:4mgより開始し、徐々に増量(増量後は1日当たり8~16mg服用)

1日の服用回数:2回 食後

1日の最大服用量:24mg

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ロナセン錠(ブロナンセリン)の飲み合わせ

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に使用することができない。

 

【ロナセン錠の併用禁忌】

◆アドレナリン(商品名:ボスミン)

理由:血圧降下を起こすことがあるため

 

◆アゾール系抗真菌剤(外用剤を除く)

《イトラコナゾール(商品名:イトリゾール)、ボリコナゾール(商品名:ブイフェンド) 、ミコナゾール(商品名:フロリード) 、フルコナゾール(商品名:ジフルカン) 、ホスフルコナゾール(商品名:プロジフ)》

理由:ロナセン錠(ブロナンセリン)の作用が過度に発現する可能性があるため

 

◆HIVプロテアーゼ阻害剤

《リトナビル(商品名:ノービア)、インジナビル(商品名:クリキシバン)ロピナビル・リトナビル配合剤(商品名:カレトラ)ネルフィナビル(商品名:ビラセプト)、サキナビル(商品名:インビラーゼ)ダルナビル(商品名:プリジスタ)アタザナビル(商品名:レイアタッツ)、ホスアンプレナビル(商品名:レクシヴァ)、テラプレビル(商品名:テラビック)コビシスタット(商品名:スタリビルド)

理由:ロナセン錠(ブロナンセリン)の作用が過度に発現する可能性があるため

 

 

またグレープフルーツジュースと一緒に服用することによって、過度に作用が現れてしまう可能性がある。

そのためロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)の服用中に、グレープフルーツジュースを飲むのは控えた方が良い。

 

詳しくは、以下の記事が詳しい。

>>> 薬とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけない理由

ロナセン錠(ブロナンセリン)の注意点

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ロナセン錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

◆水をたくさん飲む、喉が渇く、頻尿などの症状が現れた場合は相談する

理由:高血糖の副作用である可能性があるため

 

◆原則食後に服用する

理由:空腹時に服用すると、薬の吸収がされにくいため

 

◆アドレナリン、抗真菌剤、抗エイズ薬を使用している場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

◆グレープフルーツジュースは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

スポンサーリンク

ロナセン錠(ブロナンセリン)の禁忌

以下に該当する人は、ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)を服用してはいけない。

 

【ロナセン錠の禁忌】

◆昏睡状態の人

理由:昏睡状態を悪化させるおそれがあるため

 

◆バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある人

理由:眠気や意識の低下などが増強されるおそれがあるため

 

◆アドレナリン、アゾール系抗真菌剤、HIVプロテアーゼ阻害剤を投与中の人

理由:飲み合わせが悪いため

 

◆ロナセン錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

ロナセン錠(ブロナンセリン)の副作用

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)の主な副作用としては「手足の震え」「動作が遅くなる」「唾液の分泌量が増加する」「ソワソワする」「足のムズムズ感」「口をモグモグさせる」「不眠」「眠気」「不安・イライラしやすい」などが報告されている。

 

【ロナセン錠の主な副作用】

◆手足の震え

◆動作が遅くなる

◆唾液の分泌量が増える

◆ソワソワする

◆足のムズムズ感

◆口をモグモグさせる

◆不眠

◆眠気

◆不安・イライラしやすい

 

またロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ロナセン錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆遅発性ジスキネジア

症状:口をモグモグさせる、繰り返し唇をすぼめる、口を突き出すなど

 

◆麻痺性イレウス

症状:食欲不振、吐き気・嘔吐、便秘、お腹の張りなど

 

◆抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

症状:尿量の増加、尿が漏れてしまう、嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害など

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆無顆粒球症、白血球減少

症状:発熱、喉の痛み等

 

◆肺塞栓症、深部静脈血栓症

症状:息切れ、胸の痛み、手足の痛み、浮腫(むくみ)等

 

◆肝機能障害

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

ロナセン錠(ブロナンセリン)を飲み忘れたら

ロナセン錠(成分名:ブロナンセリン)を飲み忘れたら、食後または軽食を取った後に1回分を服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の統合失調症治療薬をチェックする

RELATED

-統合失調症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.