高血圧治療薬

ニューロタン錠(ロサルタン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

ニューロタン錠(ロサルタン)の効能・効果

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)に分類される高血圧治療薬だ。

簡単に説明すると、ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は「血圧を下げる薬」ということである。

 

さらにニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は、血圧を下げる作用に加えタンパク尿を減らし、糖尿病による腎機能の低下を抑える作用」も併せ持っている。

 

【ニューロタン錠の効能・効果】

◆高血圧症

◆高血圧及び蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症

 

ニューロタン錠(ロサルタン)の作用機序

高血圧症は、通常よりも血圧が高い状態だ。

血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、少しずつ血管が硬くなっていく。

 

これは「動脈硬化」と呼ばれ、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になりうる。

このような合併症を予防するためにも、血圧を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

血圧を上げる物質の1つに、「アンジオテンシンⅡ」がある。

このアンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用することにより、血圧が上昇してしまうのだ。

ここから分かることは、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用しないようにしてやれば、血圧の上昇を防ぐことができるということである。

 

このような作用機序により血圧を下げるのが、ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)をはじめとするアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

 

ARB 作用機序

 

つまりニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に結合するのを阻害することにより、血圧を下げるのである。

 

スポンサーリンク

ニューロタン錠(ロサルタン)の特徴

ニューロタン錠(ロサルタン)には、以下のような特徴がある。

 糖尿病性腎症の適応を持つ

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は、「蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症」に対する適応を持つ。

これは他のアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)にはない特徴である。

詳しくは下の記事参照

>>> アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)の違い・比較

 

腎臓は体内の老廃物をろ過する働きをする。

しかし糖尿病により腎機能が低下してしまうと、老廃物を体外に排出ができなくなってしまう。

その結果、老廃物が体の中に残ってしまい、健康を害することになるのだ。

 

糖尿病による腎機能の低下は、透析を導入する原因となる。

そこで腎保護作用のあるニューロタン錠(成分名:ロサルタン)を服用し、腎障害が進むのを抑制するのである。

 

尿酸排泄作用を持つ

尿酸とは痛風の原因物質だ。

尿酸値が高くなると、足の付け根などに強烈な痛みを生じるようになる。

そこで高尿酸血症を合併している高血圧の人に対して、尿酸排泄促進作用のあるニューロタン錠(成分名:ロサルタン)が使用されることがある。

 

プロドラッグ化されたARB

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は、プロドラッグ化されたアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

プロドラッグとは、体の中で代謝を受けることによって、その作用を発揮する薬だ。

代謝を受けなければ、薬としての作用は現れない。

 

プロドラッグ化するメリットには「副作用の軽減」や「作用の持続化」、「体への吸収率の改善」などがある。

詳しくは以下の記事参照

>>> アンテドラッグとプロドラッグの違い-それぞれの作用と代表的な薬-

 

副作用が少ない

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)を始めとするARBは副作用が少ない。

重篤な副作用はほとんどなく、投与量を上げても副作用が増加しにくいとされている。

 

ACE阻害薬よりも降圧作用が強い

一般的にニューロタン錠(成分名:ロサルタン)をはじめとするARBは、ACE阻害薬よりも血圧を下げる作用が強いと言われている。

これには両者の作用機序が関係している。

 

血圧を上げる物質であるアンジオテンシンⅡの産生には、キマーゼが7割、そしてACEが3割関与している。

ACE阻害薬はその名の通りACEを阻害するのであって、キマーゼ由来のアンジオテンシンⅡの産生を抑制することが出来ない。

ARB 作用機序

 

しかしARBは、アンジオテンシンⅡがどちらの経路で産生されようと関係ない。

なぜかというと、アンジオテンシンⅡがAT受容体に結合するのを阻害することにより、血圧を下げるためである。

このような理由により、ARBはACE阻害薬よりも高い降圧作用を示すと言われている。

 

ニューロタン錠(ロサルタン)の飲み方

通常、ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)は、以下の量を服用する。

 

【ニューロタン錠の用法・用量】

▼高血圧症

1回の服用量:25〜50mg

1日の服用回数:1日1回

1日の最高用量:100mg

 

▼高血圧及び蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症

1回の服用量:50mg

1日の服用回数:1日1回

1日の最高用量:100mg

(ただし、過度の血圧低下を起こす可能性のある患者等では25mgから投与を開始)

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ニューロタン錠(ロサルタン)の飲み合わせ

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ニューロタン錠の併用禁忌薬】

なし

ニューロタン錠(ロサルタン)の注意点

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ニューロタン錠の注意点】

◆高い場所での作業、車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:血圧が下がり、めまい・ふらつきが生じる可能性があるため

 

◆手術の予定がある人は、ニューロタン錠を服用中だということを主治医に伝える

理由:麻酔や手術により、過度な血圧低下を生じることがあるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は、主治医に相談する

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため。

(胎児・新生児の奇形や死亡などが報告されている)

 

スポンサーリンク

ニューロタン錠(ロサルタン)の禁忌

下記に該当する人は、ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)を服用してはいけないことになっている。

 

【ニューロタン錠の禁忌】

◆ニューロタンの成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため。

 

◆妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため。

(胎児・新生児の奇形や死亡などが報告されている)

 

◆重篤な肝障害のある患者

理由:降圧作用が過度に現れる可能性があるため。

(外国において、軽・中等度のアルコール性肝硬変患者では血漿中濃度が上昇することが報告されている。)

 

◆アリスキレンを投与中の糖尿病患者

理由:非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスク増加が報告されているため。

 

ニューロタン錠(ロサルタン)の副作用

ニューロタン錠(ロサルタン)の主な副作用としては、頭痛、めまい、嘔吐・嘔気(吐き気)、ほてりなどがある。

 

【ニューロタン錠の主な副作用】

◆頭痛

◆めまい

◆嘔吐

◆嘔気(吐き気)

◆ほてり

 

またニューロタン錠(成分名:ロサルタン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ニューロタン錠の重大な副作用】

◆アナフィラキシー

症状:不快感、口内異常感、発汗、蕁麻疹、呼吸困難、全身潮紅、浮腫など

 

◆血管浮腫

症状:まぶた・唇・舌の腫れ、息苦しい、蕁麻疹など

 

◆急性肝炎または劇症肝炎

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆腎不全

症状:むくみ、尿量の減少、吐き気、頭痛、貧血、食欲不振、喉が渇くなど

 

◆ショック失神意識消失

症状:意識が薄れる、冷や汗、息切れ、めまい、考えがまとまらないなど

 

◆横紋筋融解症

症状:力が入りにくい(脱力感)、筋肉痛、手足がしびれる、赤褐色の尿

 

◆高カリウム血症

症状:手足や唇のしびれ、力が入りにくいなど

 

◆不整脈

症状:脈の乱れ

 

◆汎血球減少白血球減少血小板減少

症状:鼻血、歯茎の出血、青あざ、めまい、息切れ、耳鳴りなど

 

◆低血糖

症状:力が入りにくい(脱力感)、冷や汗、集中力の低下、空腹感など

 

◆低ナトリウム血症

症状:体がだるい、食欲不振、吐き気、嘔吐、痙攣、意識障害など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

ニューロタン錠(ロサルタン)を飲み忘れたら

ニューロタン錠(成分名:ロサルタン)を飲み忘れたら、思い出したときにすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に1度に2回分の薬を服用してはいけない。

>>> 他の高血圧治療薬をチェックする

RELATED

-高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.