高血圧治療薬

イルトラ配合錠の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

イルトラ配合錠の効能・効果

イルトラ配合錠は、イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)が配合された高血圧治療薬だ。

 

より簡単に言うと、イルトラ配合錠は「血圧を下げる薬」ということである。

 

【イルトラ配合錠の効能・効果】

◆高血圧症

 

イルトラ配合錠の作用機序

高血圧症は、通常よりも血圧が高い状態だ。

血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、少しずつ血管が硬くなっていく。

 

これは「動脈硬化」と呼ばれ、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になりうる。

このような合併症を予防するためにも、血圧を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

前述の通り、イルトラ配合錠は、イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)が配合された薬だ。

そのため、2つの作用機序から血圧を下げる。

 

イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)の作用機序

イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)は、ARBに分類される高血圧治療薬だ。

 

血圧を上げる物質の1つに、「アンジオテンシンⅡ」がある。

このアンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用することにより、血圧が上昇してしまうのだ。

 

ここから分かることは、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用しないようにしてやれば、血圧の上昇を防ぐことができるということである。

このような作用機序により血圧を下げるのが、イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)をはじめとするアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

 

ARB 作用機序

つまりイルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)は、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に結合するのを阻害することにより、血圧を下げるのである。

 

トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)の作用機序

トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)は、チアジド系利尿薬に分類される利尿剤だ。

 

高血圧症は、体内の血液量と大きく関係している。

なぜかというと、血液の量が多ければ多いほど、血液を押し出す力が必要になるからだ。

血液の量が多いと、それだけ血圧が上がりやすくなってしまう。

 

つまり血圧を下げるためには、体内の血液量を減らしてやれば良い。

血液量を減らす方法の1つが、「尿として水分を排出させる」というものだ。

 

尿は外へと排出される過程で、尿細管という場所を通る。

尿が尿細管を通る時、アミノ酸や糖、水分をはじめとする物質は血管内で再び吸収されている。

 

この時に水分がたくさん再吸収されるようだと、血液量が多くなるため血圧が上がってしまう。

つまり尿細管で水分が再吸収されないようにすれば、血圧の上昇を抑制できるということだ。

 

尿細管は部位によって何種類かに分類されているが、トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)は「遠位尿細管」に作用するタイプの薬である。

つまり遠位尿細管からの水分の吸収を阻害することにより、トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)は尿量を増やして高血圧を改善するのである。

 

チアジド系利尿薬

 

この時に覚えておきたいのが、尿中のナトリウムの役割だ。

実はナトリウムと水は一緒に動くという性質がある

つまり、ナトリウムが吸収されれば水も吸収されるし、ナトリウムが吸収されなければ水も吸収されないということだ。

 

遠位尿細管には、ナトリウムを再吸収する「ナトリウムの運び屋」が存在する。

この輸送体がナトリウムを再吸収すると、水分まで一緒に吸収されてしまう。

その結果、体内の水分量が多くなり、血圧も上がるようになる。

 

ここから分かることは、「ナトリウムの運び屋」の働きを阻害すれば、血圧上昇を抑制できるということだ。

このような作用機序により、血圧を下げるのがトリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)である。

 

つまりトリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)は、遠位尿細管に存在するナトリウムの輸送体の働きを阻害することにより、血圧を下げるのである。

 

スポンサーリンク

イルトラ配合錠のの特徴

イルトラ配合錠には、以下のような特徴がある。

ARB/利尿薬の配合剤

イルトラ配合錠はARBと利尿薬が配合された薬で、イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)が配合されている。

 

【イルトラ配合錠】

ARB:イルベサルタン(商品名:イルベタン・アバプロ)

利尿薬:トリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)

 

高血圧症では、1つの薬だけで血圧が十分に下がらなくなると、複数の薬を服用して血圧をコントロールする。

しかし服用する薬が増えると、服用方法を間違えてしまうリスクが高くなってしまうのだ。

 

そこで飲み間違いのリスクを減らすために、イルトラ配合錠のような、複数の成分を配合した薬を使用する。

配合剤に切り替えることにより、服用する薬の数が少なくなるため、服用ミスを減らすことができるのである。

 

イルトラ配合錠LDとイルトラ配合錠HDの違い

イルトラ配合錠は、「イルトラ配合錠LD」と「イルトラ配合錠HD」の2種類が販売されている。

これら2種類の違いは、有効成分の含有量だ。

 

イルトラ配合錠LDは「イルベサルタン100mg」と「トリクロルメチアジド1mg」が配合。

そしてイルトラ配合錠HDは、「イルベサルタン200mg」と「トリクロルメチアジド1mg」が配合されている。

 

つまり両者は、トリクロルメチアジドの含有量には違いがない。

一方イルベサルタンの含有量は、「イルトラ配合錠HD」の方が多くなっている。

 

【イルトラ配合錠LDの有効成分】

イルベサルタン:100mg

トリクロルメチアジド:1mg

 

【イルトラ配合錠HDの有効成分】

イルベサルタン:200mg

トリクロルメチアジド:1mg

 

第一選択薬としては使用しない

イルトラ配合錠は、高血圧治療の第一選択薬としては用いられない。

原則として、下記のどちらかに該当する場合に、イルトラ配合錠への切り替えを検討する。

 

【イルトラ配合錠LDへの切り替え】

◆イルベサルタン100mgで効果不十分な場合

 

【イルトラ配合錠HDへの切り替え】

◆イルベサルタン200mg、又はイルトラ配合錠LDで効果不十分な場合

 

イルトラ配合錠の飲み方

通常、イルトラ配合錠は、以下の量を服用する。

 

【イルトラ配合錠の用法・用量】

1回の服用量:1錠

1日の服用回数:1日1回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医の指示通りに服用すること

 

スポンサーリンク

イルトラ配合錠の飲み合わせ

イルトラ配合錠には、一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【イルトラ配合錠の併用禁忌】

なし

イルトラ配合錠の注意点

イルトラ配合錠を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【イルトラ配合錠の注意点】

◆高い場所での作業、車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:血圧が下がり、めまい・ふらつきが生じる可能性があるため

 

◆手術の予定がある人は相談する

理由:麻酔や手術により、過度な血圧低下を生じることがあるため

 

◆利尿薬を服用している人は相談する

理由:一過性の血圧低下を生じる可能性があるため

 

◆減塩療法を受けている人は相談する

理由:一過性の血圧低下を生じる可能性があるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:飲酒により、降圧作用が増強される可能性があるため

 

◆できるだけ午前中に服用する

理由:夜間にトイレへ行きたくなってしまうため

(ただし医師の指示がある場合は、この限りでない)

 

スポンサーリンク

イルトラ配合錠の禁忌

以下に該当する人は、イルトラ配合錠を服用してはいけないことになっている。

 

【イルトラ配合錠の禁忌】

◆イルトラ配合錠の成分に対する過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆チアジド系薬剤又はその類似化合物に対する過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため

 

◆無尿(尿が少ない状態)の人または透析中の人

理由:トリクロルメチアジドの効果が期待できないため

 

◆急性腎不全の人

理由:腎機能を悪化させる可能性があるため

 

◆体液中のナトリウム、カリウムが明らかに減少している人

理由:電解質異常を起こすおそれがあるため

 

◆アリスキレンフマル酸塩を投与中の糖尿病患者

理由:非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスク増加が報告されているため

 

イルトラ配合錠の副作用

イルトラ配合錠の主な副作用としては、尿酸値の上昇、めまい、頭痛、体がだるい、咳などが報告されている。

 

【イルトラ配合錠の主な副作用】

◆尿酸値の上昇

◆めまい

◆頭痛

◆体がだるい

◆咳

 

またイルトラ配合錠には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【イルトラ配合錠の重大な副作用】

◆血管浮腫

症状:まぶた・唇・舌の腫れ、息苦しい、蕁麻疹など

 

◆ショック、失神、意識消失

症状:意識が薄れる、冷や汗、息切れ、めまい、考えがまとまらないなど

 

◆高カリウム血症

症状:手足や唇のしびれ、力が入りにくいなど

 

◆低ナトリウム血症

症状:体がだるい、食欲不振、吐き気、嘔吐、けいれん、意識障害など

 

◆腎不全

症状:むくみ、尿量の減少、吐き気、頭痛、貧血、食欲不振、喉が渇くなど

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆低血糖

症状:力が入りにくい(脱力感)、冷や汗、集中力の低下、空腹感など

 

横紋筋融解症

症状:力が入りにくい(脱力感)、筋肉痛、手足がしびれる、赤褐色の尿など

 

◆再生不良性貧血

症状:疲れやすい、動悸、息切れ、青あざができやすい、出血しやすい等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

イルトラ配合錠を飲み忘れたら

イルトラ配合錠を飲み忘れたら、思い出したときにすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の高血圧治療薬をチェックする

RELATED

-高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.