高血圧治療薬

イルベタン・アバプロ錠(イルベサルタン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

イルベタン・アバプロ錠の効能・効果

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)に分類される高血圧治療薬だ。

簡単に説明すると、イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は「血圧を下げる薬」ということである。

 

【イルベタン・アバプロ錠の効能・効果】

◆高血圧症

 

イルベタン・アバプロ錠の作用機序

高血圧症は、通常よりも血圧が高い状態だ。

血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、少しずつ血管が硬くなっていく。

 

これは「動脈硬化」と呼ばれ、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になりうる。

このような合併症を予防するためにも、血圧を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

血圧を上げる物質の1つに、「アンジオテンシンⅡ」がある。

このアンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用することにより、血圧が上昇してしまうのだ。

ここから分かることは、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用しないようにしてやれば、血圧の上昇を防ぐことができるということである。

 

このような作用機序により血圧を下げるのが、イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)をはじめとするアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

 

ARB 作用機序

 

つまりイルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に結合するのを阻害することにより、血圧を下げるのである。

 

スポンサーリンク

イルベタン・アバプロ錠の特徴

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)には、以下のような特徴がある。

24時間持続して降圧作用を示す

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)の半減期(血中濃度が半分になる時間)は、20時間弱と他のアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)に比べて長い。

そのためイルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、1日1回の服用で24時間持続的に血圧を下げる効果がある。

 

腎保護作用が唯一認められている

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、海外の大規模臨試験にて腎保護作用が認められているアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

「2型糖尿病性腎症の早期」や「顕性腎症」での有用性が示されている。

 

尿酸排泄作用が報告されている

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)には、尿酸排泄作用が報告されている。

そのため、高尿酸血症を合併した高血圧症の人に対して使われることがある。

 

イルベタンとアバプロの違い

「イルベタン錠」と「アバプロ錠」は、商品名は異なるが成分は同じである。

違うのは販売元であり、イルベタン錠が「塩野義製薬」、アバプロ錠が「大日本住友製薬」がとなっている。

 

インバースアゴニスト作用を持つ

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、インバースアゴニスト作用を持つ。

インバースアゴニスト作用とは、「受容体の作用を抑制する作用」だ。

 

より簡単に言うと、インバースアゴニスト作用は「臓器の保護作用」に関与している。

つまりインバースアゴニスト作用があると、「心臓や腎臓などに対する保護効果を発揮する」ということである。

 

副作用が少ない

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)を始めとするARBは副作用が少ない。

重篤な副作用はほとんどなく、投与量を上げても副作用が増加しにくいとされている。

 

ACE阻害薬よりも降圧作用が強い

一般的にイルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)をはじめとするARBは、ACE阻害薬よりも血圧を下げる作用が強いと言われている。

これには両者の作用機序が関係している。

 

血圧を上げる物質であるアンジオテンシンⅡの産生には、キマーゼが7割、そしてACEが3割関与している。

ACE阻害薬はその名の通りACEを阻害するのであって、キマーゼ由来のアンジオテンシンⅡの産生を抑制することが出来ない。

ARB 作用機序

 

しかしARBは、アンジオテンシンⅡがどちらの経路で産生されようと関係ない。

なぜかというと、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に結合するのを阻害することにより、血圧を下げるためである。

このような理由により、ARBはACE阻害薬よりも高い降圧作用を示すと言われている。

 

イルベタン・アバプロ錠の飲み方

通常、イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、以下の量を服用する。

 

【イルベタン・アバプロ錠の用法・用量】

1回の服用量:50〜100mg

1日の服用回数:1日1回

1日の最高用量:200mg

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

イルベタン・アバプロ錠の飲み合わせ

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)には、一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【イルベタン・アバプロ錠の併用禁忌】

なし

イルベタン・アバプロ錠の注意点

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【イルベタン・アバプロ錠の注意点】

◆高い場所での作業、車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:血圧が下がり、めまい・ふらつきが生じる可能性があるため

 

◆手術の予定がある人は、イルベタン・アバプロ錠を服用中だということを主治医に伝える

理由:麻酔や手術により、過度な血圧低下を生じることがあるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は、主治医に相談する

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため

(胎児・新生児の奇形や死亡などが報告されている)

 

スポンサーリンク

イルベタン・アバプロ錠の禁忌

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)は、下記に該当する人は服用してはいけないことになっている。

 

【イルベタン・アバプロ錠の禁忌】

◆イルベタン・アバプロ錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため。

 

◆妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため。

(胎児・新生児の奇形や死亡などが報告されている)

 

◆アリスキレンフマル酸塩を投与中の糖尿病患者

理由:非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスク増加が報告されているため。

 

イルベタン・アバプロ錠の副作用

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)の主な副作用としては、めまい、咳、頭痛などが報告されている。

 

【イルベタン・アバプロ錠の主な副作用】

◆めまい

◆咳

◆頭痛

 

またイルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【イルベタン・アバプロ錠の重大な副作用】

◆血管浮腫

症状:まぶた・唇・舌の腫れ、息苦しい、蕁麻疹など

 

◆高カリウム血症

症状:手足や唇のしびれ、力が入りにくいなど

 

◆ショック、失神、意識消失

症状:意識が薄れる、冷や汗、息切れ、めまい、考えがまとまらないなど

 

◆腎不全

症状:むくみ、尿量の減少、吐き気、頭痛、貧血、食欲不振、喉が渇くなど

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆低血糖

症状:力が入りにくい(脱力感)、冷や汗、集中力の低下、空腹感など

 

◆横紋筋融解症

症状:力が入りにくい(脱力感)、筋肉痛、手足がしびれる、赤褐色の尿など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

イルベタン・アバプロ錠を飲み忘れたら

イルベタン・アバプロ錠(成分名:イルベサルタン)を飲み忘れたら、思い出したときにすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の高血圧治療薬をチェックする

RELATED

-高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.