薬の基礎知識 高血圧治療薬

病院で処方される高血圧の薬について分かりやすく解説する

投稿日:

代表的な生活習慣病の1つに高血圧がある。

高血圧は適切に治療しないと、様々な病気を引き起こす。

そこでこの記事では、高血圧の治療に使われる薬についてまとめた。

 

スポンサーリンク

高血圧とは

高血圧は代表的な生活習慣病の1つで、日本には約4000万もの患者がいると言われている。

 

では、高血圧の何が問題なのか。

それは動脈硬化や脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの重大な病気につながることだ。

そのため血圧が高い場合は、自覚症状がなかったとしても治療を行い、血圧を正常値にコントロールする必要がある。

 

高血圧は、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合と定義されている。

 

【高血圧の定義】

収縮期血圧:140mmHg以上

拡張期血圧:90mmHg以上

 

収縮期血圧とは心臓が収縮し、血液を全身に送り出す時の血圧だ。

この時、最も血圧が高くなる。

 

一方、拡張期血圧とは心臓が収縮して、再び拡張する時の血圧を指す。

この時が最も血圧が低くなる。

 

高血圧の原因

実は高血圧が発症する直接的な原因は不明である。

ただし遺伝的な体質や喫煙、塩分・アルコールの過剰摂取、運動不足などが関係していることは分かっている。

 

つまり高血圧治療では、生活習慣の改善が非常に重要であるということだ。

薬を使用したとしても、生活習慣が改善されなければ、高血圧は改善しないのである。

 

高血圧

 

スポンサーリンク

本態性高血圧と二次性高血圧の違い

高血圧症には、本態性高血圧と二次性高血圧に大別される。

 

本態性高血圧

本態性高血圧は、直接的な原因が不明の高血圧のことを指す。

要するに、生活習慣や遺伝などが原因となる高血圧が本態性高血圧ということだ。

高血圧全体の90%程度が、本態性高血圧である。

 

二次性高血圧

二次性高血圧は、原因が分かる高血圧だ。

つまり、ホルモンや腎臓の異常など、他の病気が原因で引き起こされる高血圧である。

高血圧全体の約10%が、二次性高血圧に属する。

[ad#ad-up]

高血圧に使われる薬

高血圧に使われる薬には、以下のようなものがある。

 

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)は、血管を拡張させることによって血圧を下げる薬だ。

 

血管は、血管平滑筋細胞にあるアンジオテンシンⅡ受容体に、アンジオテンシンⅡが結合することによって収縮する。

その結果、血圧が上昇するのだ。

 

ここから分かることは、受容体にアンジオテンシンⅡが結合するのをブロックできれば、血管収縮が抑制されるので血圧を下げることができるということである。

このような作用機序により、血圧を下げるのがアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

 

【主なアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)】

◆ ニューロタン(成分名:ロサルタン)

◆ ミカルディス(成分名:テルミサルタン)

◆ オルメテック(成分名:オルメサルタン)

◆ ディオバン(成分名:バルサルタン)

◆ ブロプレス(成分名:カンデサルタン)

◆ イルベタン、アバプロ(成分名:イルベサルタン)

◆ アジルバ(成分名:アジルサルタン)

 

各薬剤の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)の違い・比較

 

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)

アンジオテンシンⅡ変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)は、血管を拡張させることによって血圧を下げる薬だ。

 

前述のアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)は、アンジオテンシンⅡが受容体に作用しないようにして血圧を下げる薬である。

一方、アンジオテンシンⅡ変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)は、アンジオテンシンⅡの産生を抑えることによって降圧作用を示す

 

【主なACE阻害薬】

◆ エースコール(成分名:テモカプリル)

◆ カプトリル(成分名:カプトプリル)

◆ コバシル(成分名:ぺリンドプリル)

◆ タナトリル(成分名:イミダプリル)

◆ ロンゲス(成分名:リシノプリル)

◆ レニベース(成分名:エナラプリル)

 

各薬剤の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 主なACE阻害薬の違い・比較

 

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、血管を拡張させることによって血圧を下げる薬だ。

 

血圧に関与している物質は、アンジオテンシンだけではない。

実はカルシウムも関与しているのだ。

具体的には、血管の細胞内へカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上昇する。

 

ここから分かることは、血管の細胞内へカルシウムが流入しないようにすれば血管が拡張するので、血圧を下げられるということだ。

このような作用機序により血圧を下げるのが、カルシウム拮抗薬である。

 

【主なCa拮抗薬】

◆ アダラート(成分名:ニフェジピン)

◆ アテレック(成分名:シルニジピン)

◆ カルスロット(成分名:マニジピン)

◆ カルブロック(成分名:アゼルニジピン)

◆ コニール(成分名:ベニジピン)

◆ ノルバスク、アムロジン(成分名:アムロジン)

◆ バイミカード(成分名:二ソルジピン)

◆ ヘルベッサーR(成分名:ジルチアゼム)

◆ ランデル(成分名:エホニジピン)

 

各薬剤の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> カルシウムチャネル拮抗薬(Ca拮抗薬)の違い・比較

 

利尿薬

利尿薬は尿を出すことによって血圧を下げる薬だ。

体内における水分量が増えると、体をめぐる血液の量も増える。

これが原因となって、血圧が上昇するのである。

 

そこで利尿薬を服用することにより、尿の排泄を促進する。

そうすると体内の血液量が減るので、血圧を下げることができるのだ。

 

【主な利尿薬】

ルプラック(成分名:トラセミド)

フルイトラン(成分名:トリクロルメチアジド)

アルダクトンA(成分名:スピロノラクトン)

 

各薬剤の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> ループ利尿薬、チアジド系利尿薬、K保持性利尿薬の違い・比較

 

直接的レニン阻害薬

直接的レニン阻害薬は、血圧を上昇させる原因物質を作るレニンの働きを抑える薬である。

 

レニンは酵素の一種で、血圧を上げる物質アンジオテンシンIの産生に関与している。

そこでレニンの働きを直接抑える。

その結果、血圧を上げるアンジオテンシンIの産生が減るため血圧が下がるのだ。

 

【主な直接的レニン阻害薬】

◆ラジレス(成分名:アリスキレン)

 

選択的アルドステロン拮抗薬

選択的アルドステロン拮抗薬は、アルドステロンと呼ばれる血圧を上げるホルモンの作用を抑える薬だ。

具体的に言うと、アルドステロンが鉱質コルチコイド受容体に作用するのを阻害することによって、降圧作用を示す。

 

【主な選択的アルドステロン拮抗薬】

◆セララ(成分名:エプレレノン)

 

α遮断薬

血管平滑筋にはα1受容体がある。

この受容体にカテコールアミンが作用することにより、血管が収縮し血圧が上昇するのだ。

 

つまりα1受容体をブロックし、カテコールアミンが受容体に作用しなくなれば、血圧を下げられることが分かる。

このような作用機序により降圧作用を示すのが、α遮断薬である。

 

【主なα遮断薬】

◆カルデナリン(成分名:ドキサゾシン)

◆ミニプレス(成分名:プラゾシン)

◆デタントール(成分名:ブナゾシン)

◆エブランチル(成分名:ウラピジル)

 

β遮断薬

β遮断薬は、心筋の収縮力を低下させる作用をもつ。

心筋の収縮力が低下すると、心臓から押し出される血液量が低下するので、血圧を下げることができるのだ。

 

心臓にはβ受容体がある。

このβ受容体に、ホルモンが結合すると心筋が収縮し血圧が上昇する。

 

つまりβ受容体をブロックすれば、心筋の収縮が抑えられるので、血圧の上昇を抑制できるということだ。

このような作用機序により降圧作用を示すのが、β遮断薬である。

 

【主なβ遮断薬】

◆ミケラン(成分名:カルテオロール)

◆インデラル(成分名:プロプラノロール)

◆カルビスケン(成分名:ピンドロール)

◆テノーミン(成分名:アテノロール)

◆メインテート(成分名:ビソプロロール)

◆セロケン(成分名:メトプロロール)

◆ケルロング(成分名:ベタキソロール)

 

αβ遮断薬

αβ遮断薬は、前述のα遮断薬とβ遮断薬の作用を併せ持つ薬だ。

つまりα遮断作用による血管拡張作用・β遮断作用による心収縮力抑制作用により、血圧を下げるのがαβ遮断薬である。

 

【主なαβ遮断薬】

◆アルマール(成分名:アロチノロール)

◆アーチスト(成分名:カルベジロール)

RELATED

-薬の基礎知識, 高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.