狭心症治療薬 高血圧治療薬

アーチスト錠(カルベジロール)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

アーチスト錠(カルベジロール)の効能・効果

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、α・β遮断薬に分類される高血圧・狭心症治療薬だ。

簡単に説明すると、アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は「血圧を下げる作用」「心臓への負担を減らし、狭心症発作を予防する作用」をもつということである。

 

またアーチスト錠(成分名:カルベジロール)には、「心不全の進行を抑え、心不全の症状を改善する作用」も認められている。

 

【アーチスト錠の効能・効果】

1:本態性高血圧症(軽症~中等症)

2:腎実質性高血圧症

3:狭心症

4:虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全(アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者)

5:頻脈性心房細動

 

アーチスト錠(カルベジロール)の作用機序

高血圧症は、通常よりも血圧が高い状態だ。

血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、少しずつ血管が硬くなっていく。

 

これは「動脈硬化」と呼ばれ、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になりうる。

このような合併症を予防するためにも、血圧を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

血圧が上昇してしまう原因としては、「心臓から送り出される血液量の増加」「血液が血管内をスムーズに通れないこと」が挙げられる。

つまり高血圧を改善するには、この2つの原因を取り除いてやれば良い。

 

【血圧が上昇する原因】

1:心臓から送り出される血液量の増加

2:血液が血管内をスムーズに通れない

 

上記2つの原因を取り除くために、重要な働きをするのが「α受容体」「β受容体」だ。

 

α受容体は血管に存在し、刺激されると血管が収縮し、血液が血管内をスムーズに通れなくなってしまう。

そしてβ受容体は心臓に存在し、刺激されると心臓の拍動が増え、心臓から送り出される血液量が増加する。

 

【各受容体の分布】

α受容体:血管

β受容体:心臓

 

ここから分かることは、α受容体を遮断すれば血管が拡張するので、血液が血管内をスムーズに通れるようになり、β受容体を遮断すれば心臓の拍動が減り、心臓から送り出される血液量が低下するということだ。

その結果、血圧の上昇を抑制することができる。

 

【各受容体の働き】

α受容体遮断:血管の拡張

β受容体遮断:心臓から送りだされる血液量の低下

 

このような作用機序により、高血圧を改善するのがアーチスト錠(成分名:カルベジロール)だ。

つまりアーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、α受容体とβ受容体を遮断することにより、血圧を下げるのである。

 

またアーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、狭心症に対しても使われる。

狭心症は胸に痛みが走る病気で、血流が悪くなることによって、心臓に酸素を送れなくなった結果、引き起こされるのだ。

 

要するに血流を良くすれば、狭心症は起こりにくくなるのである。

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)はα受容体遮断作用により、血管を拡張させ血流を良くできる。

さらにはβ受容体を遮断することにより、心臓の拍動が減るため、心臓への負担も軽減可能だ。

 

以上のような理由により、アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、狭心症に対しても有効なのである。

 

スポンサーリンク

アーチスト錠(カルベジロール)の特徴

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)には、以下のような特徴がある。

1日1回の服用で効果を期待できる

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、長時間に渡って効果が持続する。

そのため、1日1回の服用で効果を期待できる。

 

α受容体とβ受容体を1:8の割合で遮断する

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、α受容体とβ受容体を同じくらいの強さで遮断するわけではなく、1:8程度の割合で遮断する。

 

つまりアーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、β受容体による心臓の拍動を抑制する作用がメインであり、α受容体による血管拡張作用は補助的な作用と言える。

 

気管支喘息の人は使用できない

実はβ受容体には「β1受容体」と「β2受容体」がある。

前述の通り、心臓に関与するβ1受容体は、狭心症や高血圧の治療に非常に重要な役割を果たしている。

 

一方β2受容体は気管支に存在し、刺激されると気管支を拡張させ、遮断されると気管支を収縮させる。

ここから分かることは、β1受容体に加えβ2受容体も遮断すると、気管支を収縮させてしまうので、気管支に由来する副作用が生じやすくなるということだ。

 

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、β1受容体だけではなく、β2受容体も遮断してしまう。

そのため気管支への影響が大きく、気管支喘息の症状を悪化させるおそれがあるので、アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、喘息の人に使用できない。

 

慢性心不全に対して使われる

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、高血圧や狭心症だけでなく、「慢性心不全」に対しても使われる。

 

以前は、アーチスト錠(成分名:カルベジロール)のようなβ遮断作用をもつ薬は、心臓の働きを抑制するため、慢性心不全の症状を悪化されると考えれていた。

しかし近年になって、少量から徐々に増量することにより、むしろ心臓の負担が減って、心臓の機能が回復することが分かってきたのだ。

 

つまりアーチスト錠(成分名:カルベジロール)がもつ心臓への負担を軽減する作用を期待し、慢性心不全に対して使われるのである。

 

頻脈性心房細動 に対して使われる

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、高血圧や狭心症だけでなく、「頻脈性心房細動」に対しても使われる。

 

頻脈性心房細動の治療方法の1つとして、心拍数を調整するという方法がある。

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、β1受容体を遮断し、心拍数を減らすことによって、頻脈を改善する。

 

アーチスト錠(カルベジロール)の飲み方

通常、アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、以下の量を服用する。

 

【アーチスト錠の用法・用量】

▼本態性高血圧症(軽症~中等症)

1回の服用量:10~20mg

1日の服用回数:1回

1日の最高用量:年齢、症状により適宜増減

 

▼腎実質性高血圧症

1回の服用量:10~20mg

1日の服用回数:1回

1日の最高用量:年齢、症状により適宜増減

 

▼狭心症

1回の服用量:20mg

1日の服用回数:1回

1日の最高用量:年齢、症状により適宜増減

 

▼次の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者

《虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全》

1回1.25mg、1日2回食後の服用から開始する。

1回1.25mg、1日2回の用量で、副作用などの問題がある場合は、1週間以上の間隔で症状を確認しながら段階的に増量し、副作用などの問題がみられる場合は減量する。

 

用量の増減は必ず段階的に行い、1回服用量は1.25mg、2.5mg、5mgまたは10mgのいずれかとし、いずれの用量においても、1日2回食後に服用する。

通常、標準的な1日の服用量は、1回2.5~10mgを1日2回とする。

 

なお、年齢、症状により、開始用量はさらに低用量としてもよい。

また、薬の効果を観察しながら、1日の服用量を適宜増減する。

 

▼頻脈性心房細動

1回5mg、1日1回の服用から開始する。

効果が不十分な場合は、10mgを1日1回、20mgを1日1回へ段階的に増量する。

なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日の最大服用量は20mgを1日1回までとする。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

アーチスト錠(カルベジロール)の飲み合わせ

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)は、一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【アーチスト錠の併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

アーチスト錠(カルベジロール)の注意点

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【アーチスト錠の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆高い場所での作業、車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:血圧が下がり、めまい・ふらつきが生じる可能性があるため

 

◆手術の予定がある場合は相談する

理由:手術前は服用しないほうがよいため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないため

 

スポンサーリンク

アーチスト錠(カルベジロール)の禁忌

以下に該当する人は、アーチスト錠(成分名:カルベジロール)を服用してはいけないことになっている。

 

【アーチスト錠の禁忌】

◆気管支喘息、気管支痙攣のおそれのある人

理由:喘息症状の誘発、悪化を起こすおそれがあるため

 

◆糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある人

理由:心臓の収縮力を過度に弱めるおそれがあるため

 

◆高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロックのある人

理由:症状を悪化させるおそれがあるため

 

◆心原性ショックのある人

理由:症状を悪化させるおそれがあるため

 

◆強心薬または血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全患者

理由:心不全が悪化するおそれがあるため

 

◆非代償性の心不全患者

理由:心不全が悪化するおそれがあるため

 

◆肺高血圧による右心不全のある人

理由:症状を悪化させるおそれがあるため

 

◆未治療の褐色細胞腫の人

理由:急激に血圧が上昇するおそれがあるため

 

◆妊婦または妊娠している可能性のある婦人

理由:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないため

 

◆アーチスト錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

アーチスト錠(カルベジロール)の副作用

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)の主な副作用としては「心不全の悪化「血圧の低下」「動悸」「脈が遅くなる(徐脈)」「めまい」「糖尿病の悪化」などが報告されている。

 

【アーチスト錠の主な副作用】

◆心不全の悪化

◆血圧の低下

◆動悸

◆脈が遅くなる(徐脈)

◆めまい

◆糖尿病の悪化

 

またアーチスト錠(成分名:カルベジロール)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【アーチスト錠の重大な副作用】

◆高度な徐脈 、ショック完全房室ブロック 、心不全 、心停止

症状:脈が遅くなる、血圧の低下、頻脈、冷や汗、顔面が青白くなる、脈の乱れ、体がだるい、息切れ、息苦しい、むくみなど

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆急性腎不全

症状:尿が出ない、むくみ、体がだるいなど

 

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

◆アナフィラキシー

症状:呼吸困難、痙攣、血管浮腫、蕁麻疹など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

アーチスト錠(カルベジロール)を飲み忘れたら

アーチスト錠(成分名:カルベジロール)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくてよい。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の高血圧・狭心症治療薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-狭心症治療薬, 高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.