脂質異常症治療薬 高血圧治療薬

カデュエット配合錠(アマルエット)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

カデュエット配合錠(アマルエット)の効能・効果

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は、アムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)アトルバスタチン(商品名:リピトール)が配合された高血圧・脂質異常症治療薬だ。

 

より簡単に言うと、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は「血圧やコレステロール・中性脂肪を下げる作用」を持つということである。

 

【カデュエット配合錠の効能・効果】

アムロジピン及びアトルバスタチンによる治療が適切である以下の患者に使用する。

《高血圧症又は狭心症と、高コレステロール血症又は家族性高コレステロール血症を併発している患者》

 

カデュエット配合錠(アマルエット)の作用機序

高血圧と脂質異常症は自覚症状がほとんどない病気だ。

しかし放っておくと、血管に負担がかかり、少しずつ血管が硬くなっていく。

 

これは「動脈硬化」と呼ばれ、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になりうる。

このような合併症を予防するためにも、血圧や血中の脂質を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

前述の通り、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は、アムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)アトルバスタチン(商品名:リピトール)が配合された薬だ。

そのため、2つの作用機序から血圧・コレステロールを低下させる。

 

アムロジピン(商品名:ノルバスク・アムロジン)の作用機序

アムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)は、カルシウム拮抗薬に分類される高血圧治療薬だ。

 

血圧が上がってしまう理由の1つが、「血管の収縮」だ。

血管が収縮することにより、血管内を通れる血液の量が減ってしまう。

 

そうなると、今までと同じ量の血液を送り出すには、さらに力強く血液を押し出さなければならない。

その結果、血圧が上昇してしまうのだ。

 

血管の収縮には、実は「カルシウム(Ca)」が大きな役割を果たしている。

一般的にカルシウムと聞くと、「骨や歯を作るもの」というイメージがあるが、カルシウムは血管の収縮にも、大きく関与しているのだ。

 

血管にはカルシウムチャネルと呼ばれるカルシウムの出入り口がある。

そこをカルシウムが通ると、血管が収縮するようになる。

このような機序で血管が収縮した結果、血圧が上昇してしまうのだ。

 

ここから分かることは、カルシウムが流入しないようにすれば血管が収縮しなくなるので、血圧の上昇を抑制できるということである。

 

このような作用機序により、血圧を下げる効果を示すのがアムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)をはじめとするカルシウム拮抗薬である。

 

カルシウム拮抗薬

 

つまりアムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)は、カルシウムチャネルをブロックすることにより血管の収縮を抑制し、血圧を下げるのである。

 

アトルバスタチン(商品名:リピトール)の作用機序

アトルバスタチン(商品名:リピトール)とは、HMG-CoA還元酵素阻害薬に分類される脂質異常症治療薬である。

脂質異常症とは、血中の脂質が正常な範囲を外れてしまっている状態だ。

 

脂質異常症の原因となるコレステロールは、肝臓で合成されている。

コレステロール合成の材料となる物質が「アセチル-CoA」だ。

 

次に、このアセチル-CoAを材料にし、HMG-CoAが合成される。

そしてHMG-CoAに「HMG-CoA還元酵素」が作用することにより、メバロン酸へと変換され、最終的にコレステロールが作られる。

 

【コレステロールが合成される過程】

1:肝臓にてアセチル-CoAを材料に、HMG-CoAが合成

2:HMG-CoA還元酵素により、HMG-CoAがメバロン酸に変換

3:メバロン酸からスクワレン、ラノステロールへの変換を経て、コレステロールが合成

 

 

ここから言えることはHMG-CoA還元酵素を阻害できれば、コレステロール合成を抑制できるということだ。

なぜならHMG-CoA還元酵素が働かなければ、コレステロール合成の反応が先に進まなくなるからである。

 

このような作用機序により、コレステロールを下げるのが、アトルバスタチン(商品名:リピトール)を始めとするHMG-CoA還元酵素阻害薬だ。

 

スタチン作用機序1

 

つまりアトルバスタチン(商品名:リピトール)は、HMG-CoA還元酵素を阻害し、コレステロール合成を抑制することにより、脂質異常症を改善する薬なのである。

 

スポンサーリンク

カデュエット配合錠(アマルエット)の特徴

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)には、以下のような特徴がある。

高血圧治療薬と脂質異常症治療薬の配合剤

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は高血圧治療薬と脂質異常症治療薬の配合剤で、アムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)アトルバスタチン(商品名:リピトール)が配合されている。

 

【カデュエット配合錠の有効成分】

高血圧治療薬:アムロジピン(商品名:アムロジン・ノルバスク)

脂質異常症治療薬:アトルバスタチン(商品名:リピトール)

 

従来は配合剤が販売されていなかったため、高血圧治療薬と脂質異常症治療薬を別々に服用する必要があった。

しかし服用する薬が増えると、服用方法を間違えてしまうリスクが高くなってしまう。

 

そこで飲み間違いのリスクを減らすために、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)のような、複数の成分を配合した薬を使用する。

配合剤に切り替えることにより、服用する薬の数が少なくなるため、服用ミスを減らすことができるのである。

 

1番、2番、3番、4番の違い

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は、4種類が販売されている。

それが「カデュエット配合錠1番」、「カデュエット配合錠2番」、「カデュエット配合錠3番」、「カデュエット配合錠4番」だ。

 

これらの違いは、有効成分の含有量だ。

それぞれの含有量は以下の通りで、数字が大きくなるほど含有量が多くなる。

 

【カデュエット配合錠の有効成分】

▼カデュエット配合錠1番

アムロジピン2.5mg+アトルバスタチン5mg

 

▼カデュエット配合錠2番

アムロジピン2.5mg+アトルバスタチン10mg

 

▼カデュエット配合錠3番

アムロジピン5mg+アトルバスタチン5mg

 

▼カデュエット配合錠4番

アムロジピン5mg+アトルバスタチン10mg

 

カデュエット配合錠へ切り替える条件

原則として、下記のどちらかに該当する場合に、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)への切り替えを検討する。

 

【切り替えの検討】

◆アムロジピンとアトルバスタチンを併用している場合

◆アムロジピン・アトルバスタチン、いずれか一方を使用している場合

 

カデュエット配合錠(アマルエット)の飲み方

通常、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は、以下の量を服用する。

 

【カデュエット配合錠の用法・用量】

1回の服用量:1錠

1日の服用回数:1日1回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医の指示通りに服用すること

 

スポンサーリンク

カデュエット配合錠(アマルエット)の飲み合わせ

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に服用することはできない。

 

【カデュエット配合錠の併用禁忌】

▼テラプレビル(商品名:テラビック)

理由:アトルバスタチンの血中濃度が上昇し、副作用が起こりやすくなるため

 

▼オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル(商品名:ヴィキラックス配合錠)

理由:アトルバスタチンの血中濃度が上昇し、副作用が起こりやすくなるため

 

 

またグレープフルーツジュースと一緒に服用することによって、過度に血圧が下がってしまう可能性がある。

そのためカデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)の服用中に、グレープフルーツジュースを飲むのは控えた方が良い。

 

詳しくは、以下の記事が詳しい。

>>> 薬とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけない理由

カデュエット配合錠(アマルエット)の注意点

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【カデュエット配合錠の注意点】

▼高い場所での作業、車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:血圧が下がり、めまい・ふらつきが生じる可能性があるため

 

▼体がだるい、吐き気などの症状が現れたら速やかに受診する

理由:副作用の可能性があるため

 

▼C型肝炎の薬を服用している場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

▼他の脂質異常症の薬を服用中で腎機能が低下している人は相談する

理由:原則としてカデュエット配合錠を服用できないため

 

▼妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため

 

▼授乳中の場合は相談する

理由:動物実験において、乳汁中への移行が報告されているため

 

スポンサーリンク

カデュエット配合錠(アマルエット)の禁忌

以下に該当する人は、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)を服用してはいけないことになっている。

 

【カデュエット配合錠の禁忌】

▼カデュエット配合錠の成分またはジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

▼肝代謝能が低下していると考えられる以下のような人

《急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸》

理由:副作用の発現頻度の増加や肝障害を悪化させるおそれがあるため

 

▼妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため

 

▼テラプレビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビルを投与中の人

理由:飲み合わせが悪いため

 

 

また以下に該当する人は、カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)を原則として服用できない。

治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に服用できる。

 

【カデュエット配合錠の原則禁忌】

フィブラート系薬剤を服用していて、腎機能の検査値に異常がある人

 

カデュエット配合錠(アマルエット)の副作用

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)の主な副作用としては、動悸、頭痛、めまい、ふらつき、腹痛、体がだるいなどが報告されている。

 

【カデュエット配合錠の主な副作用】

◆動悸

◆頭痛

◆めまい

◆ふらつき

◆腹痛

◆体がだるい

 

またカデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【カデュエット配合錠の重大な副作用】

▼劇症肝炎、肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

▼無顆粒球症、白血球減少、血小板減少

症状:発熱、喉の痛み、体がだるい、出血しやすい、鼻血、息切れ、青あざができやすい等

 

▼房室ブロック

症状:徐脈(脈が遅くなる)、めまい等

 

▼横紋筋融解症、ミオパチー

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

▼免疫性壊死性ミオパチー

症状:筋肉痛、イスから立ち上がる・階段を昇る・物を持ち上げることが困難になる

 

▼過敏症

症状:蕁麻疹、まぶた・唇・舌の腫れ、疲れやすい、発熱、息苦しい等

 

▼皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、多形紅斑

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

▼高血糖、糖尿病

症状:口の渇き、頻尿、体がだるい等

 

▼間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸が苦しい等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

カデュエット配合錠(アマルエット)を飲み忘れたら

カデュエット配合錠(ブランド名:アマルエット)を飲み忘れたら、思い出したときにすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の高血圧治療薬をチェックする

RELATED

-脂質異常症治療薬, 高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.