高血圧治療薬

アテディオ配合錠の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

アテディオ配合錠の効能・効果

アテディオ配合錠は、バルサルタン(商品名:ディオバン)シルニジピン(商品名:アテレック)が配合された高血圧治療薬だ。

より簡単に言うと、アテディオ配合錠は「血圧を下げる薬」ということである。

 

【アテディオ配合錠の効能・効果】

◆高血圧症

 

アテディオ配合錠の作用機序

高血圧症は、通常よりも血圧が高い状態だ。

血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、少しずつ血管が硬くなっていく。

 

これは「動脈硬化」と呼ばれ、脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などの引き金になりうる。

このような合併症を予防するためにも、血圧を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

前述の通り、アテディオ配合錠は、バルサルタン(商品名:ディオバン)シルニジピン(商品名:アテレック)が配合された薬だ。

そのため、2つの作用機序から血圧を下げる。

 

バルサルタン(商品名:ディオバン)の作用機序

バルサルタン(商品名:ディオバン)は、ARBに分類される高血圧治療薬だ。

 

血圧を上げる物質の1つに、「アンジオテンシンⅡ」がある。

このアンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用することにより、血圧が上昇してしまうのだ。

 

ここから分かることは、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に作用しないようにしてやれば、血圧の上昇を防ぐことができるということである。

このような作用機序により血圧を下げるのが、バルサルタン(商品名:ディオバン)をはじめとするアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)である。

 

ARB 作用機序

 

つまりバルサルタン(商品名:ディオバン)は、アンジオテンシンⅡがAT₁受容体に結合するのを阻害することにより、血圧を下げるのである。

 

シルニジピン(商品名:アテレック)の作用機序

シルニジピン(商品名:アテレック)は、カルシウム拮抗薬に分類される高血圧治療薬だ。

 

血圧が上がってしまう理由の1つが、「血管の収縮」だ。

血管が収縮することにより、血管内を通れる血液の量が減ってしまう。

 

そうなると、今までと同じ量の血液を送り出すには、さらに力強く血液を押し出さなければならない。

その結果、血圧が上昇してしまうのだ。

 

血管の収縮には、実は「カルシウム(Ca)」が大きな役割を果たしている。

一般的にカルシウムと聞くと、「骨や歯を作るもの」というイメージがあるが、カルシウムは血管の収縮にも、大きく関与しているのだ。

 

血管にはカルシウムチャネルと呼ばれるカルシウムの出入り口がある。

そこをカルシウムが通ると、血管が収縮するようになる。

このような機序で血管が収縮した結果、血圧が上昇してしまうのだ。

 

ここから分かることは、カルシウムが流入しないようにすれば血管が収縮しなくなるので、血圧の上昇を抑制できるということである。

 

このような作用機序により、血圧を下げる効果を示すのがシルニジピン(商品名:アテレック)をはじめとするカルシウム拮抗薬である。

 

カルシウム拮抗薬

 

つまりシルニジピン(商品名:アテレック)は、カルシウムチャネルをブロックすることにより血管の収縮を抑制し、血圧を下げるのである。

 

スポンサーリンク

アテディオ配合錠の特徴

アテディオ配合錠には、以下のような特徴がある。

ARB/Ca拮抗薬配合剤

アテディオ配合錠はARB/Ca拮抗薬の配合剤で、バルサルタン(商品名:ディオバン)シルニジピン(商品名:アテレック)が配合されている。

 

【アテディオ配合錠】

ARB:バルサルタン(商品名:ディオバン)

Ca拮抗薬:シルニジピン(商品名:アテレック)

 

高血圧症では、1つの薬だけで血圧が十分に下がらなくなると、複数の薬を服用して血圧をコントロールする。

しかし服用する薬が増えると、服用方法を間違えてしまうリスクが高くなってしまうのだ。

 

そこで飲み間違いのリスクを減らすために、アテディオ配合錠のような、複数の成分を配合した薬を使用する。

配合剤に切り替えることにより、服用する薬の数が少なくなるため、服用ミスを減らすことができるのである。

 

第一選択薬としては用いない

アテディオ配合錠は、高血圧治療の第一選択薬としては用いられない。

原則として、下記のどちらかに該当する場合に、アテディオ配合錠への切り替えを検討する。

 

【アテディオ配合錠への切り替え】

1:バルサルタン80mgおよびシルニジピン10mgを併用している場合

2:バルサルタン80mg、シルニジピン10mgいずれか一方を使用しているが、血圧コントロールが不十分な場合

 

アテディオ配合錠の飲み方

通常、アテディオ配合錠は、以下の量を服用する。

 

【アテディオ配合錠の用法・用量】

1回の服用量:1錠

1日の服用回数:1日1回朝食後

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医の指示通りに服用すること

 

スポンサーリンク

アテディオ配合錠の飲み合わせ

アテディオ配合錠には、一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【アテディオ配合錠の併用禁忌】

なし

 

ただし、グレープフルーツジュースと一緒に服用することによって、過度に血圧が下がってしまう可能性がある。

そのためアテディオ配合錠の服用中に、グレープフルーツジュースを飲むのは控えた方が良い。

 

詳しくは、以下の記事が詳しい。

>>> 薬とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけない理由

アテディオ配合錠の注意点

アテディオ配合錠を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【アテディオ配合錠の注意点】

◆高い場所での作業、車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:血圧が下がり、めまい・ふらつきが生じる可能性があるため

 

◆手術の予定がある人は相談する

理由:麻酔や手術により、過度な血圧低下を生じることがあるため

 

◆血液透析を受けている人は相談する

理由:一過性の血圧低下を生じる可能性があるため

 

◆利尿薬を服用している人は相談する

理由:一過性の血圧低下を生じる可能性があるため

 

◆減塩療法を受けている人は相談する

理由:一過性の血圧低下を生じる可能性があるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため

 

スポンサーリンク

アテディオ配合錠の禁忌

下記に該当する人は、アテディオ配合錠を服用してはいけないことになっている。

 

【アテディオ配合錠の禁忌】

◆アテディオ配合錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

理由:胎児・新生児に悪影響を及ぼす可能性があるため(胎児・新生児の奇形や死亡などが報告されている)

 

◆アリスキレンフマル酸塩を投与中の糖尿病患者

理由:非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスク増加が報告されているため

 

アテディオ配合錠の副作用

アテディオ配合錠の主な副作用としては、高尿酸血症、頭痛、めまい・ふらつきなどが報告されている。

 

【アテディオ配合錠の主な副作用】

◆高尿酸血症

◆頭痛

◆めまい・ふらつき

 

またアテディオ配合錠には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【アテディオ配合錠の重大な副作用】

◆血管浮腫

症状:まぶた・唇・舌の腫れ、息苦しい、蕁麻疹など

 

◆肝炎、肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆腎不全

症状:むくみ、尿量の減少、吐き気、頭痛、貧血、食欲不振、喉が渇くなど

 

◆高カリウム血症

症状:手足や唇のしびれ、力が入りにくいなど

 

◆ショック、失神、意識消失

症状:意識が薄れる、冷や汗、息切れ、めまい、考えがまとまらないなど

 

◆無顆粒球症、白血球減少、血小板減少

症状:発熱、喉の痛み、体がだるい、出血しやすい、鼻血、息切れ、青あざができやすい等

 

◆間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸が苦しいなど

 

◆横紋筋融解症

症状:力が入りにくい(脱力感)、筋肉痛、手足がしびれる、赤褐色の尿など

 

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

◆天疱瘡、類天疱瘡

症状:水泡(みずぶくれ)、びらん(ただれ)

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

アテディオ配合錠を飲み忘れたら

アテディオ配合錠を飲み忘れたら、思い出したときにすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の高血圧治療薬をチェックする

RELATED

-高血圧治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.