脂質異常症治療薬

メバロチン錠(プラバスタチン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

メバロチン錠(プラバスタチン)の効能・効果

メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)は、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)に分類される脂質異常症治療薬だ。

より簡単に言うと、メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)は「血液中のコレステロールを減らす薬」ということである。

 

【メバロチン錠の効能・効果】

1:高脂血症(脂質異常症)

2:家族性高コレステロール血症

 

*家族性高コレステロール血症:血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が、生まれつき正常値よりも明らかに多い病気

 

メバロチン錠(プラバスタチン)の作用機序

脂質異常症では、血中のコレステロールが、正常な範囲を超えている状態だ。

自覚症状のない病気ではあるが、脂質異常症は血管に負担をかけ、動脈硬化の原因となるため放っておくのは良くない。

 

動脈硬化は「脳梗塞」や「心筋梗塞」を引き起こすこともある。

そのため薬を服用して、血中のコレステロールを適切にコントロールしなければならない。

 

脂質異常症の原因となるコレステロールは肝臓で作られている。

コレステロールの材料となる物質が「アセチル-CoA」だ。

 

まずアセチル-CoAから、「HMG-CoA」が合成される。

そしてHMG-CoAに対して「HMG-CoA還元酵素」が作用することにより、メバロン酸へと変換され、最終的にコレステロールが作られる。

 

【コレステロールが合成される過程】

1:アセチル-CoAを材料にHMG-CoAが合成

2:HMG-CoA還元酵素によって、HMG-CoAがメバロン酸に変換

3:メバロン酸から何ステップか反応が進み、コレステロールが合成

 

コレステロールを減らす上で最も重要なのが、HMG-CoA還元酵素がHMG-CoAをメバロン酸に変換する段階である。(ステップ2)

なぜならHMG-CoA還元酵素がちゃんと働かなければ、HMG-CoAがメバロン酸へ変換されないので、コレステロール合成が進まないからだ。

 

ここから分かることは、HMG-CoA還元酵素の働きを阻害すれば、コレステロール合成を抑制できるということである。

このような作用機序により、血中のコレステロールを少なくするのが、メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)だ。

 

 

つまりメバロチン錠(成分名:プラバスタチン)は、HMG-CoA還元酵素の働きを阻害することにより、コレステロール合成を抑制するのである。

 

スポンサーリンク

メバロチン錠(プラバスタチン)の特徴

メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)には、以下のような特徴がある。

スタンダードスタチンに属する

HMG-CoA還元酵素阻害薬は、「スタンダードスタチン」と「ストロングスタチン」に分類される。

その中でもメバロチン錠(成分名:プラバスタチン)は、スタンダードスタチンに属する薬だ。

 

LDL-コレステロールを低下させる作用は、スタンダードスタチンが約15%程度、そしてストロングスタチンが約30%と言われている。(詳しい違いについては、以下の記事参照)

>>> HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)の違い・比較

 

LDL-コレステロールが高い人に使われる

メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)を始めとするHMG-CoA還元酵素阻害薬は、脂質異常症の中でも「LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が高い人」に使われる。

 

中性脂肪(トリグリセライド)が正常値より高かったり、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が少なかったりする場合も脂質異常症と診断されるが、この場合は他の薬が使われることが多い。

 

これはメバロチン錠(成分名:プラバスタチン)の「HDL-コレステロールを増やす作用」や「中性脂肪を減らす作用」が弱いためである。

 

水溶性の薬

HMG-CoA還元酵素阻害薬の多くは脂溶性に属する。

一方メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)は、水溶性のHMG-CoA還元酵素阻害薬だ。

 

水溶性であるため薬の成分が組織へ移行しにくいため、副作用や薬の相互作用が少ない

(詳しい違いについては、以下の記事参照)

>>> HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)の違い・比較

 

細粒タイプも販売されている

メバロチン(成分名:プラバスタチン)は、錠剤タイプ以外にも細粒タイプが販売されている。

そのため患者の状態やライフスタイルに合わせて、剤形を変更することが可能となっている。

 

重大な副作用に横紋筋融解症

メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)を始めとするスタチン系薬には、重大な副作用として「横紋筋融解症」がある。

 

初期症状としては「脱力感」や「身に覚えのない筋肉痛」、「手足のしびれ」、「赤みがかった尿」などが挙げられる。

これらの症状が出た場合は、速やかに主治医に相談しなければならない。

 

横紋筋融解症のより詳しい解説については、以下の記事をチェックしてほしい。

>>> 横紋筋融解症の主な症状とは?-原因や対応方法を徹底解説-

 

メバロチン錠(プラバスタチン)の飲み方

通常、メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)は、以下の量を服用する。

 

【メバロチン錠の用法・用量】

1日の服用量:10mg

1日の服用回数:1回または2回

1日の最大服用量:20mgまで

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

メバロチン錠(プラバスタチン)の飲み合わせ

メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【メバロチン錠の併用禁忌薬】

なし

 

ただし、腎機能の検査値に異常が認められる人に対して、フィブラート系薬とメバロチン錠(成分名:プラバスタチン)を併用することは推奨されておらず、治療上やむを得ない場合をのぞいて、原則的には併用できない。

 

これはメバロチン錠(成分名:プラバスタチン)とフィブラート系薬を併用することにより、「横紋筋融解症」の副作用が発現しやすくなるためである。

メバロチン錠(プラバスタチン)の注意点

メバロチン錠(成分名:プラバスタチン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【メバロチン錠を服用する際の注意点】

薬の服用中も食事療法・運度療法を並行して行う

理由:脂質異常症治療の基本であるため

>>> 脂質異常症における生活習慣・食事療法のポイント

 

◆夕食後の服用が望ましい(ただし医師の指示を優先すること)

理由:コレステロールの合成が夜間に行われるため

 

◆他の脂質異常症の薬を服用している人で腎機能が悪い場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:動物実験において胎児・出生児への悪影響が認められているため

 

◆授乳中の場合は相談する

理由:動物実験において薬の成分が乳汁中へ移行することが確認されているため

 

スポンサーリンク

メバロチン錠(プラバスタチン)の禁忌

以下に該当する人は、メバロチン(成分名:プラバスタチン)を服用してはいけないことになっている。

 

【メバロチン錠の禁忌】

◆メバロチンの成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため。

 

◆妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦

理由:動物実験において胎児・出生児への悪影響が認められおり、薬の成分が乳汁中へ移行することが確認されているため

 

メバロチン錠(プラバスタチン)の副作用

メバロチン(成分名:プラバスタチン)の主な副作用としては、発疹、胃の不快感、下痢などが報告されている。

 

【メバロチンの主な副作用】

◆発疹

◆胃の不快感

◆下痢

 

またメバロチン(成分名:プラバスタチン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【メバロチンの重大な副作用】

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆肝障害

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目・尿が黄色い、かゆみ等

 

◆血小板減少

症状:青あざができやすい、出血しやすい等

 

◆間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸が苦しい等

 

◆ミオパチー

症状:力が入りにくい、疲れやすい等

 

◆免疫介在性壊死性ミオパチー

症状:筋肉痛、筋力の低下、筋細胞の壊死など

 

◆末梢神経障害

症状:しびれ、痛み、力が入りにくい等

 

◆過敏症状

症状:蕁麻疹、まぶた・唇・舌の腫れ、疲れやすい、発熱、息苦しい等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

メバロチン錠(プラバスタチン)を飲み忘れたら

メバロチン(成分名:プラバスタチン)を飲み忘れたら、思い出した時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の脂質異常症治療薬をチェックする

RELATED

-脂質異常症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.