脂質異常症治療薬

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の効能・効果

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は、フィブラート系薬に分類される脂質異常症治療薬だ。

より簡単に言うと、ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は「血液中の中性脂肪を減らす薬」ということである。

 

【ベザトールSR錠の効能・効果】

1:高脂血症(家族性を含む)

 

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の作用機序

脂質異常症では、血中のトリグリセリド(中性脂肪)が、正常な範囲を超えている状態だ。

自覚症状のない病気ではあるが、脂質異常症は血管に負担をかけ、動脈硬化の原因となるため放っておくのは良くない。

 

動脈硬化は「脳梗塞」や「心筋梗塞」を引き起こすこともある。

そのため薬を服用して、血中のトリグリセリドを適切にコントロールしなければならない。

 

トリグリセリドを分解するのに重要な役割を果たすのが「LPL(リポ蛋白リパーゼ)」と呼ばれる酵素だ。

LPLはトリグリセリドを「遊離脂肪酸」へ分解する働きをしている。

 

トリグリセリドが遊離脂肪酸へ分解されると、細胞内へ取り込まれるようになる。

その結果、血中のトリグリセリドが減少するのだ。

 

ここから分かることは、LPLの働きを活性化すれば、トリグリセリドの遊離脂肪酸への分解が促進されるので、血中のトリグリセリドを減らせるということだ。

 

このような作用機序により、血中のトリグリセリドを減らすのが、ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)である。

 

フィブラート 作用機序1

 

つまりベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は、LPLを活性化することによって、トリグリセリドの遊離脂肪酸への分解を促進し、血中のトリグリセリドを減らすのである。

 

 

またベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は、「PPARα」と呼ばれる受容体を活性化する作用を持つ。

PPARαが活性化されると、トリグリセリドの合成が抑制されるので、血中のトリグリセリドを減らすことができる。

 

以上のようにベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は「LPL活性化によるトリグリセリドの分解促進」「肝臓におけるトリグリセリドの合成抑制」という2つの作用機序から脂質異常症を改善するのだ。

 

【ベザトールSR錠の作用機序】

1:LPLの活性化による中性脂肪(トリグリセリド)の分解促進

2:肝臓における中性脂肪(トリグリセリド)の合成抑制

 

スポンサーリンク

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の特徴

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)には、以下のような特徴がある。

トリグリセリドが高い人に使われる

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)を始めとするフィブラート系薬は、脂質異常症の中でも「トリグリセリド(中性脂肪)が高い人」や「HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が少ない人」に使われる。

 

LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が正常値より高い場合も脂質異常症と診断されるが、この場合は他の薬が使われることが多い。

 

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)の臨床試験において、LDL-コレステロールは12~21%の低下だが、トリグリセリドは30~57%低下させ、HDL-コレステロールは32~48%上昇させることが分かっている。

 

腎排泄型の薬

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は、腎臓から排泄されるタイプの薬だ。

そのため腎機能が低下している患者に使用する場合、投与量を少なくするなどの対処が必要となっている。

ただし、人工透析や腎不全など重篤な腎機能障害がある場合は使用できない。

 

徐放性剤

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は、薬の有効成分が少しずつ放出されるように設計された徐放性剤である。

 

徐放性剤にすることによって、血中における有効成分の濃度が長時間一定に保たれるので、「服用回数」や「副作用リスク」を減らすことができる。

 

少しずつ有効成分が放出されるよう設計されているため、噛み砕いて服用すると、期待する効果を得られなくなってしまうので注意が必要である。

 

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の飲み方

通常、ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)は、以下の量を服用する。

 

【ベザトールSR錠の用法・用量】

1日の服用量:400mg

1日の服用回数:2回(朝・夕食後に服用)

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の飲み合わせ

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ベザトールSR錠の併用禁忌薬】

なし

 

 

ただし、腎機能の検査値に異常が認められる人に対して、HMG-CoA還元酵素阻害薬とベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)を併用することは推奨されておらず、治療上やむを得ない場合をのぞいて、原則的には併用できない。

 

これはベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)とHMG-CoA還元酵素阻害薬を併用することにより、「横紋筋融解症」の副作用が発現しやすくなるためである。

[ad#ad-up]

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の注意点

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ベザトールSR錠を服用する際の注意点】

薬の服用中も食事療法・運度療法を並行して行う

理由:脂質異常症治療の基本であるため

>>> 脂質異常症における生活習慣・食事療法のポイント

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないため

 

◆噛み砕かずに服用する

理由:期待する薬の効果を得られなくなるため

 

◆透析を受けている人は相談する

理由:横紋筋融解症の副作用が現れやすくなるため

 

◆他の脂質異常症の薬を服用している人で腎機能が悪い場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

スポンサーリンク

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の禁忌

以下に該当する人は、ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)を服用してはいけないことになっている。

 

【ベザトールSR錠の禁忌】

人工透析の人(腹膜透析を含む)

理由:横紋筋融解症などの副作用があらわれやすくなるため

 

腎不全などの重篤な腎疾患のある人

理由:横紋筋融解症などの副作用があらわれやすくなるため

 

血清クレアチニン値が2.0mg/dL以上の人

理由:横紋筋融解症などの副作用があらわれやすくなるため

 

ベザトールSR錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

妊婦または妊娠している可能性のある婦人

理由:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないため

 

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)の副作用

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)の主な副作用としては「吐き気」、「腹痛」、「発疹」、「貧血」などが報告されている。

 

【ベザトールSR錠の主な副作用】

◆吐き気

◆腹痛

◆発疹

◆貧血

 

またベザトールSR(成分名:ベザフィブラート)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ベザトールSR錠の重大な副作用】

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆アナフィラキシー

症状:そう痒感(かゆみ)、全身発赤、血圧低下、呼吸困難など

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目・尿が黄色い、かゆみ等

 

◆皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ベザトールSR錠(ベザフィブラート)を飲み忘れたら

ベザトールSR錠(成分名:ベザフィブラート)を飲み忘れたら、思い出した時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の脂質異常症治療薬をチェックする

RELATED

-脂質異常症治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.