利尿薬

【薬剤師が解説】病院で処方される利尿薬の種類と特徴

更新日:

 

病院で処方される利尿薬には、さまざまな種類がある。

 

【主な利尿薬】

  • ループ利尿薬
  • チアジド系利尿薬
  • アルドステロン拮抗薬
  • 炭酸脱水酵素阻害薬
  • 浸透圧利尿薬
  • バソプレシン受容体遮断薬

 

そこでこの記事では、主な利尿薬の種類や特徴についてまとめてみた。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

ループ利尿薬

 

ループ利尿薬の特徴

腎臓の尿細管には、尿中の水分を血管へ取り込むヘンレループと呼ばれる部位がある。

このヘンレループから水分が血管へ吸収されることにより、浮腫(むくみ)が生じてしまう。

 

つまりヘンレループから水分が取り込まれないようにすれば、尿中に排泄される水分を増やすことができる。

その結果、体内の水分量を減らせるというわけだ。

 

このような作用機序で利尿作用を発揮するのが、ループ利尿薬である。

 

ループ利尿薬

 

ループ利尿薬の種類

ラシックス(成分名:フロセミド)の特徴

  • 短時間作用型のループ利尿薬
  • 浮腫(むくみ)だけでなく、尿路結石排出促進や高血圧に対しても使われる
  • 錠剤、粉、注射の3タイプが販売されている

 

ルプラック(成分名:トラセミド)の特徴

  • 短時間作用型のループ利尿薬
  • ループ利尿薬で起こりがちな低カリウム血症を起こしにくい
  • ラシックスに比べて利尿作用が約10~30倍、抗浮腫作用で約10倍強力

 

ダイアート(成分名:アゾゼミド)の特徴

  • 長時間作用型のループ利尿薬

 

ループ利尿薬の主な副作用

  • 血圧低下
  • 低カリウム血症(力が入らない、筋肉の痛み・けいれん)
  • 尿酸値の上昇(足指・手指の付け根の痛み)

 

 

サイアザイド系利尿薬

 

サイアザイド系利尿薬の特徴

腎臓の尿細管には、尿中の水分を血管へ取り込む遠位尿細管と呼ばれる部位がある。

この遠位尿細管から水分が血管へ吸収されることにより、浮腫(むくみ)が生じてしまう。

 

つまり遠位尿細管から水分が取り込まれないようにすれば、尿中に排泄される水分が増やることができる。

その結果、体内の水分量を減らせるというわけだ。

 

このような作用機序で利尿作用を発揮するのが、サイアザイド利尿薬である。

 

チアジド系利尿薬

 

 

サイアザイド系利尿薬の種類

フルイトラン(成分名:トリクロルメチアジド)の特徴

  • 作用は弱め
  • 1日1回の服用で24時間作用が持続する
  • 高血圧治療における第一選択薬の1つ

 

サイアザイド系利尿薬の主な副作用

  • 血圧低下
  • 低カリウム血症(力が入らない、筋肉の痛み・けいれん)
  • 尿酸値の上昇(足指・手指の付け根の痛み)

 

 

スポンサーリンク

アルドステロン拮抗薬

 

アルドステロン拮抗薬の特徴

腎臓の尿細管には、尿中の水分を血管へ取り込む遠位尿細管と呼ばれる部位がある。

この遠位尿細管から水分が血管へ吸収されることにより、浮腫(むくみ)が生じてしまう。

 

つまり遠位尿細管から水分が取り込まれないようにすれば、尿中に排泄される水分が増やることができる。

その結果、体内の水分量を減らせるというわけだ。

 

このような作用機序で利尿作用を発揮するのが、アルドステロン拮抗薬である。

 

アルドステロン拮抗薬

 

 

アルドステロン拮抗薬の種類

アルダクトンA(成分名:スピロノラクトン)の特徴

  • 効果の持続時間が長い(48〜72時間)
  • 免疫抑制薬や副腎皮質ホルモン合成阻害薬と併用できない
  • 錠剤、細粒の2タイプが販売されている

 

アルドステロン拮抗薬の主な副作用

  • 女性ホルモン様作用(乳房のしこり・痛み・はれ)
  • 高カリウム血症(手足に力が入らない、筋肉のけいれん、吐き気、下痢、食欲の低下)

 

 

炭酸脱水酵素阻害薬

 

炭酸脱水酵素阻害薬の特徴

 

炭酸脱水酵素阻害薬の種類

ダイアモックス(成分名:アセタゾラミド)の特徴

 

炭酸脱水酵素阻害薬の主な副作用

 

 

スポンサーリンク

浸透圧利尿薬

 

浸透圧利尿薬の特徴

 

浸透圧利尿薬の種類

サムスカ(成分名:トルバプタン)の特徴

 

浸透圧利尿薬の主な副作用

 

 

バソプレシン受容体拮抗薬

 

バソプレシン受容体拮抗薬の特徴

 

バソプレシン受容体拮抗薬の種類

サムスカ(成分名:トルバプタン)の特徴

 

バソプレシン受容体拮抗薬の主な副作用

 

 

スポンサーリンク

参考資料

RELATED

-利尿薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.