違い・比較

アルファロール、ワンアルファ、ロカルトロール、エディロールの違い・比較

投稿日:

骨粗鬆症では、骨密度が減少し、骨がスカスカになってしまう。

骨粗鬆症が原因となる骨折は非常に多く、特に高齢者では骨折がキッカケとなり、寝たきり状態になることもある。

そのため薬を使って、骨が脆くならないようにすることが非常に重要なのだ。

 

骨粗鬆症に使われる重要な薬の1つが、「活性型ビタミンD3製剤」である。

そこでこの記事では、以下の活性型ビタミンD3製剤の違い・比較についてまとめた。

 

【活性型ビタミンD3製剤】

ワンアルファ(成分名:アルファカルシドール)

アルファロール(成分名:アルファカルシドール)

ロカルトロール(成分名:カルシトリオール)

エディロール(成分名:エルデカルシトール)

 

スポンサーリンク

活性型ビタミンD3製剤の作用機序

骨を作るのに重要な役割を果たすのが「ビタミンD3である。

ビタミンD3は、腸管からのカルシウムの吸収を促進することによって骨形成を促す。

 

要するにビタミンD3は、骨の成分となるカルシウムが効率よく使われるのを助ける作用があるのだ。

その結果、骨がもろくなるのを防ぐことができるのである。

 

ビタミンD製剤

 

ここから分かることは、活性型ビタミンD3製剤を服用することにより、カルシウムが効率よく骨の成分になるのを促進できるということだ。

 

これを「骨形成促進作用」と呼ぶ。

このような作用機序により、骨粗鬆症を改善するのが活性型ビタミンD3製剤である。

 

作用機序の違い

前述の通り、活性型ビタミンD3製剤は、腸管からのカルシウムの吸収を促進することによって、骨の形成を促進する。

 

一方エディロール(成分名:エルデカルシトール)は、「腸管からのカルシウムの吸収促進作用」以外に、もう1つ作用がある。

それが「骨吸収抑制作用」だ。

より簡単に言うと、骨量の減少を抑制する作用である。

 

骨が作られるスピードよりも骨吸収のスピードが早いと、骨がスカスカになってしまう。

そのため骨吸収を抑制できれば、骨がスカスカになるのを防げるのだ。

 

つまりワンアルファ(成分名:アルファカルシドール)アルファロール(成分名:アルファカルシドール)ロカルトロール(成分名:カルシトリオール)は、腸管からのカルシウムの吸収促進作用により骨が脆くなるのを防ぐが、エディロール(成分名:エルデカルシトール)は、カルシウムの吸収を促進する作用と骨吸収抑制作用によって、骨が脆くなるのを防ぐ。

 

【カルシウム吸収促進作用+骨吸収抑制作用】

エディロール(成分名:エルデカルシトール)

 

【カルシウム吸収促進作用】

ワンアルファ(成分名:アルファカルシドール)

アルファロール(成分名:アルファカルシドール)

ロカルトロール(成分名:カルシトリオール)

 

スポンサーリンク

剤形の違い

活性型ビタミンD3製剤は、剤形に違いがある。

エディロール(成分名:エルデカルシトール)はカプセルタイプのみとなっているが、他の薬は複数の剤形が販売されている

 

【エディロールの剤形】

◆カプセルタイプ

 

【ワンアルファの剤形】

◆錠剤タイプ

◆液剤タイプ

 

【アルファロールの剤形】

◆カプセルタイプ

◆液剤タイプ

◆散剤タイプ(粉薬)

 

【ロカルトロールの剤形】

◆カプセルタイプ

◆注射タイプ

 

プロドラッグ化されているかの違い

活性型ビタミンD3製剤は「プロドラック化されている薬」と「プロドラッグ化されていない薬」に分類できる。

(プロドラッグについては以下の記事が詳しい)

>>> アンテドラッグとプロドラッグの違い-それぞれの作用と代表的な薬-

 

プロドラッグ化されている活性型ビタミンD3製剤には、ワンアルファ(成分名:アルファカルシドール)アルファロール(成分名:アルファカルシドール)がある。

 

これらの薬は、肝臓で代謝されることにより、薬としての作用を発揮する。

代謝される必要があるため、その分だけ薬の作用時間が少し長い。

 

【プロドラッグの活性型ビタミンD3製剤】

ワンアルファ(成分名:アルファカルシドール)

アルファロール(成分名:アルファカルシドール)

 

【プロドラッグではない活性型ビタミンD3製剤】

ロカルトロール(成分名:カルシトリオール)

エディロール(成分名:エルデカルシトール)

スポンサーリンク

妊婦・授乳婦に禁忌かの違い

活性型ビタミンD3製剤は、妊婦・授乳婦に対して使用できるかどうかに違いがある。

妊婦・授乳婦に対して禁忌となっている活性型ビタミンD3製剤は、エディロール(成分名:エルデカルシトール)だ。

 

これは動物実験において、奇形が認められているためである。

またラットによる実験では、母乳中に移行することが報告されており、出生児の腎臓の変化などが認められている。

 

【妊婦に禁忌の活性型ビタミンD3製剤】

エディロール(成分名:エルデカルシトール)

 

【妊婦に禁忌ではない活性型ビタミンD3製剤】

ワンアルファ(成分名:アルファカルシドール)

アルファロール(成分名:アルファカルシドール)

ロカルトロール(成分名:カルシトリオール)

 

骨折予防効果・骨密度増加効果の違い

同じ活性型ビタミンD3製剤でも、骨折予防効果・骨密度予防効果に違いがある。

結論から言うと、エディロール(成分名:エルデカルシトール)が最も高い。

 

またエディロール(成分名:エルデカルシトール)は椎体骨折と非椎体骨折の発症に関しても、優位に下げるとの報告がある。

 

そのほかの薬の違いについては、以下のページからどうぞ。

>>> 他の医薬品の違い・比較を見る


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-違い・比較

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.