糖尿病治療薬

シュアポスト錠(レパグリニド)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

シュアポスト錠(レパグリニド)の効能・効果

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)は、速効型インスリン分泌促進薬に分類される2型糖尿病の治療薬だ。

簡単に説明すると、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)は「血糖値を下げる薬」ということである。

 

【シュアポスト錠の効能・効果】

2型糖尿病

(ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。)

 

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

糖尿病には、大きく分けて2種類ある。

それが「1型糖尿病」と「2型糖尿病」だ。

 

日本の糖尿病患者のほとんどは、2型糖尿病に分類される。

主な原因は「アンバランスな食生活」「運動不足」などの生活習慣の乱れだ。

生活習慣の乱れにより、血糖値を下げるインスリンの分泌不足や効き目の低下を引き起こすのである。

 

2型糖尿病では、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂る「食事療法」と定期的かつ適度な運動を行う「運動療法」が行われる。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>> 糖尿病における生活習慣・食事療法のポイント

 

そして食事療法・運動療法で効果が得られなかった場合に、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)を始めとする糖尿病治療薬が使われることになる。

 

一方、1型糖尿病とは遺伝性の糖尿病だ。

1型糖尿病では、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が破壊されている。

その結果、血糖値が上昇してしまうのだ。

 

2型糖尿病とは異なり、1型糖尿病ではシュアポスト錠(成分名:レパグリニド)は使われず、インスリン注射で血糖値のコントロールを行う。

 

【糖尿病の原因】

1型糖尿病:遺伝性

2型糖尿病:生活習慣の乱れ

 

シュアポスト錠(レパグリニド)の作用機序

糖尿病は、血糖値が通常よりも高い状態だ。

血糖値が高い状態が続くと、「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」といった合併症を生じる可能性が出てくる。

そのため、合併症を予防するためにも、血糖値を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

血糖値を下げるのに重要な働きをするのが、「インスリン」と呼ばれるホルモンだ。

糖尿病の薬物治療では、このインスリンの作用を強化することが基本的なアプローチとなる。

 

食事をとり血糖値が上がると、血糖値を下げるために、膵臓のβ細胞からインスリンが分泌される。

しかし糖尿病患者では、インスリン分泌機能が低下しているため、血糖値を適切に下げることができない。

 

そこでインスリン分泌を促す目的で薬が使われる。

その薬が、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)をはじめとするスルホニル尿素薬だ。

 

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)は、β細胞に存在するスルホニル尿素受容体(以下SU受容体)に作用し、インスリン分泌を促すことによって血糖値を下げるのである。

 

速効型インスリン分泌促進薬 作用機序

 

スポンサーリンク

シュアポスト錠(レパグリニド)の特徴

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)には、以下のような特徴がある。

最も作用時間が長い

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)の作用時間は、速効型インスリン分泌薬の中で最も長い。

スターシス・ファスティック錠(成分名:ナテグリニド)グルファスト錠(成分名:ミチグリニド)の作用時間は約3時間だが、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)の作用時間は約4時間となっている。

 

食後の血糖値の上昇を抑制する

糖尿病の人は、食後のインスリン分泌が弱い傾向がある。

そこでシュアポスト錠(成分名:レパグリニド)を食直前に服用することにより、食後におけるインスリン分泌の弱さを補うのだ。

 

食直前に服用する

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)をはじめとする速効型インスリン分泌促進薬は、食後の血糖値の上昇を抑制する目的で使われる。

食後に服用しても意味がないため、食直前に服用しなければならない。

 

スルホニル尿素薬より低血糖がでにくい

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)と同じ作用機序の糖尿病薬として、アマリール錠(成分名:グリメピリド)をはじめとするスルホニル尿素薬(SU剤)がある。

 

スルホニル尿素薬(SU剤)とは異なり、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)のような速効型インスリン分泌促進薬は、「作用の発現・消失が早い」ということが特徴だ。

速効型インスリン分泌促進薬は作用の消失が早いため、SU剤に比べると低血糖が起こりにくい。

 

胆汁排泄型の薬剤

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)は、胆汁排泄型の薬である。

そのため腎機能が低下している人でも使用可能となっている。

 

シュアポスト錠(レパグリニド)の飲み方

通常、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)は、以下の量を服用する。

 

【シュアポスト錠の用法・用量】

1回の服用量:0.25~0.5mg(1回0.25mgから開始)

1日の服用回数:3回(毎食直前)

1日の最高服用量:1回1mgまで

 

*あくまでも原則なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

シュアポスト錠(レパグリニド)の飲み合わせ

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

ただし他の糖尿病治療薬と併用する場合、血糖降下作用が増強される可能性があるため、低血糖の副作用に注意が必要である。

 

【シュアポスト錠の併用禁忌薬】

なし

シュアポスト錠(レパグリニド)の注意点

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【シュアポスト錠を服用する際の注意点】

◆主治医の決めた量を食前10分以内に服用する

理由:期待する薬の効果を得られなくなるため

 

◆妊娠中または妊娠の可能性がある場合は相談する

理由:妊娠中の投与に関する安全性が確立していないため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:低血糖を引き起こす可能性があるため

 

◆低血糖の症状・対処法について理解する

理由:他の糖尿病治療薬と併用することにより、低血糖を起こすことがあるため

>>> 低血糖症の主な症状とは-原因や対処法など徹底解説-

 

◆他の糖尿病薬を服用している場合は相談する

理由:スルホニル尿素薬との併用はできないため

 

◆薬の服用中も食事療法・運度療法を並行して行う

理由:食事療法・運動療法でも不十分な場合に、シュアポスト錠が使われるため

>>> 糖尿病における生活習慣・食事療法のポイント

 

スポンサーリンク

シュアポスト錠(レパグリニド)の禁忌

以下に該当する人は、シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)を服用してはいけないことになっている。

 

【シュアポスト錠の禁忌】

◆重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病の人

理由:インスリンによる治療を行う必要があるため

 

◆重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある人

理由:インスリンによる治療を行う必要があるため

 

◆妊婦または妊娠している可能性のある婦人

理由:妊娠中の投与に関する安全性が確立していないため

 

◆シュアポスト錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

シュアポスト錠(レパグリニド)の副作用

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)の主な副作用としては「低血糖」「手足のふるえ」「めまい・ふらつき」「空腹感」などが報告されている。

>>> 糖尿病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【シュアポスト錠の主な副作用】

◆低血糖

◆手足のふるえ

◆めまい・ふらつき

◆空腹感

 

またシュアポスト錠(成分名:レパグリニド)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【シュアポスト錠の重大な副作用】

◆低血糖

症状:ふらつき、脱力感、冷や汗、手足のふるえ

 

◆肝機能障害

症状:皮膚・白目が黄色くなる、吐き気、食欲の低下、体がだるい、吐き気など

 

◆心筋梗塞

理由:胸の痛み、冷や汗、嘔吐など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

シュアポスト錠(レパグリニド)を飲み忘れたら

シュアポスト錠(成分名:レパグリニド)を飲み忘れてしまったら、忘れた分の薬は服用しなくてよい。

次の食事まで待ち、次の食事の食直前(食前10分以内)に1回分を服用する。

低血糖の危険性が高まるため、絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の糖尿病治療薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-糖尿病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.