糖尿病治療薬

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の効能・効果

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、DPP-4阻害薬に分類される2型糖尿病の治療薬だ。

簡単に説明すると、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は「血糖値を下げる薬」ということである。

 

【マリゼブ錠の効能・効果】

◆2型糖尿病

 

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

糖尿病には、大きく分けて2種類ある。

それが「1型糖尿病」と「2型糖尿病」だ。

 

日本の糖尿病患者のほとんどは、2型糖尿病に分類される。

主な原因は「アンバランスな食生活」「運動不足」などの生活習慣の乱れだ。

生活習慣の乱れにより、血糖値を下げるインスリンの分泌不足や効き目の低下を引き起こすのである。

 

2型糖尿病では、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂る「食事療法」と定期的かつ適度な運動を行う「運動療法」が行われる。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>> 糖尿病における生活習慣・食事療法のポイント

 

そして食事療法・運動療法で効果が得られなかった場合に、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)を始めとする糖尿病治療薬が使われることになる。

 

一方、1型糖尿病とは遺伝性の糖尿病だ。

1型糖尿病では、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が破壊されている。

その結果、血糖値が上昇してしまうのだ。

 

2型糖尿病とは異なり、1型糖尿病ではマリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は使われず、インスリン注射で血糖値のコントロールを行う。

 

【糖尿病の原因】

1型糖尿病:遺伝性

2型糖尿病:生活習慣の乱れ

 

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の作用機序

糖尿病は、血糖値が通常よりも高い状態だ。

血糖値が高い状態が続くと、「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」といった合併症を生じる可能性が出てくる。

そのため、合併症を予防するためにも、血糖値を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

血糖値を下げるのに重要な働きをするのが、「インスリン」と呼ばれるホルモンだ。

糖尿病の薬物治療では、このインスリンの作用を強化することが基本的なアプローチとなる。

 

インスリンの作用を強化するホルモンに「インクレチン」がある。

インクレチンは、インスリン分泌を促進させるので、血糖降下作用を増強させることが可能なのだ。

 

しかしインクレチンは、「DPP-4」と呼ばれる酵素によって分解されてしまう。

その結果、インクレチンの量が減少するので、インスリン分泌が促されず、血糖値を十分に下げることができない。

 

ここから分かることは、DPP-4の働きを抑制し、インクレチンが分解されるのを防ぐことができれば、インスリン分泌を促進できるため、血糖値を下げられるということだ。

 

このような作用機序により、血糖値を下げるのが、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)をはじめとするDPP-4阻害薬である。

 

DPP-4阻害薬 作用機序

 

つまりマリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、DPP-4を阻害し、インクレチンが分解されるのを防ぐことにより、血糖値を下げるのである。

スポンサーリンク

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の特徴

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)には、以下のような特徴がある。

週1回服用タイプのDPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬は「1日1回服用タイプ」、「1日2回服用タイプ」、「週1回服用タイプ」に分類できる。(詳しくは、以下の記事参照)

>>> DPP-4阻害薬の違い・比較

 

その中でもマリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、週1回の服用で効果が持続するDPP-4阻害薬だ。

週1回の服用で良いため、利便性が高い。

 

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、腎臓でろ過された後、その大部分が再吸収される。

その結果、体の中に薬が残りやすいため、作用が長く続く。

 

低血糖の副作用が少ない

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、インクレチンの分解を抑制する薬だ。

インクレチンは、食事を取ることによって分泌されるという特徴がある。

つまり空腹時には、インクレチンは分泌されないということだ。

 

仮に空腹時にDPP-4阻害作用が持続したとしても、インクレチンが分泌されないので、血糖値が下がらないのである。

このような理由により、DPP-4阻害薬は低血糖の副作用が起こりにくいのだ。

 

ただし、スルホニル尿素薬(SU剤)などのインスリン分泌促進薬と併用することにより、低血糖が生じることはあるので注意が必要である。

 

糖尿病薬を初めて飲む人に使いやすい

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、初めて糖尿病治療薬を服用する人に使いやすい。

なぜなら初めて糖尿病治療薬を飲む人にとって、薬を毎日服用するのは煩わしいことだからだ。

 

しかしマリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、週1回の服用で済むため、毎日服用する必要がない。

そのため毎日服用するタイプの薬に比べて、「薬を飲むこと」に対する心理的障壁が低い。

 

腎排泄型のDPP-4阻害薬

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、腎排泄型の薬剤である。

そのため、腎機能が低下している患者に対しては、投与量を調節する必要がある。

 

マリゼブ錠とザファテック錠の違い

週1回服用タイプのDPP-4阻害薬には、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)の他にザファテック(成分名:トレラグリプチン)がある。

これらの薬剤はどちらも腎排泄型の薬剤だが、腎機能低下患者に対する対応が異なる。

 

ザファテック錠(成分名:トレラグリプチン)は中等度の腎機能患者には半量投与、高度腎機能障害患者・末期腎不全患者には使用できない。

一方マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、高度腎機能障害患者・末期腎不全患者への投与は禁忌ではなく半量投与となっている。

 

要するにザファテック錠(成分名:トレラグリプチン)は重度の腎機能障害がある場合は使用できないが、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は重度の腎機能障害があっても使用可能となっている。

 

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の飲み方

通常、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)は、以下の量を服用する。

 

【マリゼブ錠の用法・用量】

1回の服用量:25mg

1日の服用回数:1週間に1回服用

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の飲み合わせ

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

ただし他の糖尿病治療薬と併用する場合、血糖降下作用が増強される可能性があるため、低血糖の副作用に注意が必要である。

 

【マリゼブ錠の併用禁忌薬】

なし

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の注意点

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【マリゼブ錠を服用する際の注意点】

◆薬の服用中も食事療法・運度療法を並行して行う

理由:食事療法・運動療法でも不十分な場合に、マリゼブ錠が使われるため

>>> 糖尿病における生活習慣・食事療法のポイント

 

低血糖の症状・対処法について理解する

理由:他の糖尿病治療薬と併用することにより、低血糖を起こすことがあるため

>>> 低血糖症の主な症状とは-原因や対処法など徹底解説-

 

スポンサーリンク

マリゼブ錠(オマリグリプチン)の禁忌

以下に該当する人は、マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)を服用してはいけない。

 

【マリゼブ錠の禁忌】

◆マリゼブ錠の成分に対して過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性がよくない可能性があるため

 

◆重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病の人

理由:輸液およびインスリンによる治療を行う必要があるため

 

◆インスリン注射による血糖管理が望まれる重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある人

理由:インスリンによる治療を行う必要があるため

 

マリゼブ(オマリグリプチン)の副作用

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)の主な副作用としては「低血糖」、「便秘」などが報告されている。

>>> 糖尿病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【マリゼブ錠の主な副作用】

◆低血糖

◆便秘

 

またマリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【マリゼブ錠の重大な副作用】

低血糖

症状:ふらつき、脱力感、冷や汗、手足のふるえ等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

マリゼブ(オマリグリプチン)を飲み忘れたら

マリゼブ錠(成分名:オマリグリプチン)を飲み忘れてしまった場合は、気づいた時にすぐ服用する。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

 

【日曜日に服用すると決まっている場合】

火曜日に飲み忘れに気づいたら、火曜日に服用する。

火曜日に服用したとしても、次回の服用日は次の日曜日で良い。

>>> 他の糖尿病治療薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-糖尿病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.