糖尿病治療薬

DPP-4阻害薬の違い・比較

更新日:

糖尿病とは血糖値が高い状態が続く病気である。

 

糖尿病の怖さは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」などの合併症を引き起こすことだ。

これらの合併症を防ぐために、薬を服用し血糖値を適切にコントロールする必要がある。

 

糖尿病治療において重要な薬の1つが、DPP-4阻害薬だ。

そこでこの記事では、DPP-4阻害薬の違いを比較した。

 

スポンサーリンク

DPP-4阻害薬とは

DPP-4阻害薬はインクレチンと呼ばれるホルモンに関係する薬である。

ではインクレチンとは、どんなホルモンなのか。

簡単に言ってしまうとインクレチンは「膵臓からのインスリン分泌を促すホルモンの総称」だ。

 

食事をとった時に、インクレチンは腸管から分泌される。

そして分泌されたインクレチンは、血糖値を下げるインスリンの分泌を促す。

このように、通常は血糖値が下がるようになっている。

 

しかしインクレチンは、DPP-4と呼ばれる物質によって分解されてしまう。

その結果、血糖値を十分に下げられないのだ。

 

そこでDPP-の働きを阻害してやれば、インスリン分泌を促進できるので血糖値を下げられることが分かる。

このような作用機序により、血糖値を下げる働きをするのがDPP-4阻害薬である。

 

 

主なDPP-4阻害薬には、以下のようなものがある。

 

【代表的なDPP-4阻害薬】

ジャヌビア、グラクティブ(成分名:シタグリプチン)

エクア(成分名:ビルダグリプチン)

ネシーナ(成分名:アログリプチン)

トラゼンタ(成分名:リナグリプチン)

テネリア(成分名:テネグリプチン)

スイニ―(成分名:アナグリプチン)

オングリザ(成分名:サキサグリプチン)

ザファテック(成分名:トレラグリプチン)

マリゼブ(成分名:オマリグリプチン)

 

用法の違い

DPP-4阻害薬は用法に違いがあり、「1日1回服用タイプ」、「1日2回服用タイプ」、「週1回服用タイプ」の3種類に分類することができる。

服用回数が少なければ、薬を服用する手間はそれだけ小さくなる。

そのため、患者の状況に合わせて薬剤を選択することが可能だ。

 

特にザファテック(成分名:トレラグリプチン)マリゼブ(成分名:オマリグリプチン)などの週1回服用タイプは、認知機能が低下しているため自分で薬の管理が出来ない患者に向いている。

週1回の服用であれば、家族などの第三者が薬を管理するのも容易だ。

 

また週1回服用タイプのDPP-4阻害薬は、あらかじめ決めた曜日に服用すれば良いので、他に服用している薬がない患者にも向いている薬剤と言える。

 

【1日1回服用】

ジャヌビア、グラクティブ(成分名:シタグリプチン)

ネシーナ(成分名:アログリプチン)

トラゼンタ(成分名:リナグリプチン)

テネリア(成分名:テネグリプチン)

オングリザ(成分名:サキサグリプチン)

 

【1日2回服用】

エクア(成分名:ビルダグリプチン)

スイニ―(成分名:アナグリプチン)

 

【週1回服用】

ザファテック(成分名:トレラグリプチン)

マリゼブ(成分名:オマリグリプチン)

スポンサーリンク

排泄経路の違い

DPP-4阻害薬は代謝・排泄経路に違いがある。

多くのDPP-4阻害薬は腎排泄型だが、トラゼンタ(成分名:リナグリプチン)はCYP3A4により代謝される胆汁排泄型、テネリア(成分名:テネグリプチン)は腎・胆汁から排泄される。

 

排泄経路が腎臓に大きく依存していないため、トラゼンタ(成分名:リナグリプチン)とテネリア(成分名:テネグリプチン)は腎機能が低下している患者にも使いやすい。

特にトラゼンタ(成分名:リナグリプチン)は腎機能に関係なく使用可能となっている。

 

【胆汁排泄型】

トラゼンタ(成分名:リナグリプチン)

 

【胆汁・腎排泄型】

テネリア(成分名:テネグリプチン)

 

【腎排泄型】

ジャヌビア、グラクティブ(成分名:シタグリプチン)

ネシーナ(成分名:アログリプチン)

オングリザ(成分名:サキサグリプチン)

エクア(成分名:ビルダグリプチン)

スイニ―(成分名:アナグリプチン)

ザファテック(成分名:トレラグリプチン)

マリゼブ(成分名:オマリグリプチン)

 

そのほかの薬の違いについては、以下のページからどうぞ。

>>> 他の医薬品の違い・比較を見る

RELATED

-糖尿病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.