糖尿病治療薬

カナグル錠(カナグリフロジン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

カナグル錠(カナグリフロジン)の効能・効果

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、SGLT2阻害薬に分類される2型糖尿病の治療薬だ。

簡単に説明すると、カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は「血糖値を下げる薬」ということである。

 

【カナグル錠の効能・効果】

◆2型糖尿病

 

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

糖尿病には、大きく分けて2種類ある。

それが「1型糖尿病」と「2型糖尿病」だ。

 

日本の糖尿病患者のほとんどは、2型糖尿病に分類される。

主な原因は「アンバランスな食生活」「運動不足」などの生活習慣の乱れだ。

生活習慣の乱れにより、血糖値を下げるインスリンの分泌不足や効き目の低下を引き起こすのである。

 

2型糖尿病では、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂る「食事療法」と定期的かつ適度な運動を行う「運動療法」が行われる。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>> 糖尿病における生活習慣・食事療法のポイント

 

そして食事療法・運動療法で効果が得られなかった場合に、カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)を始めとする糖尿病治療薬が使われることになる。

 

一方、1型糖尿病とは遺伝性の糖尿病だ。

1型糖尿病では、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が破壊されている。

その結果、血糖値が上昇してしまうのだ。

 

2型糖尿病とは異なり、1型糖尿病ではカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は使われず、インスリン注射で血糖値のコントロールを行う。

 

【糖尿病の原因】

1型糖尿病:遺伝性

2型糖尿病:生活習慣の乱れ

 

カナグル錠(カナグリフロジン)の作用機序

糖尿病は、血糖値が通常よりも高い状態だ。

血糖値が高い状態が続くと、「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」といった合併症を生じる可能性が出てくる。

そのため、合併症を予防するためにも、血糖値を適切にコントロールする必要があるのだ。

 

従来は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの作用を強化する薬が主流だった。

しかしカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)をはじめとするSGLT2阻害薬の作用点は、従来の薬とは大きく異なる。

SGLT2阻害薬の作用点は「腎臓の近位尿細管」なのだ。

 

腎臓と聞くと「尿を作る場所」というイメージがあるかもしれない。

しかし腎臓と糖には、実は大きな関わりがあるのだ。

 

血液は、腎臓で濾過(ろか)される。

この濾過(ろか)された血液が尿の元となる「原尿」だ。

 

原尿には糖分が含まれているが、通常は尿と一緒に排出されず、腎臓の近位尿細管から体の中へ再吸収される。

この再吸収に関与しているのが、SGLT2と呼ばれるタンパク質だ。

要するにSGLT2は「糖の運び屋」として機能しているのである。

 

ここから分かることは、SGLT2の働きを阻害できれば尿と一緒に糖分を排出できるので、血糖値を下げることが可能ということだ。

このような作用機序により、血糖値を下げるのが、カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)を始めとするSGLT2阻害薬だ。

 

SGLT2阻害薬

 

つまり、近位尿細管に存在するSGLT2を阻害し、尿と一緒に糖分を排出させることにより、カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は血糖値を下げるのである。

 

スポンサーリンク

カナグル錠(カナグリフロジン)の特徴

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)には、以下のような特徴がある。

SGLT2に対する選択性が低い

SGLTは、実はいくつか種類がある。

腎における糖の再吸収に関与するのが「SGLT1」と「SGLT2」だ。

その中でも、糖の再吸収の90%を担っていると考えられているのが「SGLT2」である。

 

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、他のSGLT2阻害薬に比べると、SGLT2への選択性が低い。

つまりSGLT2だけでなく、SGLT1も阻害しやすいということだ。

 

SGLT1は、小腸や心臓などに分布している。

特にSGLT1阻害作用は下痢につながると言われているが、この選択性の違いが副作用発生頻度にどれほどの影響を与えるかは明らかになっていない。

 

食事の影響をほとんど受けない

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、食事の影響をほとんど受けないと考えられている。

空腹時投与時と食後10分投与の比較では、AUCにおける差はほとんど認められていない。

*AUC:どれくらいの濃度で、どれくらいの時間、薬が効果を発揮したか示す指標

 

粉砕は推奨されていない

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)の有効成分は、光に不安定であるためフィルムコーティングをしている。

そのためカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、粉砕しての服用は推奨されていない。

 

用量調節不要のSGLT2阻害薬

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、「100mg錠」のみが販売されている。

このように用量が1つのみであるため、用量調節の必要がない。

 

朝食前または朝食後に服用

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、1日1回朝食前または朝食後に服用する薬である。

これはカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)に、尿量を増加させる作用があるためだ。

夜に服用すると夜中に何度もトイレに行きたくなってしまうため、朝に服用するよう指定されているのである。

 

低血糖が起こりにくい

これまでの糖尿病治療薬は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを放出させることにより、血糖値をコントロールするものが多かった。

しかしカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、近位尿細管に作用して糖の排出を促進することにより血糖値を下げるタイプの薬だ。

 

このようにインスリン分泌に依存しない作用機序のため、低血糖のリスクが低い。

ただし他の糖尿病治療薬と併用する場合は、低血糖のリスクがあるので注意が必要である。

 

体重減少効果を持つ

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、体重減少効果を持つ。

これは糖分を排出することにより、カロリーを減らせるためと考えられている。

 

一般的に糖尿病治療薬は体重増加が副作用として見られることが多いので、これは大きな特徴と言える。

体重減少が目に見える形で現れるので、患者が積極的に治療へ参加するキッカケになったという報告もある。

 

尿路感染症に注意

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は尿路感染症が起こる可能性があるため、注意が必要である。

これは尿と一緒に、糖を体外へ排出するためだ。

 

糖が細菌の栄養分となるので、細菌が増殖しやすくなるのである。

特に女性では尿道が短いこともあり、尿路感染症を起こしやすい。

 

血圧を降下作用を期待できる

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、血圧を下げる作用を期待できる。

なぜかというと、尿が糖と一緒に排泄され、体内の水分量が減るためである。

 

カナグル錠(カナグリフロジン)の飲み方

通常、カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、以下の量を服用する。

 

【カナグル錠の用法・用量】

1回の服用量:100mg

1日服用回数:1日1回(朝食前または朝食後に服用)

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

カナグル錠(カナグリフロジン)の飲み合わせ

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

ただし他の糖尿病治療薬と併用する場合、血糖降下作用が増強される可能性があるため、低血糖の副作用に注意が必要である。

 

【カナグル錠の併用禁忌薬】

なし

カナグル錠(カナグリフロジン)の注意点

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【カナグル錠を服用する際の注意点】

◆薬の服用中も食事療法・運度療法を並行して行う

理由:食事療法・運動療法でも不十分な場合に、カナグル錠が使われるため

>>> 糖尿病における生活習慣・食事療法のポイント

 

◆低血糖の症状・対処法について理解する

理由:他の糖尿病治療薬と併用することにより、低血糖を起こすことがあるため

>>> 低血糖症の主な症状とは-原因や対処法など徹底解説-

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:低血糖を引き起こす可能性があるため

 

◆適度な水分補給を行う

理由:脱水症状が現れることがあるため

 

◆排尿時の痛みや陰部のかゆみなどを感じたら主治医に相談すること

理由:尿路感染症の可能性があるため

 

スポンサーリンク

カナグル錠(カナグリフロジン)の禁忌

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)は、以下に該当する人は服用してはいけない。

 

【カナグル錠の禁忌】

◆カナグル錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の人

理由:輸液またはインスリンによる治療を行う必要があるため

 

◆重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある人

理由:インスリンによる治療を行う必要があるため

 

カナグル錠(カナグリフロジン)の副作用

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)の主な副作用としては「頻尿」、「低血糖」、「便秘」などが報告されている。

>>> 糖尿病治療薬の主な副作用とその対処法

 

【カナグル錠の主な副作用】

◆頻尿

◆低血糖

◆便秘

 

またカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【カナグル錠の重大な副作用】

◆低血糖

症状:ふらつき、脱力感、冷や汗、手足のふるえ等

 

◆脱水

症状:口の渇き、尿量が多い、頻尿、血圧低下など

 

◆ケトアシドーシス

症状:吐き気、嘔吐、腹痛、脱水など

 

◆腎盂腎炎、敗血症

症状:発熱、寒気、腎臓周辺の痛みなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

カナグル錠(カナグリフロジン)を飲み忘れたら

カナグル錠(成分名:カナグリフロジン)を飲み忘れた場合、忘れた分の薬は服用しなくて良い

これはカナグル錠(成分名:カナグリフロジン)の服用タイミングが「朝食前または朝食後」と決まっているためである。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の糖尿病治療薬をチェックする

RELATED

-糖尿病治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.