気管支喘息治療薬

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の効能・効果

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、長時間作用性β2刺激薬(LABA-Long Acting β2 Agonist-)に分類される気管支喘息治療薬だ。

より簡単に言うと、ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は「気管支を拡げて呼吸を楽にする薬」ということである。

 

【ホクナリンテープの効能・効果】

1:気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺気腫の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難など諸症状の緩解

 

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の作用機序

気管支喘息は、空気の通り道である気道に炎症が起こっている状態だ。

気道に炎症が起こることによって空気の通り道が細くなるため、呼吸が苦しくなる。

 

普通の人であれば気にならない程度のホコリやタバコの煙であっても、喘息患者では気道が敏感に反応してしまい、空気の通り道が狭くなってしまう。

ここから分かることは、気管支を拡張させれば空気の通り道が細くならないので、呼吸を楽にできるということだ。

 

気管支を拡張させるのに重要な役割を果たすのが「β2受容体」である。

β2受容体は刺激されることによって、気管支を拡張させる。

要するにβ2受容体を薬によって刺激してやれば気管支を拡張できるので、気管支喘息の症状を改善できるのだ。

 

このような作用機序により、気管支を拡げて呼吸を楽にさせるのがホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を始めとするβ2受容体刺激薬である。

 

【β2受容体刺激薬の作用機序】

ステップ1:β2受容体を刺激

ステップ2:気管支が拡張

ステップ3: 呼吸が楽になる

 

つまりホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、β2受容体を刺激することにより気管支を拡張させ、呼吸を楽にさせるのだ。

 

スポンサーリンク

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の特徴

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)には、以下のような特徴がある。

長時間作用型β2受容体刺激薬

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、長時間作用性β2受容体刺激薬に分類される。

効果の持続性に優れており、1日1回貼ることによって24時間効果が持続する。

 

発作予防のために使われる

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、薬を貼ってから8時間~12時間後に血中濃度が1番高くなるよう設計されてる。

そのため喘息発作が起こった時に使うのではなく、「喘息発作の予防」のために使われる。

 

発作予防のために使われる薬を、特に「長期管理薬(コントローラー)」と呼ぶ。

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は長期管理薬(コントローラー)であるため、喘息発作が起きた時に使っても効果を期待できない。

喘息発作時には長時間作用性β2受容体刺激薬ではなく、短時間作用性β2受容体刺激が使われる。

 

年齢によって使用する用量が異なる

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は「0.5mg」、「1mg」、「2mg」の3つの規格がある。

0.5mgは0.5~3歳未満の小児に、1mgは3~9歳の小児に、2mgは9歳以上の小児や成人に対して使われる。

 

【ホクナリンテープの用法・用量】

0.5mg:0.5~3歳未満の小児

1mg:3~9歳の小児

2mg:9歳以上の小児、成人

 

β2受容体選択性が高い

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、高いβ2受容体選択性を示すことが分かっている。

 

受容体選択性が低い薬の場合、β1受容体も刺激してしまう。

その結果、動悸や振戦(ふるえ)などの副作用が現れやすくなる。

 

しかしホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、β2受容体選択性が高いため、動悸や振戦(ふるえ)などの副作用が起こりにくい。

 

錠剤、粉薬タイプも販売されている

ホクナリン(成分名:ツロブテロール)は「テープタイプ」だけでなく、「錠剤タイプ」や「粉薬タイプ」も販売されている。

剤形が豊富なため、患者の状態やライフスタイルに合わせて剤形を選択できる。

 

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の使い方

通常、ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)は、以下の量を使用する。

 

【ホクナリンテープの用法・用量】

1:0.5~3歳未満の小児

1回の使用量:0.5mg

1日の使用回数:1回(胸部、背部または上腕部のいずれかに貼る)

 

2:3~9歳の小児

1回の使用量:1mg

1日の使用回数:1回(胸部、背部または上腕部のいずれかに貼る)

 

3:9歳以上の小児、成人

1回の使用量:2mg

1日の使用回数:1回(胸部、背部または上腕部のいずれかに貼る)

 

【剥がれてしまった場合の対処法

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を貼ってから12時間以上が経過していれば、薬の有効成分の74%が皮膚へ移行しているという報告がある。

そのため、就寝前に貼って起床後に剥がれたとしても、通常は貼り直す必要はないと考えられる。

 

一方ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を貼ってから、12時間以上経過せずに剥がれてしまった場合。

その場合は絆創膏などを使ってホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を再度貼り直した方が良い。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに使用すること

 

スポンサーリンク

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の飲み合わせ

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)には、一緒に使用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ホクナリンテープの併用禁忌薬】

なし

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の注意点

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を使用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ホクナリンテープを使用する際の注意点】

◆自己判断で使用量を増やしたり、使用を中止しない

理由:症状を悪化させるおそれがあるため

 

スポンサーリンク

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の禁忌

以下に該当する人は、ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を使用してはいけないことになっている。

 

【ホクナリンテープの禁忌】

◆ホクナリンテープの成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

ホクナリンテープ(ツロブテロール)の副作用

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)の主な副作用としては、「振戦(ふるえ)」、「心悸亢進(動悸)」、「そう痒症・適用部位そう痒感(貼った箇所のかゆみ)」、「接触性皮膚炎(かぶれ)」などが報告されている。

 

【ホクナリンテープの主な副作用】

◆振戦(ふるえ)

◆心悸亢進(動悸)

◆そう痒症・適用部位そう痒感(貼った箇所のかゆみ)

◆接触性皮膚炎(かぶれ)

 

またホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ホクナリンテープの重大な副作用】

◆アナフィラキシー

症状:呼吸困難、全身潮紅(赤くなる)、血管浮腫、蕁麻疹など

 

◆重篤な血清カリウム値の低下

症状:力が入りにくい、筋肉痛、便秘、血圧の上昇など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ホクナリンテープ(ツロブテロール)を使い忘れたら

ホクナリンテープ(成分名:ツロブテロール)を貼り替えるのを忘れたら、気づいた時点で貼り替えて良い。

以降は決められた時間に貼り替えるようにする。

絶対に2回分を1度に貼ってはいけない。

>>> 他の気管支喘息治療薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-気管支喘息治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.