抗てんかん薬

トピナ錠(トピラマート)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

トピナ錠(トピラマート)の効能・効果

トピナ錠(成分名:トピラマート)は、既存の薬とは異なる新しい作用機序の抗てんかん薬だ。

簡単に説明すると、トピナ錠(成分名:トピラマート)は「脳神経の過剰な興奮を抑え、けいれんや意識消失を抑える薬」ということである。

 

【トピナ錠の効能・効果】

1.他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法

 

トピナ錠(トピラマート)の作用機序

てんかんとは、脳の病気の一種だ。

てんかんでは、脳の神経が過剰に興奮することにより「けいれん」「意識の消失」といった症状が引き起こされる。

 

脳神経の興奮には、3種類のイオンが関与している。

それが「Naイオン」、「Caイオン」、「Clイオン」だ。

 

NaイオンとCaイオンは興奮性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞を興奮させる。

一方Clイオンは抑制性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞の興奮を抑制する。

 

【イオンの特徴】

NaイオンとCaイオン→神経細胞を興奮

Clイオン→神経細胞の興奮を抑制

 

ここから分かることは、神経細胞を興奮させるNaイオンやCaイオンの流入を抑制し、神経の興奮を抑制するClイオンの流入を促進させれば、脳神経が興奮しなくなるので、てんかんの症状を改善できるということだ。

 

イオンの流入に大きな役割を果たしているのが「チャネル」である。

例えばNaチャネルは、簡単に言ってしまうとNaイオンの通り道だ。

要するにNaイオンは、Naチャネルを通して細胞内へ流入している。

 

そのため興奮性イオンであるNaイオンやCaイオンのチャネルの働きを阻害してしまえば、興奮性イオンが細胞内へ流入しなくなるので、てんかん発作の誘発を抑制できる。

このようにトピナ錠(成分名:トピラマート)は、興奮性のイオンの流入を抑制することによって抗てんかん作用を発揮する。

 

またトピナ錠(成分名:トピラマート)は、Clチャネルの働きを強めることにより、興奮を抑制するClイオンの流入を促進する作用をもつ。

その結果、脳神経が興奮しなくなるので、てんかん発作を抑えることができるのだ。

 

このような複数の作用機序により、抗てんかん作用を示すのがトピナ錠(成分名:トピラマート)である。

つまりトピナ錠(成分名:トピラマート)は、興奮性イオンの働きを弱め、抑制性イオンの働きを強めることにより、神経の過剰な興奮を抑え、抗てんかん作用を示すのである。

 

【トピナ錠の作用機序】

1:興奮性イオンの働きを弱める

2:抑制性イオンの働きを強める

 

スポンサーリンク

トピナ錠(トピラマート)の特徴

トピナ錠(成分名:トピラマート)には、以下のような特徴がある。

部分発作に対して使われる

てんかんは、脳の神経のどこが興奮しているかによって、2つに分類できる。

それが「全般発作」と「部分発作」だ。

その中でもトピナ錠(成分名:トピラマート)は、部分発作に対して使われる。

 

てんかん発作の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 【てんかん】「部分発作」と「全般発作」の違いとは?

 

AMPA/カイニン酸型グルタミン酸受容体機能抑制作用をもつ

神経を興奮させる物質の1つに「グルタミン酸」がある。

このグルタミン酸がAMPA受容体やカイニン酸受容体に結合すると脳神経が興奮するので、てんかん発作が引き起こされてしまう。

 

トピナ錠(成分名:トピラマート)はイオンチャネルの阻害作用に加え、AMPA/カイニン酸型グルタミン酸受容体の機能を抑制することにより、脳神経の過剰な興奮を防ぐ。

 

炭酸脱水酵素阻害作用をもつ

トピナ錠(成分名:トピラマート)は、「炭酸脱水酵素」と呼ばれる酵素の働きを阻害する作用を持つ。

 

詳細な機序は明らかとなっていないが、けいれん発作には炭酸脱水酵素の働きが関与していると言われている。

そのためトピナ錠(成分名:トピラマート)の炭酸脱水酵素阻害作用によって、抗てんかん作用を期待できる。

 

汗が出にくくなる

トピナ錠(成分名:トピラマート)を服用することにより、汗が出にくくなるとの報告がある。

汗が出にくくなると体温調節を適切に行えないため、高温の環境をできる限り避けなければならない。

 

食欲減退の副作用がある

トピナ錠(成分名:トピラマート)の有名な副作用の1つに「食欲減退」がある。

そのためトピナ錠(成分名:トピラマート)の服用中は、定期的に体重を測り体重減少が見られないかチェックする必要がある。

 

細粒タイプも販売されている

トピナ(成分名:トピラマート)は錠剤タイプだけでなく、細粒タイプも販売されている。

一部の小児や高齢者など錠剤を飲みにくいてんかん患者でも服用しやすい。

 

トピナ錠(トピラマート)の飲み方

通常、トピナ錠(成分名:トピラマート)は、以下の量を服用する。

 

【トピナ錠の用法・用量】

成人は1回量50mgを1日1回または1日2回の服用から開始する。

その後は、1週間以上の間隔をあけて徐々に増量する。

 

標準的な1日の服用量は200~400mgで、1日2回に分けて服用する。

なお、症状により適宜増減するが、1日の最高服用量は600mgまでとなっている。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

トピナ錠(トピラマート)の飲み合わせ

トピナ錠(成分名:トピラマート)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【トピナ錠の併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

トピナ錠(トピラマート)の注意点

トピナ錠(成分名:トピラマート)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【トピナ錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力、集中力の低下が起こる可能性があるため

 

◆体重が減少し始めたら相談する

理由:トピナ錠の服用による体重減少が報告されているため

 

◆眼の痛み、視力の低下、頭痛が現れたら相談する

理由:副作用の可能性があるため

 

◆高温の環境を避ける

理由:トピナ錠を服用すると汗が出にくくなるため

 

◆セイヨウオトギリソウを含む食品は控える

理由:薬の作用が弱まる可能性があるため

 

スポンサーリンク

トピナ錠(トピラマート)の禁忌

以下に該当する人は、トピナ錠(成分名:トピラマート)を服用してはいけない。

 

【トピナ錠の禁忌】

トピナ錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

トピナ錠(トピラマート)の副作用

トピナ錠(成分名:トピラマート)の主な副作用としては「ウトウトする」、「体重減少」、「フワフワする感覚のめまい」、「食欲がなくなる」、「大食症候群」、「汗が出にくくなる」などが報告されている。

 

【トピナ錠の主な副作用】

◆ウトウトする

◆体重減少

◆フワフワする感覚のめまい

◆食欲がなくなる

◆大食症候群(一気に食べた後、食べたものを吐く)

◆汗が出にくくなる

 

またトピナ錠(成分名:トピラマート)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【トピナ錠の重大な副作用】

◆続発性閉塞隅角緑内障およびそれに伴う急性近視

症状:視力の急激な低下、眼の痛み、頭痛など

 

◆腎・尿路結石

症状:排尿するときの痛み、血尿、頻尿、残尿感、尿量の減少など

 

◆代謝性アシドーシス

症状:呼吸が深く速くなる、不整脈、昏睡、疲労、食欲不振など

 

乏汗症およびそれに伴う高熱

症状:汗が出にくい、体温の上昇など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

トピナ錠(トピラマート)を飲み忘れたら

トピナ錠(成分名:トピラマート)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗てんかん薬をチェックする

RELATED

-抗てんかん薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.